加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、ジャズの名盤について個人的感想を気まぐれに投稿。

「Jackie McLean - McLean's Scene (New Jazz) 1957」ビル・ハードマンの好演光るアルバム

ジャッキー・マクリーンJackie McLean)のアルバム「McLean's Scene (New Jazz NJLP-8212)」は、1956年12月14日と1957年02月15日に録音された2回のセッションから拾遺されております。

 

「Jackie McLean - McLean's Scene (New Jazz) 1957」ビル・ハードマンの好演光るアルバム

 

1957年02月15日のセッションはこのアルバムの他「Makin' The Changes (New Jazz NJLP-8231)」、「A Long Drink Of The Blues (New Jazz NJLP-8253)」、「Strange Blues (Prestige PRST-7500)」と計4枚のアルバムに分散収録されております。

 

マイルスの有名なマラソン・セッションのようなものだったんでしょうかねえ。

 

 

1、3、4曲目は1956年12月14日、ヴァン・ゲルダー・スタジオで録音されました。

 

演奏メンバーはアルトサックスのジャッキー・マクリーンJackie McLean)の他、トランペットのビル・ハードマン(Bill Hardman)、  ピアノのレッド・ガーランドRed Garland)、ベースのポール・チェンバースPaul Chambers)、 ドラムスはアート・テイラー(Arthur Taylor)です。

 

1曲目「風と共に去りぬGone With The Wind)」は、ミディアム・テンポで演奏される曲。

 


www.youtube.com

 

レッド・ガーランドの心地よいイントロに導かれて始まるテーマの後、トランペットのビル・ハードマンによるクリフォード・ブラウンを彷彿とされる熱いソロが繰り広げられます。

 

ソロ2番手、ピアノのレッド・ガーランドの軽快なソロに続き3番手、ジャッキー・マクリーンのアク強めのソロが登場。


これでテーマに戻るかと思いきや、最後にポール・チェンバースの弓引きソロが登場します。

 


3曲目「Mean To Me」は、ゆったりとしたテンポで演奏される曲。

 

レッド・ガーランドのイントロに導かれた後、ポール・チェンバースがテーマを奏で、続いてジャッキー・マクリーンとビル・ハードマンが出て来るというという意表を突いた構成。

ジャッキー・マクリーンレッド・ガーランドアート・テイラーソロが続いた後、ビル・ハードマン登場。ミュート・トランペットでツボを心得たソロを聴かせてくれます。

後テーマに戻る前のフロント陣と、ドラムスのアート・テイラーとの4小節ソロ交換もいいですね。

 

4曲目「McLean's Scene」は、アルバムタイトルとなっているジャッキー・マクリーンJackie McLean)の自作曲。

 


www.youtube.com

 

レッド・ガーランドが長めのソロを弾いた後、ジャッキー・マクリーンとビル・ハードマンの4小節ソロ交換がしばし続き、その後、ビル・ハードマンの魅力的なソロが始まります。

ジャッキー・マクリーンは、リード・ミスしつつも情熱的なソロを披露。

アート・テイラーアート・テイラーと全員に満遍なくソロを回した後、再びフロント2人の4小節ソロ交換が始まりますが、これが後テーマの代わりなんでしょう。

 

最後の4小節ソロ交換の途中でビル・ハードマンが、日本では「真っ赤なお鼻の~」の歌詞でお馴染みな「赤鼻のトナカイ(Rudolph the Red-Nosed Reindeer)」を4小節丸々吹いてますが、他の曲の引用で著作権記載が不要だったのは、4小節までだったのかな(笑)。

 

 

2、5、6曲目は1957年02月15日も、ヴァン・ゲルダー・スタジオで録音されました。

 

アルトサックスのジャッキー・マクリーンJackie McLean)の他、ピアノのマル・ウォルドロンMal Waldron)、 ベースのアーサー・ヒップス(Arthur Phipps)、ドラムスは変わらずアート・テイラー(Arthur Taylor)です。

 

 

2曲目「Our Love Is Here To Stay」は、ワン・ホーンの軽快な演奏ですね。

ジャッキー・マクリーンマル・ウォルドロン、再びジャッキー・マクリーンと聴きごたえあるソロが続きます。


5曲目「Old Folks」は、哀愁漂うバラッド演奏。

ジャッキー・マクリーンは特徴あるソロ・フレーズを混ぜつつ、しみじみとしたソロ
を聴かせてくれます。


6曲目「Outburst」は、超アップテンポで演奏されるジャッキー・マクリーンJackie McLean)の自作曲。

 


www.youtube.com

 

「Outburst」を日本語訳すると「(感情の)爆発、噴出」となるそうですが、タイトル通り激情に身をゆだねたかの如き、ジャッキー・マクリーンの熱いソロが延々続きます。

 

Jackie McLean - McLean's Scene
New Jazz NJLP-8212 / Victor Entertainment VICJ-41548 [2006.06.21]

side 1 (A)
01. Gone With The Wind (Allie Wrubel, Herbert Magidson)  7:27
02. Our Love Is Here To Stay (George & Ira Gershwin)  4:17
03. Mean To Me (Fred Ahlert, Roy Turk)  8:46

side 2 (B)
04. McLean's Scene (Jackie McLean)  10:19
05. Old Folks (Dedette Hill, Willard Robison)  4:53
06. Outburst (Jackie McLean)  4:38


#01,03,04  December 14, 1956 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
Bill Hardman (tp) Jackie McLean (as) Red Garland (p) Paul Chambers (b) 
Arthur Taylor (ds) 

#02,05,06  February 15, 1957 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
Jackie McLean (as) Mal Waldron (p) Arthur Phipps (b) Arthur Taylor (ds)

 

 

最後に1957年02月15日のセッションで、他の3枚のアルバムに収録された曲を列記しておきます。

Jackie McLean Quartet
Jackie McLean (as) Mal Waldron (p) Arthur Phipps (b) Arthur Taylor (ds) 
February 15, 1957 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

 

Jackie McLean - Makin' The Changes (New Jazz NJLP-8231)
「I Hear A Rhapsody」、「I Never Knew」、「Bean And The Boys」

 

Jackie McLean - A Long Drink Of The Blues (New Jazz NJLP-8253)
「Embraceable You」、「These Foolish Things」、「I Cover The Waterfront」

Long Drink of the Blues

Long Drink of the Blues

Amazon

 

Jackie McLean - Strange Blues (Prestige PRST-7500)
「What's New」、「Strange Blues」

ストレンジ・ブルース

ストレンジ・ブルース

Amazon