加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Miles Davis - Miles In The Sky (Columbia) 1968」エレクトリック・サウンドへの転換模索

1967年06~07月にかけ録音された「Nefertiti (Columbia CS-9594)」は、60年代黄金クインテットが作り出すアコーステック・サウンドの頂点というか到達点に至ったアルバムであります。

 

往々にしてある分野の頂点を極めしてしまうと、次にどの方向へ行くべきかという試行錯誤が始まる訳ですが、その変革時期を記録したアルバムが1968年に録音されたアルバム「Miles In The Sky (Columbia CS-9628)」です。

 

「Miles Davis - Miles In The Sky (Columbia) 1968」エレクトリック・サウンドへの転換模索


マイルス・デイヴィスMiles Davis)の他、テナー・サックスのウェイン・ショーターWayne Shorter)、アコーステック・ピアノのハービー・ハンコックHerbie Hancock)、アコーステック・ベースのロン・カーターRon Carter)、ドラムスのトニー・ウィリアムスTony Williams)という60年代黄金クインテットのメンバーが参加しておりますが、曲によりギターを加えたり、電子楽器への持ち替えを指示する事で、新たなサウンドへも模索を開始しております。

 

具体的にはまず2曲目、「Paraphernalia」でギターのジョージ・ベンソンGeorge Benson)が加わり、1曲目「Stuff」では、マイルスの(半ば強引な)指示によりロン・カーターがエレクトリック・ベース、ハービー・ハンコックエレクトリック・ピアノを弾いております。

 

まあ、この(メンバーの意思を半ば無視した形で進められた)「サウンド改革」が、メンバーの離反を促進し、その後のメンバー追加及び交代劇に繋がる訳でございすけどね・・・。

 

「Miles Davis - Miles In The Sky (Columbia) 1968」エレクトリック・サウンドへの転換模索

 

ジャケット裏の写真を見る限り、衣装も徐々に「ロック寄り」にしている事が伺えます。座っているオブジェは虎ですかねえ・・・。

 

なお、1968年はロックの世界では「サイケデリック・ムーヴメント」なる動きが広まり、それに反発する動きととして「ルーツ・ミュージック(ブルース、カントリー、ソウル、ジャズ)」へと回帰したバンドが登場した時期に当たるそうです。

 

ジャズの世界から逆に、ロックに接近し出したマイルスは、まさに絶妙なタイミングでロックの世界に進出したという訳でございます。

 

 

さて、アルバム「Miles In The Sky (Columbia CS-9628)」に話を戻します。

17分にも及ぶ1曲目の「Stuff」は久しぶりな、マイルス・デイヴィスMiles Davis)の自作。マイルスは、「エレクトリック・サウンドへの転換」をメンバーに明確に示すべく、「こんな曲とサウンドが欲しい」という事で、久々に自作曲を持ち出して来たのだと思われます。

 


www.youtube.com

 

このアルバムでは「Nefertiti (Columbia CS-9594)」までお馴染みだった重厚なサウンドは影を潜め、軽快なロック・ビートに乗った、かなり聴き易い演奏が繰り広げされております。

 

6分にも及ぶ単純なフレーズを反復するテーマ部(らしい)演奏の後、マイルスのソロが始まりますが、これがエレクトリック・ピアノとエレクトリック・ベースが作り出す適度な音の「間」を生かした感じが流石というか・・・。

 

続くウェイン・ショーターのテナー・サックス・ソロも、「Nefertiti (Columbia CS-9594)」までとはまったく別の響きに聴こえてくるのが面白いですよね。

 

スタジオに来て、「(今日は)エレクトリック・ピアノを弾け」と言われ面食らったらしいハービーですが、流石、理系出身だけあってソロではアコーステック・ピアノでは弾かない新鮮なフレーズが次々と飛び出します。

 


13分弱の2曲目「Paraphernalia」は、 ウェイン・ショーターWayne Shorter)の作品。

 


www.youtube.com

 

トニー・ウィリアムスが繰り出す軽快なシャッフル・ビートに、ジョージ・ベンソンGeorge Benson)のギターが絡み、マイルスとウェインがテーマを吹き出しますが、ピアノとベースがアコーステックであるためか、「Nefertiti (Columbia CS-9594)」の名残が感じられる若干重めの雰囲気が漂います。

 

トニーにハイハット中心でビートを刻ませる中、マイルス、ウェイン、ジョージ・ベンソン、ハービーと軽快なソロが続きます。

 


7分半の3曲目「Black Comedy」は、トニー・ウィリアムスTony Williams)の作品。

アコーステック・クインテットによる演奏なので、「Nefertiti (Columbia CS-9594)」の延長線上にある、耽美的で熱気帯びた演奏が展開されます。

 

 

約14分の4曲目「Country Son」も、マイルス・デイヴィスMiles Davis)の自作。

 


www.youtube.com

 

冒頭からいきなり、マイルスのミュート・トランペットによるブローで始まりますが、リズム隊がロック寄りのビートを刻んでいるせいか、比較的クールな演奏に聴こえます。

 


この1968年に録音された「Miles In The Sky (Columbia CS-9628)」は、マイルスがロック方面の聴衆を意識し「試行錯誤」をやり始めたアルバムでありますので、まだジャズの香りが濃厚だったりする訳ですが。

 

改めてじっくり聴き直すと、マイルスが録音した「試行錯誤」の過程を示される事で、もしかするとこういう方向もアリだったかもと思える演奏も含まれており、方向性選択の「分岐点」ならではの面白さが垣間見えたりします。

 

勿論、アルバム「Miles In The Sky (Columbia CS-9628)」以外に沢山の未発表音源が存在
した訳ですが、それらは後年「Miles Davis - Circle In The Round (Columbia KC2-36278)」や、「Miles Davis - Directions (Columbia KC2-36472)」という拾遺集として発売される事となります。

 

Miles Davis - Miles In The Sky
Columbia CS-9628 / Sony Records SRCS-9305 [1997.06.21]

side 1 (A)
01. Stuff (Miles Davis)  17:03
02. Paraphernalia (Wayne Shorter)  12:42

side 2 (B)
03. Black Comedy (Tony Williams)  7:32
04. Country Son (Miles Davis)  13:53


#02 January 16, 1968 at Columbia Studio B, NYC.

Miles Davis (tp) Wayne Shorter (ts) Herbie Hancock (p) George Benson (g) Ron Carter (b) 
Tony Williams (ds) 


#04 May 15, 1968 at Columbia Studio B, NYC.
#03 May 16, 1968 at Columbia Studio B, NYC.

Miles Davis (tp) Wayne Shorter (ts) Herbie Hancock (p) Ron Carter (b) 
Tony Williams (ds) 


#01 May 17, 1968 at Columbia Studio B, NYC.

Miles Davis (tp) Wayne Shorter (ts) Herbie Hancock (el-p) Ron Carter (el-b) 
Tony Williams (ds) 

 

Miles In The Sky

Miles In The Sky

Amazon

 

ロック・ファンもリスナーに取り込むべくエレクトリック・サウンドへ転換したマイルスですが。

ここで、私自身よく頭に入っていない(笑)、1968年から体調不良で一時引退する1975年までの主要アルバムを列記しておきます。

 

<1968>
January 16, 1968 at Columbia Studio B, NYC.

Miles Davis - Miles In The Sky (Columbia CS-9628)
Miles Davis - Circle In The Round (Columbia KC2-36278)

 

May 15, 1968 at Columbia Studio B, NYC.
May 16, 1968 at Columbia Studio B, NYC.
May 17, 1968 at Columbia Studio B, NYC.

Miles Davis - Miles In The Sky (Columbia CS-9628)

Miles in the Sky (Reis)

Miles in the Sky (Reis)

Amazon

 


June 19, 1968 at Columbia 30th Street Studios, NYC.
June 20, 1968 at Columbia 30th Street Studios, NYC.
June 21, 1968 at Columbia Studio B, NYC.
September 24, 1968 at Columbia Studios, NYC.

Miles Davis - Filles De Kilimanjaro (Columbia CS-9750)

Filles De Kilimanjaro

Filles De Kilimanjaro

Amazon

 


<1969>
February 18, 1969 at Columbia Studio B, NYC.

Miles Davis - In A Silent Way (Columbia CS-9875)

 


August 19, 1969 at Columbia Studio B, NYC.
August 20, 1969 at Columbia Studio B, NYC.
August 21, 1969 at Columbia Studio B, NYC.

Miles Davis - Bitches Brew (Columbia GP-26)

BITCHES BREW

BITCHES BREW

Amazon
Bitches Brew: 40th Anniversary

Bitches Brew: 40th Anniversary

Amazon

 


<1970>
February 6, 1970 at Columbia Studio B, NYC.
June 3, 1970 at Columbia Studio B, NYC.
June 4, 1970 at Columbia Studio B, NYC.
December 19, 1970 at The Cellar Door, Washington, DC.

Miles Davis - Live/Evil (Columbia G-30954)

Live-evil

Live-evil

Amazon

 


February 18, 1970 at Columbia Studio B, NYC.
April 7, 1970 at Columbia Studios, NYC.

Miles Davis - Jack Johnson (Columbia S-30455)

A TRIBUTE TO JACK JOHNSON

A TRIBUTE TO JACK JOHNSON

Amazon

 


April 10, 1970 at Fillmore West, San Francisco, CA.

Miles Davis At Fillmore West - Black Beauty (CBS/Sony SOPJ-39/40)

 


May 19, 1970 at Columbia Studios, NYC.

Miles Davis - Get Up With It (Columbia KG-33236)

 


June 17, 1970 at Fillmore East, NYC.
June 18, 1970 at Fillmore East, NYC.
June 19, 1970 at Fillmore East, NYC.
June 20, 1970 at Fillmore East, NYC.

Miles Davis At Fillmore (Columbia G-30038)

 


<1971>

<1972>
March 9, 1972 at Columbia Studio E, NYC.
September 6, 1972 at Columbia Studio E, NYC.
December 8, 1972 at Columbia Studio E, NYC.

Miles Davis - Get Up With It (Columbia KG-33236)


June 1, 1972 at Columbia Studios, NYC.
June 6, 1972 at Columbia Studios, NYC.
July 7, 1972 at Columbia Studios, NYC.

Miles Davis - On The Corner (Columbia KC-31906)

 


September 29, 1972 at Philharmonic Hall, Lincoln Center, NYC.

Miles Davis In Concert (Columbia KG-32092)


<1973>

July 26, 1973 at Columbia Studios, NYC.

Miles Davis - Isle Of Wight (Columbia 450472.1)


September 17, 1973 at Columbia Studio E, NYC.

Miles Davis - Get Up With It (Columbia KG-33236)


<1974>

March 30, 1974 at Carnegie Hall, NYC.

Miles Davis - Dark Magus (CBS/Sony 28AP-2165/66)


June 19 or 20, 1974 at Columbia Studio E, NYC.
October 7, 1974 at Columbia Studio E, NYC.

Miles Davis - Get Up With It (Columbia KG-33236)


<1975>

February 1, 1975 at Festival Hall, Osaka, Japan.

Miles Davis - Agharta (CBS/Sony 28AP-2167/68)

 

Miles Davis - Pangaea (CBS/Sony 28AP-2169/70)

 

なお、「エレクトリック・マイルス」と呼ばれるアルバム群で、私が最初に聴いたのは「Miles Davis - Agharta (CBS/Sony 28AP-2167/68)」で、今でも一番好き(笑)。