加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、ジャズの名盤について個人的感想を気まぐれに投稿。

Mt.Fuji Jazz Festival '90 (August 25) Part 1【NHK-FM】

2022年12月は師走という事で、1986年から1995年まで山梨県の山中湖畔で行われた「Mt.Fuji Jazz Festival with Blue Note」という野外ジャズフェスティバルの様子を「NHK-FM」がデジタルPCM録音で収録し、オンエアされたものの詳細をご紹介しております。


「Mt.Fuji Jazz Festival '90」分の放送も8月分が会場からの生放送、12月分が収録したライブを抜粋しての放送でした。

 

という事で今回は「Mt.Fuji Jazz Festival '90 (August 25) Part 1【NHK-FM】」でオンエアされたものとなります。

 

最初のステージは、「George Adams Quartet」。

 

ドン・ピューレン(Don Pullen)との双頭バンドから独立したジョージ・アダムス(George Adams)が自身のカルテットで登場。

アルバム「George Adams – America (Somethin' Else TOCJ-5517)」に収録された曲の中から演奏した「Old Folks At Home (Swanee River)」、「Tennessee Waltz」、「Have You Thanked America」の3曲がオンエアされました。

 

America

America

Amazon

 


2番目のステージは「Tania Maria」。

 

タニア・マリア(Tania Maria)は、出身地のブラジル音楽とジャズ、ボサノヴァなど多様な音楽をミックスしたパワフルで陽気な音楽スタイルを確立した女性アーティストです。

 

1986年の「Tania Maria – The Lady From Brazil (Manhattan Records ST-53045)」に収録されたタイトル曲「The Lady From Brazil」が、1990年の「Tania Maria – Bela Vista (World Pacific Records CDP 7 93871 2)」に収録されたから「210 West」のライブ・バージョンがオンエアされました。

 

Bela Vista

Bela Vista

Amazon

 

 

3番目のステージは「John Scofield Group」。

 

ギター界のカリスマ、ジョン・スコフィールドJohn Scofield)は、テナーサックスのジョー・ロバーノ(Joe Lovano)を擁するグループで演奏。

 

当日のステージで演奏された7曲中、4曲がオンエアされました。

 

 

4番目のステージは「Introducing Rachelle Ferrell」。

 

驚異的なハイトーンを持ち味とする女性シンガー、ラッシェル・フェレル(Rachelle Ferrell)は、エディー・グリーン(Eddie Green)のピアノ・トリオをバックに「My Funny Valentine」、「Bye Bye Blackbird」などのスタンダードを独自の解釈で聴かせてくれました。

 

ラシェル・フェレル・デビュー!

ラシェル・フェレル・デビュー!

Amazon

 

 


5番目のステージは「Jam Session #2」、現地からの生放送でオンエアされました。

 

まずは、ピアノのエリス・マルサリス(Eliane Elias)、ベースのレジナルド・ヴィール(Regionald Veal)、ドラムスのクレレンス・ペン(Clerence Penn)というピアノ・トリオによる「What Is This Thing Called Love」、「Jitterbug Waltz」を演奏。

 

その後、トランペットのジェレミー・ダベンポート(Jaremy Davenport)、テナー・サックスのトニー・ダグラディ(Tony Dagradi)、アルトサックスのウェス・アンダーソン(Wess Anderson)、ヴォーカルのラッシェル・フェレル(Rachelle Ferrell)、トランペットのウイントン・マルサリス(Wynton Marsalis)、ピアノのエディ・グリーン(Eddie Green)ら若手と大物が入り混じる、如何にもジャム・セッションらしい展開でステージは進んでいき、残念ながら放送は一旦終了。

 

深夜の時間帯に1時間枠で、他のステージがオンエアされております。

 

 

Mt.Fuji Jazz Festival '90 (August 25) Part 1【NHK-FM】

 

Mt.Fuji Jazz Festival '90 (August 25) Part 1

NHK-FM August 25, 1990(sat) 19:15 - 22:00

 

●George Adams Quartet 
August 24,1990 (Fri) 2nd Set/1st Day

01. Various Artists - Radio Opening (Take Out To The Ball Game)  2:10
02. Various Artists - Radio MC01  1:02
03. George Adams - Old Folks At Home (Swanee River)  6:00
04. George Adams - Tennessee Waltz  6:45
05. Various Artists - Radio MC02  1:04
06. Various Artists - Have You Thanked America  7:58
07. Various Artists - Radio MC03  0:20

 

●Tania Maria 
August 24,1990 (Fri) 3rd Set/1st Day

08. Various Artists - Radio MC04  0:42
09. Tania Maria - Live Introduction  0:17
10. Tania Maria - 210 West  10:14
11. Tania Maria - Introducing Member  0:23
12. Tania Maria - The Lady From Brazil  9:33
13. Various Artists - Radio MC05  0:48

 

John Scofield Group 
August 25,1990 (Sat) 2nd Set/2nd Day

14. Various Artists - Radio MC06  1:45
15. John Scofield - So Sue Me  6:59
16. John Scofield - Let`s Say We Did  6:48
17. John Scofield - Introducing Member  0:35
18. Various Artists - Radio MC07  0:54
19. John Scofield - Stranger To The Light  7:52
20. John Scofield - Since You Asked  5:20
21. Various Artists - Radio MC08  0:22

 

●Introducing Rachelle Ferrell 
August 25,1990 (Sat) 5th Set/2nd Day

22. Various Artists - Radio MC09  3:28
23. Rachelle Ferrell - My Funny Valentine  7:46
24. Rachelle Ferrell - Introducing Member  0:45
25. Rachelle Ferrell - Extention  6:31
26. Rachelle Ferrell - Bye Bye Blackbird  5:58
27. Various Artists - Radio MC10  0:20

 

●Jam Session #2 
August 25,1990 (Sat) Jazz Night

28. Various Artists - Radio MC11  0:20
29. Jam Session #2 - Introducing Jam Session #2  1:24

30. Jam Session #2 - What Is This Thing Called Love▲  7:31
31. Jam Session #2 - Jitterbug Waltz▲  9:33
32. Jam Session #2 - Jam Session #2 MC01  0:21
33. Jam Session #2 - Autumn Leaves▲  13:16
34. Jam Session #2 - Jam Session #2 MC02  0:19
35. Jam Session #2 - Take The Coltrane▲  16:20
36. Jam Session #2 - Jam Session #2 MC03  1:27
37. Jam Session #2 - Going To Chicago Blues [fade out]▲  9:29



●George Adams Quartet August 24,1990 (Fri) 2nd Set/1st Day
George Adams(ts,vo) Ray Gallon(p) Santi Debliana(b) Lewis Nash(ds)

 

●Tania Maria August 24,1990 (Fri) 3rd Set/1st Day
Jay Ashby(tb) Jim Crouse(ts,ss) Tania Maria(vo,key) 
Kip Reed(b) Kim Plainfield(ds) Steve Thornton(per) 
 
John Scofield Group August 25,1990 (Sat) 2nd Set/2nd Day
Joe Lovano(ts) John Scofield(g) Anthony Cox(b) John Reily(ds)
 
●Introducing Rachelle Ferrell August 25,1990 (Sat) 5th Set/2nd Day
Rachelle Ferrell(vo) Eddie Green(p) Tyrone Brown(b) Doug Nally(ds)

 

●Jam Session #2 August 25,1990 (Sat) Night Jam/2nd Day
Eliane Elias(p) Regionald Veal(b) Clerence Penn(ds) 
Jaremy Davenport(tp) Tony Dagradi(ts) Wess Anderson(as) 
Rachelle Ferrell(vo) Wynton Marsalis(tp) Eddie Green(p)