加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Dexter Gordon - Go! (Blue Note) 1962」奔放で豪快なるテナーマンの代表作

タイトルは勿論、「Gordon」と「Go」をかけたんでしょうね。

 

ブルーノートのアルバムデザインを担当するリード・マイルス(Reid Miles)の、センスがひときわ光るジャケットでもあります。

 

「Dexter Gordon - Go! (Blue Note) 1962」奔放で豪快なるテナーマンの代表作

このアルバムでは、ブルーノートのハウス・リズムセクションをバックに、デクスター・ゴードンの奔放で豪快なるテナーを堪能出来きます。

 

ビバップ時代から活躍するミュージシャンが、ブルーノートに録音する事により、ハードバップ~ファンキー~ソウルという時流に乗った演奏を残したというのも、アルフレッド・ライオン(Alfred Lion)のプロデューサーとしてのアンテナが冴えていたからなんでしょう。

 

 

It Might As Well Be Spring [12 inch Analog]

It Might As Well Be Spring [12 inch Analog]

Amazon

同様なビバップ時代からの生き残り、アイク・ケベック(Ike Quebec)は、オルガントリオをバックに録音しておりましたが、デクスター・ゴードンがオルガン・トリオをバックに演奏したら、結構面白かったかもしれません。

 


www.youtube.com

 

さて、このアルバムでは、何と言っても1曲目「Cheese Cake」が素晴らしいですね。

 

Dexter Gordon - Go! (RVG)
Blue Note BST-84112 / 東芝EMI TOCJ-9077 [1999.01.27]

side 1 (A)
01. Cheese Cake (Dexter Gordon) 6:30
02. I Guess I'll Hang My Tears Out To Dry (Styne/Cahn) 5:20
03. Second Balcony Jump (Eckstine/Valentine) 7:04

side 2 (B)
04. Love For Sale (Cole Porter) 7:35
05. Where Are You ? (Adamson/McHugh) 5:18
06. Three O'Clock In The Morning (Robledo/Terriss) 5:41


Dexter Gordon (ts) Sonny Clark (p) Butch Warren (b) Billy Higgins (ds)
August 27, 1962 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

 

Go

Go

Amazon

 

ビバップ時代から大スターだったデクスター・ゴードン

 

麻薬の影響で一時引退を経て復帰後を果たしたものの、他の会社が躊躇してる時期に、あえて録音に着手したのがブルーノート(Blue Note Records)でした。

 

この辺りは、麻薬で苦しむマイルス・ディヴィス(Miles Davis)に、手を差し伸べたエピソードと被る部分でもあります・・・。


大らかな演奏を繰り広げるデクスター・ゴードンですが。マイルス・デイヴィスと同様、父親が医師という中流階級家庭の生まれだったようです。

 

お金持ちのお坊ちゃんだったんで、がつがつしない鷹揚な演奏なんだなあー、と。

 

私の知り合いのミュージシャンで、お金持ちのお坊ちゃんだった奴の例と照らし合わせて考えると、思いっきり納得してしまいます。

 

ミュージシャンは「育った環境」で演奏手法が大きく変わるものです(笑)。

 


バド・パウエルBud Powell)をモデルにして創作された1986年の映画『ラウンド・ミッドナイト』。この映画でデクスター・ゴードンは主役を務め、アカデミー主演男優賞にノミネートされたそうです。

 

 


ブルーノートでの録音が短期間に集中しているのは当時、拠点を西海岸に構えていたからなんでしょうかねえ?その辺りは、調べきれてません。


1961年は5月に立て続けに2枚録音

 

05月06日「Dexter Gordon - Doin' Allright (Blue Note BST-84077)」

 

05月09日「Dexter Gordon - Dexter Calling... (Blue Note BST-84083)」

Dexter Calling by Dexter Gordon

Dexter Calling by Dexter Gordon

Amazon

 

 

1962年は公式に発売されたものは3枚。

 

05月28日「Herbie Hancock - Takin' Off (Blue Note BST-84109)」

Takin Off

Takin Off

Amazon

 

 

08月27日「Dexter Gordon - Go! (Blue Note BST-84112)」

GO!/180G VINYL [12 inch Analog]

GO!/180G VINYL [12 inch Analog]

Amazon

 


08月29日「Dexter Gordon - A Swingin' Affair (Blue Note BST-84133)」

Swingin Affair

Swingin Affair

Amazon

 

 

1963年、渡欧してパリで録音。

 

05月23日「Dexter Gordon - Our Man In Paris (Blue Note BST-84146)」

 

奔放で豪快なる、俗に「デクスターのり」とも表現される、もたって演奏してるようで、ぎりぎりな処でリズムに乗ってるという神業(笑)は、晩年の演奏でも堪能出来ます。