加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Grant Green - Idle Moments (Blue Note) 1963」タイトル曲のため、他の曲を再録音

ブルーノート(Blue Note Records)に残したアルバムにより、日本でも絶大なる人気を誇るギタリスト、グラント・グリーンGrant Green)。

 

1963年11月に録音された「Idle Moments (Blue Note BST-84154)」は、グラント・グリーンの洗練されたブルース・フィーリングを心ゆくまで楽しめるアルバムです。

 

「Grant Green - Idle Moments (Blue Note) 1963」タイトル曲のため、他の曲を再録音


知的で洗練された演奏が特徴的なピアノのデューク・ピアソンDuke Pearson)を中心に、ヴィヴラフォンのボビー・ハッチャーソン(Bobby Hutcherson)、テナー・サックスのジョー・ヘンダーソンJoe Henderson)、ベースのボブ・クランショウ(Bob Cranshaw)、ドラムスのアルハレウッド(Al Harewood)といったブルーノート(Blue Note Records)お抱えの精鋭達が繰り広げる素晴らしい演奏を1曲目から堪能する事が出来ます。

 

新主流派の若手ホープとして他のアルバムで、かなりアグレッシブな演奏を聴かせてるジョー・ヘンダーソンとボビー・ハッチャーソンが、このアルバムではブルージーで控えめな演奏に終始しているのが珍しいというか面白い処だったりします。

 

 

さて15分弱に及ぶ、デューク・ピアソンDuke Pearson)が作曲したタイトル曲「Idle Moments」。

この曲をアルバムのメインに据えるため、他の曲を後日、短縮版で再録音するという、嬉しい「誤算」が発生した事が、ブルーノートの録音記録と、CDで追加された「別テイク」を確認する事で明確になってきます。

 


www.youtube.com


限界間際までスロー・テンポで演奏されるリズムに乗り繰り広げられる、無駄を殺ぎ落とされたソロの応酬・・・凄い、の一言です。


録音記録は、下記の通り。

Grant Green Sextet [November 4, 1963]

 take 11 Jean De Fleur -alternate take- (Grant Green) 8:05
 take 14 Idle Moments (Duke Pearson) 14:52

 take 28 Nomad (Duke Pearson) 12:13
 take 32 Django -alternate take- (John Lewis) 13:12


Grant Green Sextet [November 15, 1963]

 take 36 Django (John Lewis) 8:40
 take 39 Jean De Fleur (Grant Green) 6:46


11月04日に録音した「Django」を11月15日の再録音時には長さを2/3にし、もう1曲の「Jean De Fleur」は、やや短縮版で再録音してますね。

それ程までにアルフレッド・ライオンは、「Idle Moments」の出来に満足したのでしょう。

録音スタジオで小躍りする、アルフレッド・ライオンの様子が目に浮かびます(笑)。

 

 

グラント・グリーンGrant Green)作曲の2曲目「Jean De Fleur」では、アップテンポのリズムに乗り、グラント・グリーンの良く歌うギター・ソロが堪能出来ます。

 


www.youtube.com

 


MJQの名演で御馴染み、ジョン・ルイス(John Lewis)作曲の3曲目「Django」では、グラント・グリーンのレイジーなソロを楽しめます。


オリジナル・アルバムのラストを飾る4曲目「Nomad」は、デューク・ピアソンDuke Pearson)が作曲したマイナー調のアップ・テンポ・ナンバーです。

 


www.youtube.com

 

そういえばこれ、デューク・ピアソンのオリジナル曲「Jeannine」に何となく似てますね。

 

コンプリート ハーフノート Vol.1+2

コンプリート ハーフノート Vol.1+2

Amazon

 

興味のある方は、ピアソン自身も参加した「Donald Byrd - At The Half Note Cafe Vol.1(Blue Note BST-84060)」を聴いてみて下さい。

 

ギタリスト、グラント・グリーンGrant Green)のリーダーアルバムではありますが、多分、音楽監督的な立ち位置で参加し、ライナー・ノートの執筆まで引き受けているデューク・ピアソンDuke Pearson)の、知的でブルージーな雰囲気を生かしたアルバム「Idle Moments (Blue Note BST-84154)」、一度お聴き下さいませ。

 

 

「Grant Green - Idle Moments (Blue Note) 1963」タイトル曲のため、他の曲を再録音

※色違いのジャケットは「Discogs」からお借りしました。

 

Grant Green - Idle Moments +2 (RVG)
Blue Note BST-84154 / Blue Note 7243 4 99003 2 5 [1999]

side 1 (A)
01. Idle Moments (Duke Pearson)  14:56
02. Jean De Fleur (Grant Green)  6:49

side 2 (B)
03. Django (John Lewis)  8:44
04. Nomad (Duke Pearson)  12:16

 

Bonus Tracks
05. Jean De Fleur (alternate version) (Grant Green)  8:09
06. Django (alternate version) (John Lewis)  13:14


#01,04,05,06 November 4, 1963 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Joe Henderson (ts) Bobby Hutcherson (vib) Duke Pearson (p) 
Grant Green (g) Bob Cranshaw (b) Al Harewood (ds) 


#02,03 November 15, 1963 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Joe Henderson (ts) Bobby Hutcherson (vib) Duke Pearson (p) 
Grant Green (g) Bob Cranshaw (b) Al Harewood (ds) 

 

Idle Moments

Idle Moments

Amazon

 

 

 

 

ページ・ワン

ページ・ワン

Amazon
ハプニングス

ハプニングス

Amazon