加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Kenny Burrell - Blue Lights Vol. 2 (Blue Note) 1958」期待の若手顔見せ興行的なアルバム(2)

「Blue Lights Vol. 2 (Blue Note BLP-1597)」は、ギターの名手、ケニー・バレルKenny Burrell)をリーダーに据え、今後、ブルーノート(Blue Note Records)での活躍がいっそう期待される若手を中心に集められたっぽい風情の、1958年05月14日に行われたスタジオ・ジャム・セッション風の録音であり、「Blue Lights Vol. 1 (Blue Note BLP-1596)」に続く2枚目のアルバムです。

 

「Kenny Burrell - Blue Lights Vol. 2 (Blue Note) 1958」期待の若手顔見せ興行的なアルバム(2)

アルバム・ジャケットを飾る色っぽいおねーさんが描かれたイラストは、後にポップ・アートの巨匠となるアンディ・ウォーホルAndy Warhol)の手によるものです。

 


ケニー・バレルKenny Burrell)以外のメンバーは、まずフロントに3名のホーン奏者を配しており、具体的にはトランペットのルイ・スミス(Louis Smith)、テナー・サックスのティナ・ブルックス(Tina Brooks)、同じくテナー・サックスのジュニア・クック(Junior Cook)。

 

リズム・セクションは、録音の前半がピアノのデューク・ジョーダンDuke Jordan)と、後半には同じくピアノのボビー・ティモンズBobby Timmons)が参加し、共演はない模様。

 

リズム隊の要、ベースのサム・ジョーンズSam Jones)、ドラムスのアート・ブレイキー(Art Blakey)の2名全曲参加といった具合です。

 

 

さて「Vol. 2」は、ピアノにボビー・ティモンズBobby Timmons)が座るセッションから始まりますので1曲目と、続いて同じセッションの3曲目も紹介していきます。

 

11分強のブルージーかつファンキーな1曲目「Rock Salt」は、ケニー・バレルKenny Burrell)の自作曲で、シングル盤「Kenny Burrell - Rock Salt, Part 1 & 2 (Blue Note 45-1717)」としても発売された模様。

 


www.youtube.com

 

余裕たっぷりにきらめく音色でソロを聴かせるルイ・スミス(Louis Smith)、抑え気味ながらアラビアンスケールなど混ぜつつ攻めるジュニア・クック(Junior Cook)、骨太ファンキーなフレーズを聴かせるケニー・バレルKenny Burrell)、平凡なソロから徐々に自身の個性を出してくるティナ・ブルックス(Tina Brooks)、ファンキーなソロを聴かせるボビー・ティモンズBobby Timmons)とサム・ジョーンズSam Jones)という感じで、見事なソロ・リレーが続きます。

 

 

12分強の3曲目「Chuckin'」は、サム・ジョーンズSam Jones)の作品でテーマはケニー・バレルKenny Burrell)とサム・ジョーンズのユニゾンで始まり、間にボビー・ティモンズBobby Timmons)が挟まる感じ。

 

ソロ最初に登場するボビー・ティモンズBobby Timmons)はかなりファンキーで、続くケニー・バレルKenny Burrell)もノッてますね。

 

ややブルージーなティナ・ブルックス(Tina Brooks)、ルイ・スミス(Louis Smith)、ジュニア・クック(Junior Cook)、サム・ジョーンズSam Jones)。

 

最後は、ドラムスのアート・ブレイキー(Art Blakey)相手に3人のホーン奏者とケニー・バレルが4小節ソロ交換で演奏を盛り上げていきます。

 

 

残る2、4曲目はピアノにデューク・ジョーダンDuke Jordan)が座るセッションとなります。

 

7分弱の2曲目「The Man I Love」は、珍しくベースのサム・ジョーンズSam Jones)がテーマを弾き、そのままファンキーなソロに突入していきます。

 

続くルイ・スミス(Louis Smith)も好調ですね、デューク・ジョーダンDuke Jordan)の端正なソロも聴き処の一つかと。

 

 

アップテンポで演奏される10分弱の4曲目「Phinupi」は、ケニー・バレルKenny Burrell)の自作曲。

 


www.youtube.com

 

軽快に飛ばすジュニア・クック(Junior Cook)、きっちりとスイングしつつ豪快なソロを展開するルイ・スミス(Louis Smith)、端正なソロを弾くケニー・バレルKenny Burrell)、珍しく明るいソロで迫るデューク・ジョーダンDuke Jordan)、豪快さの中に繊細さが見え隠れするドラム・ソロを聴かせるアート・ブレイキー(Art Blakey)と、アルバムのエンディングに相応しいソロ・リレーが続きます。

 

 

ハード・バップ・ジャズからファンキー・ジャズに移行する狭間に録音されたアルバムであるため、少し違和感めいた印象を長年持っていたアルバムではありましたが、好調なケニー・バレルKenny Burrell)を筆頭に、ルイ・スミス(Louis Smith)、ティナ・ブルックス(Tina Brooks)、ジュニア・クック(Junior Cook)ら若手ホーン奏者の好演、ピアノのデューク・ジョーダンDuke Jordan)とボビー・ティモンズBobby Timmons)が曲により入れ替わる事で生じる雰囲気の差異、ベースのサム・ジョーンズSam Jones)とドラムスのアート・ブレイキー(Art Blakey)の堅実なるサポートなど、色々な視点から、お楽しみいただける作品だと思います。

 

最後に、全編で寡作というか、幻のトランペッターであったルイ・スミス(Louis Smith)の快演が聴ける事は、特筆事項かと思われます。

 

 

Kenny Burrell - Blue Lights Vol. 2 (SBM)
Blue Note BLP-1597 / CDP 7243 8 57184 2 7 [1997.06.15]

side 1 (A)
01. Rock Salt (Kenny Burrell)  11:19
02. The Man I Love (Gershwin)  6:43

side 2 (B)
03. Chuckin' (Sam Jones)  12:10
04. Phinupi (Kenny Burrell)  9:45


#02,04  May 14, 1958 at Manhattan Towers, NYC.

Louis Smith (tp) Junior Cook (ts #4) 
Duke Jordan (p) Kenny Burrell (g) Sam Jones (b) Art Blakey (ds) 


#01,03  May 14, 1958 at Manhattan Towers, NYC.

Louis Smith (tp) Junior Cook (ts) 
Bobby Timmons (p) Kenny Burrell (g) Sam Jones (b) Art Blakey (ds) 

 

 

 

Blue Lights 1 & 2

Blue Lights 1 & 2

Amazon

 

 

 

「Kenny Burrell - Blue Lights Vol. 1 (Blue Note) 1958」期待の若手顔見せ興行的なアルバム(1)

「Blue Lights Vol. 1 (Blue Note BLP-1596)」は、ギターの名手、ケニー・バレルKenny Burrell)をリーダーに据え、今後、ブルーノート(Blue Note Records)での活躍がいっそう期待される若手を中心に集められたっぱい感じの、1958年05月14日に行われたスタジオ・ジャム・セッション風の録音です。

 

「Kenny Burrell - Blue Lights Vol. 1 (Blue Note) 1958」期待の若手顔見せ興行的なアルバム(1)

アルバム・ジャケットを飾る色っぽいおねーさんが描かれたイラストは、後にポップ・アートの巨匠となるアンディ・ウォーホルAndy Warhol)の手によるものです。

 

ケニー・バレルKenny Burrell)以外のメンバーとしては、まず、フロントには複数のホーン奏者を配しており、今回のメンバーはトランペットのルイ・スミス(Louis Smith)、テナー・サックスのティナ・ブルックス(Tina Brooks)、同じくテナー・サックスのジュニア・クック(Junior Cook)という3名。

 

リズム・セクションはピアノのデューク・ジョーダンDuke Jordan)と、同じくピアノのボビー・ティモンズBobby Timmons)が参加しておりますが、録音記録を眺めると前半がデューク・ジョーダン、後半がボビー・ティモンズがピアノの席に座っており、共演はないようです。

 

リズム隊の要であるベースのサム・ジョーンズSam Jones)、ドラムスのアート・ブレイキー(Art Blakey)の2名のみ、全曲参加といった具合です。

 

 

まず、ピアノにデューク・ジョーダンDuke Jordan)が座るセッションから。

 

11分にも及ぶダウン・トゥ・アースな1曲目「Yes Baby」は、ケニー・バレルKenny Burrell)の自作曲で、シングル盤「Kenny Burrell - Yes Baby, Part 1 & 2 (Blue Note 45-1716)」としても発売されている様です。

 


www.youtube.com

 

かなりねちっこいテーマに続いてケニー・バレルKenny Burrell)のシングルトーンによる朴訥なギター・ソロが始まります。

 

ソロ2番手はダークなテナー・サックスのティナ・ブルックス(Tina Brooks)、続いてトランペットのルイ・スミス(Louis Smith)が登場しますが、スミスはブラウニーライクな魅力的なソロを聴かせてくれます。

 

やや明るめの音色で高速フレーズを吹きまくるテナー・サックスのジュニア・クック(Junior Cook)、ピアノのデューク・ジョーダンDuke Jordan)はシングルトーンで洗練されたソロを聴かせてくれております。

 

最後にベースのサム・ジョーンズSam Jones)が登場しますが、一番ファンキーなソロを弾いてる様に思われます。

 

 

約8分の2曲目「Scotch Blues」は、デューク・ジョーダンDuke Jordan)の自作曲。

 

テーマ部で何とも摩訶不思議なフレーズを弾くケニー・バレルKenny Burrell)が最初にファンキーなソロを聴かせてくれます。

 

続くティナ・ブルックス(Tina Brooks)もファンキーよりのハード・バップなソロを聴かせ、ルイ・スミス(Louis Smith)はハード・バップど真ん中なソロ・フレーズを連発し、ジュニア・クック(Junior Cook)もややブルージーなソロで攻めてますね。

 

デューク・ジョーダンDuke Jordan)は珍しくバド・パウエルBud Powell)っぽい感じのフレーズを連発、アート・ブレイキー(Art Blakey)の短いドラム・ソロを経て後テーマに雪崩れ込んでいきます。

 


3、4曲目にはピアノにボビー・ティモンズBobby Timmons)が座っております。

 

6分弱の3曲目「Autumn In New York」では、ケニー・バレルKenny Burrell)の奏でる美しいギターの音色とソロをじっくりと堪能出来ます。

 

 

10分弱の4曲目「Caravan」は、デューク・エリントン楽団でお馴染みの曲。

 


www.youtube.com

 

ソロはルイ・スミス(Louis Smith)、ジュニア・クック(Junior Cook)、ティナ・ブルックス(Tina Brooks)、ケニー・バレルKenny Burrell)、ボビー・ティモンズBobby Timmons)、アート・ブレイキー(Art Blakey)の順で演奏されていきます。

 

それぞれ持ち味を生かした個性的なソロを聴かせてくれますが、中でもトランペットのルイ・スミス(Louis Smith)のソロが抜きん出て素晴らしく、次点がドラムスのアート・ブレイキー(Art Blakey)かな?

 

 

 

Kenny Burrell - Blue Lights Vol. 1 (SBM)
Blue Note BLP-1596 / CDP 7243 8 57184 2 7 [1997.06.15]

side 1 (A)
01. Yes Baby (Kenny Burrell)  11:05
02. Scotch Blues (Duke Jordan)  7:56

side 2 (B)
03. Autumn In New York (Vernon Duke)  5:44
04. Caravan (Ellington, Mills, Tizol)  9:55

 

#01,02  May 14, 1958 at Manhattan Towers, NYC.

Louis Smith (tp) Tina Brooks (ts) Junior Cook (ts) 
Duke Jordan (p) Kenny Burrell (g) Sam Jones (b) Art Blakey (ds) 


#03,04  May 14, 1958 at Manhattan Towers, NYC.

Louis Smith (tp #4) Tina Brooks (ts #4) Junior Cook (ts #4) 
Bobby Timmons (p) Kenny Burrell (g) Sam Jones (b) Art Blakey (ds) 

 

 

 

 

Blue Lights 1 & 2

Blue Lights 1 & 2

Amazon

 

「Louis Smith - Smithville (Blue Note)」寡作なトランペッターの人気盤

寡作なミュージシャンでありながら、ブルーノート(Blue Note Records)に代表作を録音しているミュージシャンが何人か居たりしますが、そんな中の一人がトランペッターのルイ・スミス(Louis Smith)です。

 

ルイ・スミス(Louis Smith)は、クリフォード・ブラウン(Louis Smith)を彷彿とさせる音色とテクニックを持ち、一時期、ホレス・シルヴァーHorace Silver)のクインテットに抜擢されたりと、注目を浴びたミュージシャンではありましたが、すぐ音楽教師に専念してしまい、かなりの間、音楽シーンからは遠ざかってしまいます。

 

 

「Louis Smith - Smithville (Blue Note)」寡作なトランペッターの人気盤

 

前作「Here Comes Louis Smith (Blue Note BLP-1584)」は、トム・ウィルソン(Tom Wilson)が創設したレコード会社「Transition Records」が録音したものを買い取って発売したものであったので、今回紹介する「Louis Smith - Smithville (Blue Note BLP-1594)」が唯一、ルイ・スミス(Louis Smith)がブルーノート(Blue Note Records)で録音したアルバムとなります。

 

kaji-jazz.hatenablog.com

 

 

ルイ・スミス(Louis Smith)以外のメンバーは、フロントの相方にテナー・サックスのチャーリー・ラウズ(Charlie Rouse)、リズム隊はブルーノート(Blue Note Records)のハウス・バンドという感じで、ピアノにソニー・クラークSonny Clark)、ベースはポール・チェンバースPaul Chambers)、ドラムスはアート・テイラーArt Taylor)といった(ブルーノート的に)安心安全なメンバーを揃えております。

 

 

ポール・チェンバースPaul Chambers)の重厚なベース・ランニングからおもむろに始まる1曲目「Smithville」は、ルイ・スミス(Louis Smith)自作のスロー・ブルース。

 


www.youtube.com

 

いつになくファンキーなソニー・クラークSonny Clark)のピアノ・バッキングにのり、いきなりルイ・スミスのソロがしばし演奏された後、チャーリー・ラウズ(Charlie Rouse)との2管によるテーマ部が演奏されるという凝った構成です。

 

しかし、チャーリー・ラウズがファンキーにブローするとベニー・ゴルソンBenny Golson)っぽい面も出て来るんですね(笑)。

 

再びソロで登場するルイ・スミス(Louis Smith)は、ファンキーでありながらも大騒ぎに終始せず、どこか知性を残した演奏を聴かせてくれます。この辺は、ドナルド・バードDonald Byrd)に通じる所があるんですね。

 

続いて登場するソニー・クラークSonny Clark)のホレス・シルヴァーHorace Silver)の如きファンキーなソロは、凄まじいの一言。

 

ポール・チェンバースPaul Chambers)のベース・ソロを経て、後テーマに戻っていきます。

 

 

超アップテンポで演奏される2曲目「Wetu」は、ルイ・スミス(Louis Smith)の自作曲で多分、「Donna Lee」同様に「Indiana」のコード進行を拝借して作られた曲だと思われます。

 

チャーリー・ラウズ(Charlie Rouse)、ルイ・スミス(Louis Smith)とも手癖フレーズを多用しつつ、勢いある豪快なソロを展開しております。

 

続くソニー・クラークSonny Clark)は、シングル・トーンで勢いあるソロを、最後に登場するポール・チェンバースPaul Chambers)は弓弾きソロを披露しております。

 

 

3曲目「Embraceable You」は、穏やかなバラッド風の演奏で、ルイ・スミス(Louis Smith)の知性溢れる美しいトランペットの音色をご堪能いただけます。

 

 

 

 

4曲目「There Will Never Be Another You」は、軽快なアップ・テンポで演奏される1曲。この曲のソロ、アメリカで発売されたソロ・フレーズのコピー集に掲載されていたので、ミュージシャンの間では有名な演奏なんだと思われます。

 


www.youtube.com

 

例の特徴あるソロ・フレーズを聴かせてくれるチャーリー・ラウズ(Charlie Rouse)、流れるような美しいソロ・フレーズを聴かせてくれるルイ・スミス(Louis Smith)をソロは続き、ソニー・クラークSonny Clark)は珍しくブロック・コードを混ぜたソロを聴かせてくれ、最後のポール・チェンバースPaul Chambers)は短いながら、お馴染みの弓弾きソロで演奏を盛り上げます。

 

 

超アップテンポで演奏される5曲目「Later」は、ルイ・スミス(Louis Smith)の自作曲。確か、何かのコード進行を下敷きにしていると思いますが、曲名が思い浮かびません(笑)。

 


www.youtube.com

 

バリバリとハード・バップ風のフレーズを吹きまくるルイ・スミス(Louis Smith)、モンクのバンドでもよく聴く事が出来たソロ・フレーズを連発するチャーリー・ラウズ(Charlie Rouse)、軽快なソロ・フレーズを連発するソニー・クラークSonny Clark)と、いずれのメンバーも快調なソロを聴かせてくれております。

 

この曲でようやく、アート・テイラーArt Taylor)のドラム・ソロが出てきますね。

 

 

音楽教師という安定した職があったため、不安定なミュージシャン稼業からは一旦足を洗ってしまったルイ・スミス(Louis Smith)ではありますが、ブルーノート(Blue Note Records)のお陰で、全盛期の最良な演奏を聴く事が出来るというのは、嬉しい事ですね。

 

蛇足ですが「Louis Smith - Smithville (Blue Note BLP-1594)」には、何曲か未発表音源が残されており、一部は日本の東芝EMIが発売したオムニバス・レコードに収録され、一時期、追加3曲入りのCDも発売されていた様ですが、プレス枚数が少なったのか、現在、容易にというかリーズナブルに入手するのは少々、困難な様でございます。

 

 

Louis Smith - Smithville (RVG)
Blue Note BLP-1594 / 東芝EMI TOCJ-9200 [1999.03.23]

side 1 (A)
01. Smithville (Louis Smith)  11:04
02. Wetu (Louis Smith)  9:00

side 2 (B)
03. Embraceable You (George Gershwin, Ira Gershwin)  7:08
04. There Will Never Be Another You (Harry Warren, Mack Gordon)  5:33
05. Later (Louis Smith)  6:26


Louis Smith (tp) Charlie Rouse (ts) Sonny Clark (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds) 
March 30, 1958 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

 

 

蛇足ですが「Louis Smith - Smithville (Blue Note BLP-1594)」に収録された「There Will Never Be Another You」が、私が1990年代に購入したアメリカ発売のトランペット・ソロ・コピー集に何故か収録されていたりするので、少なくともアメリカのミュージシャンの間では、よく知られたアルバムだったのだと推測されます。

 

 

ついでに、2枚のスタジオ・アルバムをカップリングしたCDも発売されております。

 

Legendary 1957-59 Stud

Legendary 1957-59 Stud

Amazon