加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、ジャズの名盤について個人的感想を気まぐれに投稿。

「Art Blakey – A Night At Birdland Vol.1&2 (Blue Note)」ハードバップ誕生前夜の夜

1954年02月21日、ニューヨークのジャズスポット「バードランド(Birdland)」で開催された、ブルーノート(Blue Note Records)ウィークの最終日を実況録音したものが、この「A Night At Birdland Vol. 1&2 (Blue Note 1521/1522)」。

 

「Art Blakey – A Night At Birdland Vol.1&2 (Blue Note)」ハードバップ誕生前夜の夜

ピー・ウィー・マーケット(Pee Wee Marquette)の有名なるアナウンスから始まるこのライブ盤。最初、5000番台の10インチレコード3枚で発売されたものを、1500番台の12インチレコード2枚に再編集したものです。

CD時代になると1枚に各2曲ずつ追加した「完全版」として発売されました。

 

表題に「ハードバップ誕生前夜の夜」と書きましたが。

 

これはアート・ブレイキーホレス・シルヴァーHorace Silver)が、マイルス・デイヴィスMiles Davis)から提示された新たなリズム・コンセプトを、自分たちなりに消化した上で、このステージで試してみた・・・という話からです。

 

 

ブルーノートの真実(小川隆夫著)」によると、アート・ブレイキーの証言では、「彼(ホレス)の左手とわたし(ブレイキー)のリズムをリンクさせた上で、二人が細かいビートを付け加える」というものだそうです。

 


www.youtube.com

 

さてフロント陣に目を向けると「トランペット・センセーション」とアナウンスされているクリフォード・ブラウンClifford Brown)と、当時はパーカー派の一人としてブルーノートが積極的に録音していたルー・ドナルドソンLou Donaldson)の素晴らしい演奏を聴くことが出来ます。

 

特にアップテンポでもバラッドでも歌心満載の演奏を聴かせてくれる天才トランぺッター、クリフォード・ブラウン(愛称はブラウニー)の演奏は圧巻の一言です。

 

「Art Blakey – A Night At Birdland Vol.1&2 (Blue Note)」ハードバップ誕生前夜の夜

A Night At Birdland Vol. 1 +2 (BLP1521)
Blue Note BLP 1521 

side 1 (A)
01. Pee Wee Marquette's intro  0:58
02. Split Kick tk.09 (Horace Silver)  8:44
03. Once In A While tk.05 (B.Green-M.Edwards)  5:18
04. Quicksilver tk.18 (Horace Silver)  6:58

side 2 (B)
05. A Night In Tunisia tk.12 (D.Gillespie-F.Paparelli)  9:20
06. Mayreh tk.06 (Horace Silver)  6:18

CD Bonus Tracks
07. Wee-Dot [alternate take] tk.01 (J.J.Johnson-L.Parker)  6:53
08. Blues tk.15 (improvisation)  8:37

 

バードランドの夜 VOL.1

バードランドの夜 VOL.1

Amazon

 

 

「Art Blakey – A Night At Birdland Vol.1&2 (Blue Note)」ハードバップ誕生前夜の夜

A Night At Birdland Vol. 2 +2 (BLP1522)
Blue Note BLP 1522

side 1 (A)
01. Wee-Dot tk.17 (J.J.Johnson-L.Parker)  7:16
02. If I Had You tk.08 (Shapio-Campbell-Comely)  3:30
03. Quicksilver [alternate master] tk.13 (Horace Silver)  8:45

side 2 (B)
04. Now's The Time tk.02 (Charlie Parker)  9:00
05. Confirmation tk.04 (Charlie Parker)  9:10

CD Bonus Tracks
06. The Way You Look Tonight tk.16 (J.Kern-D.Fields)  10:14
07. Lou's Blues tk.10 (Lou Donaldson)  4:00

Lullaby Of Birdland (finale)

Clifford Brown (tp) Lou Donaldson (as) Horace Silver (p) 
Curly Russell (b) Art Blakey (ds) Pee Wee Marquette (announcer)
February 21, 1954 at Birdland, NYC.

 

バードランドの夜 Vol.2

バードランドの夜 Vol.2

Amazon

 

 

ルフレッド・ライオン(Alfred Lion)の回想によると、リーダーをアート・ブレイキー(Art Blakey)としたレコード会社のプロモーションがらみで命名された「ブルーノート・オールスターズ」名義でのステージだった模様。

 

録音エンジニアのルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder)が、当時発売された
ばかりの小型テープレコーダーを会場に持ち込んでの録音。

以前から「ライブ会場での演奏を、そのまま録音出来たら良いのに・・・」と思い続けていたアルフレッド・ライオン長年の夢がかなった録音でもありました。


メンバー作曲したオリジナル曲(有名スタンダードのコード進行を拝借したもの多し)に混ざって、「A Night In Tunisia」などのビバップ時代の名曲が演奏されております。

その理由は、ステージ裏でチャーリー・パーカーCharlie Parker)が演奏を聴いていたために、彼に敬意を込めて演奏された・・・という事らしいです。

 

※10インチ盤の写真は「Discogs」からお借りしました。

「Art Blakey – A Night At Birdland Vol.1&2 (Blue Note)」ハードバップ誕生前夜の夜

◆Art Blakey Quintet – A Night At Birdland Vol. 1 (1954)
Blue Note BLP 5037 

side 1 (A)
01. Split Kick tk.09 (Horace Silver)  8:44

side 2 (B)
02. Once In A While tk.05 (B.Green-M.Edwards)  5:18
03. Quicksilver tk.18 (Horace Silver)  6:58

 

「Art Blakey – A Night At Birdland Vol.1&2 (Blue Note)」ハードバップ誕生前夜の夜

◆Art Blakey Quintet – A Night At Birdland Vol. 2 (1954)
Blue Note BLP 5038 

side 1 (A)
01. Wee-Dot tk.17 (J.J.Johnson-L.Parker)  7:16
02. Mayreh tk.06 (Horace Silver)  6:18

side 2 (B)
03. A Night In Tunisia tk.12 (D.Gillespie-F.Paparelli)  9:20

 

「Art Blakey – A Night At Birdland Vol.1&2 (Blue Note)」ハードバップ誕生前夜の夜

◆Art Blakey Quintet – A Night At Birdland Vol. 3 (1954)
Blue Note BLP 5039 

side 1 (A)
01. Now's The Time tk.02 (Charlie Parker)  9:00
02. If I Had You tk.08 (Shapio-Campbell-Comely)  3:30

side 2 (B)
03. Confirmation tk.04 (Charlie Parker)  9:10


Clifford Brown (tp) Lou Donaldson (as) Horace Silver (p) 
Curly Russell (b) Art Blakey (ds) Pee Wee Marquette (announcer)
February 21, 1954 at Birdland, NYC.

 

A Night at Birdland, Vol.1

A Night at Birdland, Vol.1

Amazon
Night at Birdland 2

Night at Birdland 2

Amazon

あまりに素晴らしい演奏だったので、アートとホレスはフロント2人にバンドを結成しないか?と持ち掛けたらしいですが、二人ともすでにライブの予定が入っており、断った模様。

 

A Night at Birdland

A Night at Birdland

Amazon

 

で、ブラウニーはこのライブの後すぐ、マックス・ローチMax Roach)との双頭バンドを結成します。