加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

ジミー・スミス(Jimmy Smith)

「The Incredible Jimmy Smith At Club Baby Grand Vol. 1 & 2 (Blue Note) 1956」ジミー・スミス初のライブ録音

ジャズオルガンの革命児、ジミー・スミス(Jimmy Smith)の3枚のスタジオ録音に続く、初のライブ録音がこの「The Incredible Jimmy Smith At Club Baby Grand Vol. 1 & 2」です。 「The Incredible Jimmy Smith At Club Baby Grand Vol. 1 (Blue Note BLP-1…

「Jimmy Smith – A New Sound...A New Star... Jimmy Smith At The Organ Vol. 1-3 (Blue Note)」ジャズオルガンの革命児登場

ブルーノート(Blue Note Records)というレコード会社は、オーナーであるアルフレッド・ライオン(Alfred Lion)が日中は自身のレコード会社で働きつつ、夜になるとこまめにジャズクラブに足を運んで無名ながら「有能な新人を発掘」するのが日常だったよう…