加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Herbie Hancock - Speak Like A Child (Blue Note) 1968」ひたすら美しいメロディとアンサンブルを堪能

1968年03月に2回に分けて録音されたハービー・ハンコックHerbie Hancock)の代表作の1枚「Speak Like A Child (Blue Note BST-84279)」は、ひたすら美しいメロディとアンサンブルを堪能出来る一枚。

 

「Herbie Hancock - Speak Like A Child (Blue Note) 1968」ひたすら美しいメロディとアンサンブルを堪能

夕景をバックに撮影されたハービーのシルエットも印象的でもあり、ロマンテックな収録曲のイメージをさらに膨らませる事が出来ます。

 

さてアルバム「Speak Like A Child (Blue Note)」はハービー・ハンコックのピアノ・トリオが中心。

ホーン奏者は「バックでアンサンブルだけを演奏する」という、ブルーノート(Blue Note Records)らしからぬ、主従逆転的な構成となっております。

 

参加するホーン奏者がバック(アンサンブル)に徹することで、ピアノ・ソロやアンサンブル(曲自体も!)の美しさがより引き立つ効果をもたらしております。

 


アルバムオープニングの「Riot」は、マイルス・デイヴィスMiles Davis)のアルバム「Miles Davis - Nefertiti(Columbia CS-9594)」でも演奏された曲。

 


www.youtube.com


小気味良いテンポにのって疾走するハービーのソロが、とても美しく思えるトラックです。

 

2曲目はアルト・フルートの音色が特に心地よいボサ・ノヴァ調の「Speak Like A Child」。

3曲目はトリオで演奏されるロン・カーター作曲のちょっとファンキーな「First Trip」。


4曲目の「Toys」は、ハービー・ハンコックが「Miles Davis - Miles Ahead (Columbia CL-1041)」に収録されたギル・エヴァンス(Gil Evans)作曲「Blues For Pablo」をイメージして作曲したものだそうです。

 


www.youtube.com


こちらはテーマ部でベース・トロンボーンの重低音が効いてます。

 

5曲目はちょっとセンチメンタルな気分になる「Goodbye To Childhood」。

 

ラストの「The Sorcerer」は、マイルス・デイヴィスMiles Davis)のアルバム『Sorcerer(Columbia CL-2732)』のタイトルトラックとしても演奏された曲。

 


www.youtube.com


ややアップテンポ気味、トリオだけによる演奏です。

 

最後に。

ハービー・ハンコックHerbie Hancock)の「Speak Like A Child (Blue Note)」というアルバムは、「クールの誕生(Birth Of The Cool)」でマイルス・デイヴィスMiles Davis)が行った「ビックバンドのアンサンブルを小編成のコンボに置き換える」手法を参考に作られたものだとも言えます。

 

kaji-jazz.hatenablog.com

 

マイルス・デイヴィスギル・エヴァンス(Gil Evans)が共同作業で造り上げた「Miles Davis - Miles Ahead (Columbia CL-1041)」で聴かれる、重厚な暖色系アンサンブル。

 

それをハービー・ハンコックは、フリューゲル・ホルン、ベース・トロンボーン、アルト・フルートという珍しい編成の暖色系三管アンサンブルに置き換え表現してみた・・・という事の様です。

 

「Herbie Hancock - Speak Like A Child (Blue Note) 1968」ひたすら美しいメロディとアンサンブルを堪能

Herbie Hancock - Speak Like A Child +3 (RVG)
Blue Note BST-84279 / 東芝EMI TOCJ-66408 [2006.09.20]

 

side 1 (A)
01. Riot (Herbie Hancock) 4:40
02. Speak Like A Child (Herbie Hancock) 7:50
03. First Trip (Herbie Hancock) 6:01

side 2 (B)
04. Toys (Herbie Hancock) 5:52
05. Goodbye To Childhood (Herbie Hancock) 7:06
06. The Sorcerer (Herbie Hancock) 5:36

Bonus Tracks
07. Riot (alternate take) (Herbie Hancock) 4:55
08. Riot (2nd alternate take) Herbie Hancock) 4:40
09. Goodbye To Childhood (alternate take) (Herbie Hancock) 5:49


#01-03,07,08 March 6, 1968 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Thad Jones (flh) Peter Phillips (bass-tb) Jerry Dodgion (alto-fl) 
Herbie Hancock (p) Ron Carter (b) Mickey Roker (ds) 

#04-06,09 March 9, 1968 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Thad Jones (flh) Peter Phillips (bass-tb) Jerry Dodgion (alto-fl) 
Herbie Hancock (p) Ron Carter (b) Mickey Roker (ds) 

 

CDによっては追加曲として「Riot」の2テイク、「Goodbye To Childhood」の別テイクが収録されております。

 

 

収録曲の内2曲は前述の通り、マイルス・デヴィス(Miles Davis)のアルバムにも収録されているので一度、聴き比べるのも面白いと思われます。

 

Miles Davis - Nefertiti (Columbia CS-9594)」


www.youtube.com

 

 

Miles Davis - Sorcerer (Columbia CL-2732)」


www.youtube.com

 

 

そういえば「Nefertiti (Columbia CS-9594)」と「Sorcerer (Columbia CL-2732)」は、2枚合わせると見つめあってる風のジャケットですよね。

 

マイルス・デイヴィスギル・エヴァンス(Gil Evans)が共同作業で造り上げた「Miles Davis - Miles Ahead (Columbia CL-1041)」は、「Blues For Pablo」こちら。

 

Miles Davis - Miles Ahead (Columbia CL-1041)」


www.youtube.com

 

 

 

マイルス・デイヴィスMiles Davis)の影響化で才能を開花していったハービー・ハンコックHerbie Hancock)の凄さが実感出来るアルバムでもあります。

 

 

「Horace Silver – Doin' The Thing - At The Village Gate (Blue Note) 1961」鉄壁コンビを擁する熱狂ライブ

ブルーノート(Blue Note Records)の看板アーティストの一人、ホレス・シルヴァーHorace Silver)。

ライブアルバム「Doin' The Thing - At The Village Gate (Blue Note BST-84076)」は、フロントにブルー・ミッチェル(tp)、ジュニア・クック(ts)という鉄壁コンビを擁するホレス・シルヴァークインテット絶頂期のライブを濃縮した1枚。

 

「Horace Silver – Doin' The Thing - At The Village Gate (Blue Note) 1961」鉄壁コンビを擁する熱狂ライブ

ブルーノート(Blue Note Records)ライブアルバムは2枚組で発売するのが普通なんですが、あえて1枚になったのは、ホレス本人の意向を汲んだものでしょうかねえ。

 

録音データを眺めると、2日間で重複含め27曲ほど録音されているようですが。

 

初日に演奏された「Senor Blues」含めライブアルバムとして発表された4曲、CD時代に2曲追加された合計6曲以外の音源は、いまだ未発表のままとなっております。

 

とにかく、観客の熱狂具合が凄い!

オープニングの「Filthy McNasty」終了後、鳴り止まない拍手と歓声でホレス・シルバーのアナウンスを続けるのを途中止め、観客の興奮が冷めるのを見計らうほどです。


さて1曲目の「Filthy McNasty」は、シャッフル・ビート気味のファンキー・ナンバー。

 


www.youtube.com


いきなりホレスの「ガボッ」という合いの手、全開(笑)。フロントの2人も軽快に飛ばしてます。

 

 

続く迫力満点の「Doin' The Thing」はアップテンポで、かなり複雑なラインの曲。

この曲を暗譜して演奏するのは、かなり難儀だと思われます。しかもホレス、ソロのバックで煽りまくるし・・・。

 


www.youtube.com

 

で、トランペットのブルー・ミッチェルBlue Mitchell)は、ソロの途中で「スイングしなけりゃ意味ないね」の一部を引用したりします。

 


ミディアム・テンポの3曲目「Kiss Me Right」は、「Nica's Dream」に通じる刹那系ナンバー。

 

このタイプの曲だと、ジュニア・クック(Junior Cook)が活き活きしますねえ。

 


オリジナル・アルバムだとラスト4曲目「The Gringo」も「Nica's Dream」系の曲かな。

 


www.youtube.com

 

演奏終了直後に「The Theme: Cool Eyes」が続くところは、ライブならではの構成です。

 

Horace Silver – Doin' The Thing - At The Village Gate +2 (RVG)
Blue Note BST-84076 / 0946 3 62682 2 4 [2006] / TOCJ-7134  24 Bit By RVG

side 1 (A)
01. Filthy McNasty (Horace Silver)  11:02
02. Doin' The Thing (Horace Silver)  11:16

side 2 (B)
03. Kiss Me Right (Horace Silver)  9:18
04. The Gringo - The Theme: Cool Eyes (Horace Silver)  12:03

Bonus Tracks
05. It Ain't S'posed To Be Like That (Horace Silver)  6:21
06. Cool Eyes (full version) (Horace Silver)  3:56


Blue Mitchell (tp) Junior Cook (ts) Horace Silver (p) 
Gene Taylor (b) Roy Brooks (ds) 

May 19 & 20, 1961 at Village Gate, Greenwich Village, NYC.

 

ドゥーイン・ザ・シング+2

ドゥーイン・ザ・シング+2

Amazon

 


CDボーナス・トラックの「It Ain't S'Posed To Be Like That」は、ややスローテンポの「The St. Vitus Dance」といった風情の曲。

 

ゆったり目の演奏であるため、他の曲の勢いが削がれるのでオリジナルアルバムへの収録を見送ったものと思われます。

 

ボーナス・トラック2曲目は「The Theme: Cool Eyes」のフルバージョン「Cool Eyes -Full Version-」。

 

フルバージョンと命名されているものの、頭のテーマすっとばしてブルー・ミッチェルとジュニア・クック、そしてホレス・シルヴァーの短いソロが演奏され、テーマに戻るという感じの構成です。

 

Live at Newport 58

Live at Newport 58

Amazon
Live in Paris February 1959

Live in Paris February 1959

Amazon
Live at the Half

Live at the Half

Amazon

 

ホレス・シルヴァーHorace Silver)のライブアルバムも、ブートまがいの音源含め、結構発売されているんですね。

 

「Horace Silver – The Tokyo Blues (Blue Note) 1962」日本への感謝状的なアルバム

1962年のお正月、前年に来日したアート・ブレイキー(Art Blakey)が巻き起こしたファンキー・ブーム真っ只中の日本に、米国で絶大なる人気を誇るホレス・シルヴァーHorace Silver)のクインテットが初来日します。


米国に帰国して録音された「The Tokyo Blues (Blue Note)」は、熱狂的歓迎を受けたホレス・シルヴァーからの日本に対する「感謝状」的なアルバムなんでしょう。

 

「Horace Silver – The Tokyo Blues (Blue Note) 1962」日本への感謝状的なアルバム

さて、ジャケット、ライナーノートと徹底して「日本テイスト」でまとめるのがブルーノート(Blue Note Records)の凄い所。

 

ジャケットはブルーノートの専属カメラマン、フランシス・ウルフ(Francis Wolff)の手によりニューヨークの日本庭園で撮影したもの。

向かって左側の女性は、出光興産創業者の出光佐三さんの娘である、出光真子さんだとかと。

 

ジャケット裏に印刷されたライナー・ノートは、ホレス自身の冒頭コメントに続き、ジャーナリストの川畑篤彦さんが執筆。

 

で、アルバムは日本人好みであり、ホレス自身もお得意とする「ラテン・フィーリング」を強調した作風に仕上がっております。

 

タイトル・トラック「The Tokyo Blues」は、80年代に入ってからホレス自身のライブで、よく演奏されていた様です。

 


www.youtube.com

 

蛇足ですが、このアルバムを紹介しようと思いたったきっかけは、ついこの間、私自身が「The Tokyo Blues」のマイナスワン使って演奏したから・・・という理由だす。

 

 

ドラムは長期入院中のロイ・ブルックスの替わり、ジョン・ハリスJr.(John Harris JR.)が参加。

シンバル・レガートをあまり使わずハイハットとスネア、そしてタムを中心とした独特なリズム・パターンを刻んでおります。

 

ブルー・ミッチェルBlue Mitchell)とジュニア・クック(Junior Cook)の鉄壁なフロント陣、ジーン・テイラー(Gene Taylor)のベースはそのまま。

 

1曲目「Too Much Sake」は、熱燗の日本酒を呑みすぎたホレス達を見た日本のジャズ・ドラマー、白木秀雄さんが呟いた一言から名付けられた日本人好みの短調、そしてラテン・フィーリングを強調した1曲。

 


www.youtube.com

 

軽快なリズムに乗ったホレス・シルヴァーはバッキングにソロにと好調な演奏を聴かせてくれます。

 

前任のドラム、ロイ・ブルックス(Roy Brooks)の刻むリズムパターンが印象に残っているせいか、やや大人し目に聴こえますが、そういえば「Horace Silver - Silver's Serenade (Blue Note)」とかも、ドラムが目立たないようにしてましたね。

Silver's Serenade

Silver's Serenade

Amazon

 

 

2曲目「Sayonara Blues」は訳すと「さよならブルース」か(まんま)。熱狂的な日本ツアーの終了を名残惜しんだのでしょうか。

原盤ライナーでは、ホレス自身が「mixed with happy and sad emotion」と言っております。


とても叙情的なイントロから、ラテン風味のテーマに移行した後、ブルー・ミッチェル、ジュニア・クックとも感情抑えめのソロを聴かせてくれます。

 

その後に続くホレス・シルヴァーのロングソロは、徐々に感情を爆発されていくかのようで圧巻。

 

 

タイトル・トラックの3曲目「The Tokyo Blues」は、中国の銅鑼を思わせるシンバルの連打が印象的な1曲。

 


www.youtube.com

 

「東京ブルース」・・・なんだか演歌にありそうなタイトルですが、そういえば某歌謡曲で、東京砂漠~♪なんて歌詞もありましたね(笑)。

 

のり易い定型リズム・パターンをバックに、フロントのジュニア・クックとブルー・ミッチェルが、派手に盛り上げます。


ホレス・シルヴァーも、お得意のブロック・コードを多用しながらソロを綴っていきます。

 


4曲目「Cherry Blossom」は、ピアノトリオのみによる穏やかなバラッド演奏。

この曲は、サラ・ヴォーンの伴奏ピアニストであったロンネル・ブライト(Ronnell Bright)の作品です。

 

原盤ライナーにはその他の曲として、「Missing You」と「Sweet Pumpkin」が記載されておりますが、そういえば「Sweet Pumpkin」はリヴァー・サイド盤でブルー・ミッチェルも演奏してましたね。

 

 

 


5曲目、ラストは「Ah! So」。訳すとそのまま「あっ!そー」でしょうね。

 


www.youtube.com


出航の合図を継げる銅鑼の音みたいなシンバルが鳴り響く中、イントロが始まります。

 

テーマ部では、軽快なアップテンポにまで速度アップし、疾走する船舶の如く各人が快調なソロを披露します。

 

そういう視点で聴くとこの曲はホレス版「Herbie Hancock - Maiden Voyage (Blue Note)」、あるいは「Lee Morgan - Search For The New Land (Blue Note)」ですね。

 

処女航海(SHM-CD)

処女航海(SHM-CD)

Amazon
サーチ・フォー・ザ・ニュー・ランド

サーチ・フォー・ザ・ニュー・ランド

Amazon

 

 

Horace Silver – The Tokyo Blues (RVG)
Blue Note BST-84110 / 東芝EMI TOCJ-9068 [1999.01.27]
/ Blue Note 50999 2 65146 2 8 [2009.02.24]

 

side 1 (A)
01. Too Much Sake (Horace Silver)  6:47
02. Sayonara Blues (Horace Silver)  12:14

side 2 (B)
03. The Tokyo Blues (Horace Silver)  7:39
04. Cherry Blossom (Ronnell Bright)  6:11
05. Ah! So (Horace Silver)  7:07


Blue Mitchell (tp omit #4) Junior Cook (ts omit #4) 
Horace Silver (p) Gene Taylor (b) John Harris Jr. (ds) 

July 13 & 14, 1962 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

 

 

しかし、「The Tokyo Blues (Blue Note)」とタイトルつけて「日本の印象」から曲を作ったにも関わらず、琴や尺八ならまだしも、中華風の銅鑼が出てきたりするんですかねえ(笑)。

 

別のブログで記事にした事ありますが。

 

「The Dave Brubeck Quartet - Jazz Impressions Of Japan (Columbia CS-9012)」というアルバムも「日本の印象」なのに中華風の味付けがされていた・・・という記憶があるので、我々が大雑把な捉え方で、ヨーロッパとか南米の印象を「文化圏」単位でまとめてしまうのと、あんまり変わりないのかもしれません。

 

 

まあ、日本が古来から中華文化圏の影響を受けている事を意識してせずにいられないアルバムであります。