加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

John Coltrane - Coltrane (Prestige) 1957

ジョン・コルトレーンJohn Coltrane)のプレステッジ(Prestige Records)における
初リーダー・アルバムが、このハードバップ・ファンであればお馴染みのヴァン・ゲルダー・スタジオで1957年05月31日に録音された「Coltrane (Prestige PRLP-7105)」です。

 

John Coltrane - Coltrane (Prestige) 1957

前年1956年、マイルス・デイヴィスMiles Davis)の有名なるマラソン・セッションに参加した後、迎えた1957年のジョン・コルトレーンJohn Coltrane)は、「The Prestige All Stars」名義による録音やマル・ウォルドロンMal Waldron)のプレステッジ(Prestige Records)セッションに参加。

 

 

 

また、セロニアス・モンクThelonious Monk)のリバーサイド(Riverside Records)セッションにも参加しハードバップ時代の名演奏を残しております。

 

今回のアルバム「Coltrane (Prestige PRLP-7105)」は1957年05月17日、副大統領の愛称で知られるポール・クイニシェット(Paul Quinichette)との双頭バンド名義でのアルバム「Cattin' With Coltrane And Quinichette (Prestige PRLP-7158)」の録音を終えた約半月後(1957年05月31日)の録音となっております。

 

曲により、ジョニー・スプローン(Johnny Splawn)というこのアルバム以外に聞いた事ないトランペット奏者と、サヒブ・シハブ(Sahib Shihab)のバリトン・サックス奏者がしております。

 

ピアノは、レッド・ガーランドRed Garland)とマル・ウォルドロンMal Waldron)が3曲ずつ交代で参加し、そこにポール・チェンバースPaul Chambers)の安定したベースとアルバート・ヒース(Albert Heath)のドラムスが加わり、ハードバップど真ん中と形容するに相応しい演奏が続きます。

 


バリトン・サックスの力強いフレーズからエキゾチックな雰囲気漂う1曲目「Bakai」は、カル(ヴィン)・マッセイ(Calvin Massey)の作品。

 


www.youtube.com

 

レッド・ガーランドRed Garland)の比較的端正で良くスイングするピアノ・ソロ、続くジョン・コルトレーンJohn Coltrane)は、力強くメロディアスなハードバップ時代のコルトレーンお馴染みフレーズを聴かせてくれます。

 

最後のソロはサヒブ・シハブ(Sahib Shihab)で、ジョニー・スプローン(Johnny Splawn)はアンサンブルのみ参加だった様です。

 

ちなみにフィラデルフィアで活動した後、ニューヨークに進出したジョン・コルトレーンJohn Coltrane)やリー・モーガンLee Morgan)らが好んでカル(ヴィン)・マッセイ(Calvin Massey)の曲を演奏しておりますが、これはカル・マッセイがご当地フィラデルフィアで、音楽的指導者の立場に居たためではないかと推測されます。

 

 

 

2曲目の「コートにすみれを(Violets For Your Furs)」は、コルトレーン・カルテットによる演奏。

 

ハードバップ時代におけるコルトレーンの名バラッド演奏をここで聴く事が出来ますし、レッド・ガーランドRed Garland)のピアノ・ソロも絶品です。

 

軽快なテンポで演奏される3曲目「Time Was」もコルトレーン・カルテットによる演奏。

 

 

4曲目以降は、ピアノがマル・ウォルドロンMal Waldron)に交代となります。

 

重厚な3管アンサンブルで始まる4曲目「Straight Street」は、ジョン・コルトレーンJohn Coltrane)の自作曲。

 

何となく演奏が重厚に感じるのは、マル・ウォルドロンMal Waldron)がピアノを弾いている事も影響していると思われます(笑)。

 

ジョン・コルトレーンJohn Coltrane)のソロに続き、饒舌気味なジョニー・スプローン(Johnny Splawn)のトランペット・ソロが初めて登場します。


ゆったり気味なテンポで演奏される5曲目「While My Lady Sleeps」は、テーマはジョン・コルトレーンJohn Coltrane)のみで、ソロもコルトレーンのみでした(笑)。

 


アルバム最後を飾る6曲目「Chronic Blues」は、これまた重厚なブルース。

 


www.youtube.com

 

わずかなリードミスも気にせず、豪快にゴリゴリ吹きまくるサヒブ・シハブ(Sahib Shihab)、ブルースなんだけど独特なフレーズを連発するジョン・コルトレーンJohn Coltrane)、ソロ3番手に登場するジョニー・スプローン(Johnny Splawn)は、ぼーっと聴いているとリー・モーガンLee Morgan)と勘違いしてしまうほどの類似フレーズを連発し、演奏を盛り上げてくれます。

 

 

まあ、しかしジョニー・スプローン(Johnny Splawn)が、リー・モーガンLee Morgan)かドナルド・バードDonald Byrd)の変名だと言われても納得してしまう程、ハードバップ期における彼らに肉薄する素晴らしい演奏を、このアルバム「Coltrane (Prestige PRLP-7105)」で聴かせてくれます。

 

 

 

John Coltrane - Coltrane
Prestige PRLP-7105 / Victor Entertainment VICJ-60270 [1999]


side 1 (A)
01. Bakai (Calvin Massey)  
02. Violets For Your Furs (Matt Dennis, Thomas Adair)  
03. Time Was (Gabriel Luna de la Fuente, Miguel Prado, Russell)  

side 2 (B)
04. Straight Street (John Coltrane
05. While My Lady Sleeps (Bronislav Kaper, Gus Kahn) 
06. Chronic Blues (John Coltrane


Johnny Splawn (tp omit #2,3) John Coltrane (ts) Sahib Shihab (bs #1,4,6) 
Red Garland (p #1,2,3) Mal Waldron (p #4,5,6) Paul Chambers (b) Albert Heath (ds) 

May 31, 1957 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ. 

 

 

 

kaji-jazz.hatenablog.com

 

kaji-jazz.hatenablog.com