加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Wayne Shorter - Speak No Evil (Blue Note BST-84194) 1964」新主流派の傑作アルバム

「悪しき事は言わざる(Speak No Evil)」は、ウェイン・ショーターWayne Shorter)の、そして「新主流派 (New Mainstream)」と呼ばれたミュージシャンが残した代表作です。

ちなみに「See No Evil, Hear No Evil, Speak No Evil」で、日本でもお馴染みのことわざ
「見ざる、聞かざる、言わざる」という意味になるそうです。

 

「Wayne Shorter - Speak No Evil (Blue Note BST-84194) 1964」新主流派の傑作アルバム

 

1964年前半までアート・ブレイキー(Art Blakey)率いるジャズ・メッセンジャーズ音楽監督を務めていたウェイン・ショーターWayne Shorter)。

バンドではモード奏法を取り入れた曲を演奏し、トロンボーンを加えた3管編成で重厚なるアンサンブルを聴かせていたようです。


マイルス・デイビスMiles Davis)からの執拗なる勧誘があった為、1964年の秋頃に(半ば強引に)引き抜かれてマイルスのバンドに移籍・・・マイルスとのヨーロッパツアーの後、クリスマス・イブに録音されたのが「Speak No Evil (Blue Note BST-84194) 」という訳です。

 

日本の表現だと夕暮時、昼と夜が交差する「逢魔時(おうまがとき)」にピッタリなアルバムであり、魑魅魍魎が闊歩する時間帯を描いているのが「Speak No Evil」だと思ったりします。

なお「逢魔時(おうまがとき)」については、鳥山石燕の『今昔画図続百鬼』に描かれた「逢魔時」を参照下さいませ・・・。

 


www.youtube.com


1曲目「魔女狩り(Witch Hunt)」はファンファーレの如き、ど派手なイントロから始まり、テーマ部の盛り上げ方も凄まじい1曲。猛然と煽るエルヴィン・ジョーンズElvin Jones)、ハービー・ハンコックHerbie Hancock)を相手にショーターは悠然と摩訶不思議なソロを展開。続くフレディ・ハバードFreddie Hubbard)は、逃げ惑う魔女の叫びでも表現しているような強烈なブローを聴かせます。

 

2曲目の「Fee-Fi-Fo-Fum」は、「ジャックと豆の木」など西洋民話の中で、巨人が近くに人間の気配を感じ取った時に言う「決めセリフ」のようです。ハービー・ハンコックの耽美なイントロから始まり、巨人がのっしのっしと闊歩する様子を表すかのようなテーマが演奏されます。先発のフレディはパワー全開、続くオーバー・ブロウ気味のウェイン・・・。

 

3曲目の「死体の踊り(Dance Cadaverous)」は、3拍子で沈鬱気味に展開する曲。ハービーの耽美なソロがとっても映えます。

 

 


www.youtube.com


4曲目の表題曲「悪しき事は言わざる(Speak No Evil)」は、マイナー調ながら軽快にスイングする1曲。テーマ途中(Bパート?)におけるド派手なアンサンブルは、ジャズ・メッセンジャーズを彷彿とさせます。


5曲目「幼子の眼差し(Infant Eyes)」は、ハバード抜きのカルテットによる耽美なバラッドです。ショーターが創り出した独特な雰囲気をハンコックがよりダークに染め上げます。

 

 


www.youtube.com


6曲目「野草(Wild Flower)」は、6/4 拍子のマイナー調ミディアム・ナンバー。

ジョン・コルトレーンのカルテットでも、3拍子で猛烈にスイングしていたエルヴィン・ジョーンスのドラムが聴き所。

 

Wayne Shorter - Speak No Evil +1 (RVG)
Blue Note BST-84194 / 7243 4 99001 2 7 [1999]

side 1 (A)
01. Witch Hunt (Wayne Shorter)  8:11
02. Fee-Fi-Fo-Fum (Wayne Shorter)  5:54
03. Dance Cadaverous (Wayne Shorter)  6:45

side 2 (B)
04. Speak No Evil (Wayne Shorter)  8:23
05. Infant Eyes (Wayne Shorter)  6:54
06. Wild Flower (Wayne Shorter)  6:06

CD Bonus Track
07. Dance Cadaverous (alternate take) (Wayne Shorter)  6:35


Freddie Hubbard (tp #1-4,6,7) Wayne Shorter (ts) Herbie Hancock (p) 
Ron Carter (b) Elvin Jones (ds) 

December 24, 1964 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

 

Speak No Evil

Speak No Evil

Amazon

 

 

ウェイン・ショーターWayne Shorter)が、1964年後半から残した録音をざっと紹介。


1964年08月03日「Wayne Shorter - Juju (Blue Note BST-84182)」

JuJu

JuJu

  • Blue Note Records
Amazon

 

1964年09月25日「Miles In Berlin (CBS (G) SBPG-62976)」

 

1964年12月24日「Wayne Shorter - Speak No Evil (Blue Note BST-84194)」

※今回紹介したアルバム

 

1965年01月20-22日「Miles Davis - E.S.P. (Columbia CS-9150)」

E.S.P.

E.S.P.

  • Columbia/Legacy
Amazon

 

以降のマイルス・デイビス・バンドでの活躍については、機会を改めて・・・。