加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Elmo Hpoe - Hope Meets Foster(Prestige) 1955」フランク・フォスターの名演を堪能出来るアルバム

「Hope Meets Foster(Prestige PRLP-7021) 」は、ピアニスト、エルモ・ホープ(Elmo Hope)名義のアルバムです。

 

「Elmo Hpoe - Hope Meets Foster(Prestige) 1955」フランク・フォスターの名演を堪能出来るアルバム

ただ、後に1曲目のタイトルである「Wail, Frank, Wail (PRLP-7021)」に改題、再発された事でも分かる通り、カウント・ベイシー楽団などで大活躍したテナーサックス奏者、フランク・フォスター(Frank Foster)のモダンな演奏を堪能出来るアルバムでもあります。

 


www.youtube.com

 

このアルバムの主役であるエルモ・ホープは、自作曲も多く、ブルーノート(Blue Note Records)で録音するほど腕は確かなピアニストなのですが、残念ながら一部マニアにしか知られていない存在。

 

エルモ・ホープ・クインテット

エルモ・ホープ・クインテット

Amazon

 

またビックバンドでの活動が多く、コンボでの演奏が少ない印象のフランク・フォスター。

この初期ブルーノート・レコードに残された10インチアルバムを聴いたことがある方は分かると思いますが、かなりモダンな演奏を聴かせてくれます。

 


www.youtube.com

 

アルバム「Hope Meets Foster」ではフランク・フォスターの自作曲「Fosterity」、「Shutout」などで彼の意外とモダンなスタイルのテナーサックスを堪能出来ます。

 

Elmo Hpoe - Hope Meets Foster 
Prestige PRLP-7021 / OJC-1703 [1985]

side 1 (A)
01. Wail, Frank Wail (Elmo Hope) 6:26
02. Zarou (Elmo Hope) 5:15
03. Fosterity (Frank Foster) 6:16

side 2 (B)
04. Georgia On My Mind (Hoagy Carmichael, Stuart Gorrell) 6:39
05. Shutout (Frank Foster) 5:50
06. Yaho (Elmo Hope) 7:40

 

Freeman Lee (tp #2,3,5) Frank Foster (ts) Elmo Hope (p) John Ore (b) Art Taylor (ds) 
October 4, 1955 at Van Gelder Studio, Hackensack, New Jersey.

 

 

エルモ・ホープとフランク・フォスターは、ジャズ専門誌などで取り上げられる事が少なく、印象が薄い気がしますが、こうしたアルバムを聴くと、中々の実力派であることがわかったりします。

 

どのジャンルにも共通して言える事ですが、名盤・名演奏は(人に頼らず)自分で探せ・・・という事の大切さが身に染みて分かる1枚であります。