加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、ジャズの名盤について個人的感想を気まぐれに投稿。

「Sonny Red - Out Of The Blue (Blue Note) 1959」可憐で軽快なるスイング

ミシガン州デトロイト出身のアルトサックス奏者、ソニー・レッドSonny Red)のブルーノート(Blue Note Records)初リーダー・アルバムが、今回ご紹介する「Out Of The Blue (Blue Note BLP-4032)」です。

 

「Sonny Red - Out Of The Blue (Blue Note) 1959」可憐で軽快なるスイング

演奏される多くの楽曲に記載されるシルヴェスター・カイナー(Sylvester Kyner)なる名前は、ソニー・レッドSonny Red)の本名なんだとの事。

 

この時期のソニー・レッドSonny Red)の演奏スタイルは、アート・ペッパーArt Pepper)系統の可憐で軽快にスイングするスタイルだった様ですが、1966年に録音された「Donald Byrd - Mustang! (Blue Note BLP-4238)」では、かなり強烈でアクの強い演奏スタイルに変貌しております(笑)。

 

私は「Donald Byrd - Mustang! (Blue Note BLP-4238)」の方を先に愛聴していたので、「Out Of The Blue (Blue Note BLP-4032)」の聴きやすいイメージにビックリしたという裏話もあったりします。

 

 

また、アルバム「Out Of The Blue (Blue Note BLP-4032)」からは主にジュークボックス向けであろうシングル盤として「Sonny Red - Stay As Sweet As You Are / Bluesville (Blue Note 45-1761)」、「Sonny Red - Alone Too Long / Blues In The Pocket (Blue Note 45-1762)」が発売されております。


このアルバムの為に1959年12月05日と1960年01月23日の録音が実施され、いずれの録音にもピアノのウィントン・ケリーWynton Kelly)が参加。

 

ファンキーかつ軽快なスイングで、ソニー・レッドSonny Red)の演奏に華を添えております。

 

 

1~6曲目は1959年12月05日の録音で、ベースはサム・ジョーンズSam Jones)、
ドラムスはロイ・ブルックス(Roy Brooks)。

 

何処かで聴いた事ある感じだなあ・・・と思ったら、このメンバー編成、1960年08月に録音された「Blue Mitchell – Blue's Moods (Riverside Records RLP-9336)」のリズム隊そのままですね。

 


1曲目「Bluesville」は、シルヴェスター・カイナー(Sylvester Kyner)ことソニー・レッドSonny Red)の自作曲。

 


www.youtube.com

 

軽快かつファンキー、ややハネ気味に明るくスイングするブルースで、ソニー・レッドSonny Red)、ウィントン・ケリーWynton Kelly)、サム・ジョーンズSam Jones)と、軽快なるソロが続きます。


2曲目「Stay As Sweet As You Are」は、ゆったり気味な美しいバラッド。

ソニー・レッドSonny Red)の可憐で美しい音色にしばし、うっとりしてしまいますが、ソロ最初に登場するウィントン・ケリーWynton Kelly)の球を転がすような軽快なソロも聴き処です。


3曲目「I've Never Been In Love Before」は、アップテンポ・ナンバー。ウィントン・ケリーWynton Kelly)のバッキングに刺激を受けつつ、ソニー・レッドSonny Red)が軽快にスイングしております。


4曲目「Nadia」は、明るくファンキー風味なソニー・レッドSonny Red)自作のブルース。


5曲目「Blues In The Pocket」は、ミディアム・テンポで演奏されるやや泥臭い感じなソニー・レッドSonny Red)自作のブルース。


6曲目「Alone Too Long」は、軽快かつ可憐にスイングする1曲です。

 

 

7、8曲目、そしてボーナス・トラックとして追加収録された9~13曲目は、1960年01月23日の録音でベースはポール・チェンバースPaul Chambers)、ドラムスはジミー・コブ(Jimmy Cobb)・・・という事は、こちらは当時のマイルス・デイヴィスMiles Davis)バンドのリズム隊そのもの(笑)。

 

気心しれた鉄壁のリズム隊とも言えますね・・・。

 


7曲目「The Lope」は、ソニー・レッドSonny Red)自作のブルース。

 

8曲目「Stairway To The Stars」は、美しいバラッドですね。

 


www.youtube.com

 


9~13曲目は、1996年に発売された米「Blue Note Connoisseur Series」の1枚として発売されたCD(CDP 7243 8 52440 2 5)に収録されたボーナス・トラックとなります。

 

9曲目「Crystal」は、超アップテンポで演奏されるソニー・レッドSonny Red)の自作曲。

 


www.youtube.com

 

10曲目「Lost April」は、軽快にスイングする1曲。

 

11曲目「You're Sensational」も、軽快にスイングする1曲。

 

12曲目「Blues For Kokee」は、ソニー・レッドSonny Red)自作のブルース。

 

13曲目「You're Driving Me Crazy」は、超アップテンポで演奏される曲となっております。

 

という訳で、ソニー・レッドSonny Red)のブルーノート(Blue Note Records)初リーダー・アルバム「Out Of The Blue (Blue Note BLP-4032)」は日本盤CDも出ておりますが、収録曲が多いという点で、1996年発売の米「Blue Note Connoisseur Series」をお勧めしておきます。

 

日本盤CDなら、1999年に発売された「RVG」リマスター(東芝EMI TOCJ-9093)かなあ。

 

米国発売のアナログ盤は、私は未聴ではありますが、良い音してると思います。

 

Sonny Red - Out Of The Blue +5 (BN Connoisseur)
Blue Note BLP-4032 / CDP 7243 8 52440 2 5 [1996]
Blue Note Connoisseur Series

side 1 (A)
01. Bluesville (Sylvester Kyner)  5:49
02. Stay As Sweet As You Are (Gordon, Revel)  6:12
03. I've Never Been In Love Before (Loesser)  5:20
04. Nadia (Sylvester Kyner)  4:04

side 2 (B)
05. Blues In The Pocket (Sylvester Kyner)  6:29
06. Alone Too Long (Fields, Schwartz) 2:56
07. The Lope (Sylvester Kyner)  5:13
08. Stairway To The Stars (Malneck, Parish, Signorelli)  6:17

CD Bonus Tracks
09. Crystal (Sylvester Kyner)  5:35
10. Lost April (DeLange, Newman, Hubert Spencer)  6:46
11. You're Sensational (Porter)  6:28
12. Blues For Kokee (Sylvester Kyner)  5:34
13. You're Driving Me Crazy (Donaldson) 5:27


#01-06 December 5, 1959 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.
Sonny Red (as) Wynton Kelly (p) Sam Jones (b) Roy Brooks (ds) 

#07-13 January 23, 1960 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.
Sonny Red (as) Wynton Kelly (p) Paul Chambers (b) Jimmy Cobb (ds) 

 

Out of the Blue

Out of the Blue

Amazon

 

 

アウト・オブ・ザ・ブルー

アウト・オブ・ザ・ブルー

Amazon
Out Of The Blue [12 inch Analog]

Out Of The Blue [12 inch Analog]

Amazon