加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「George Wallington Quintet At The Bohemia」ハードバップ時代を代表するライブ

白人ビバップ系ピアニスト、ジョージ・ウォーリントン(George Wallington)が、フロントにドナルド・バードDonald Byrd)とジャッキー・マクリーンJackie McLean)を迎えた人気盤「George Wallington Quintet At The Bohemia」。

 

「George Wallington Quintet At The Bohemia」ハードバップ時代を代表するライブ

ジャズファンには「The Jazz Messengers At The Bohemia (Blue Note)」などでお馴染みのジャズライブスポットで録音された、ハードバップ時代を代表するライブの1枚だと思います。

 

 

 

「George Wallington Quintet At The Bohemia」は最初、プログレッシブ(Progressive)というレーベルから発売され、その後、プレステッジ(Prestige Records)から再発された模様。

 

で、日本で発売されるものはプログレッシブ盤のジャケットに、プレステッジのロゴが入るというややこしい仕様で、こういうブログ記事を書く時に説明が煩雑になりがちです。

 

●George Wallington Quintet At The Bohemia Featuring The Peck (Progressive PLP-1001)


●The George Wallington Quintet Live! At Cafe Bohemia (Prestige PRST-7820)

「George Wallington Quintet At The Bohemia」ハードバップ時代を代表するライブ

※「Discogs」からお借りしました。

 


なお、ペック(The Peak)とは、アタック強めの短いフレーズを、キツツキの如く連発する奏法の事らしいですが、このアルバム以外で聴くことはないですので、一時の実験で終わっちゃった感じですか・・・。

 

あ。この記事書いてて思い出した。

ペック奏法って、ジョージ・ウォーリントン繋がりで考えてみたら、J.R.モンテローズ(J. R. Monterose)もやってましたね。

 

 

このライブで演奏されているのは、まず「Johnny One Note」と「Bohemia After Dark」のジャズスタンダード2曲。

 

他はメンバーのオリジナルでジョージ・ウォーリントンの「Sweet Blanche」、ドナルド・バードの「朝日のごとくさわやかに(Softly As In A Morning Sunrise)」を下敷きに作曲されたっぽい「Jay Mac's Grib」など。

ジャッキー・マクリーンは「Minor March」、「Snakes」、「The Peak」の3曲を提供しております。

 

そういえば「Jay Mac's Grib」は、寺島靖国先生が著作で取り上げてましたね。どの本が失念しましたけど(笑)。

 

ハード・バップ時代の猛者達が、ライブならではの熱い演奏を繰り広げているアルバム、近年、未発表曲を含めた「完全版」も発売されているので、興味のある方はどうぞ。

 

●George Wallington Quintet At The Bohemia Featuring The Peck (Progressive PLP-1001)
●The George Wallington Quintet Live! At Cafe Bohemia (Prestige PRST-7820)

 

side 1 (A)
01. Johnny One Note (Rodgers-Hart)  8:25
02. Sweet Blanche (George Wallington)  6:59
03. Minor March (Jackie McLean)  6:45

side 2 (B)
04. Snakes (Jackie McLean)  5:56
05. Jay Mac's Grib (Donald Byrd)  8:39
06. Bohemia After Dark (Oscar Pettiford)~The Peak (Jackie McLean)  8:22


Donald Byrd(tp) Jackie McLean(as) George Wallington(p) 
Paul Chambers(b) Art Taylor(ds) 

September 9,1955 at the Cafe Bohemia, NYC.

 

ライヴ・アット・カフェ・ボヘミア [SHM-CD]

ライヴ・アット・カフェ・ボヘミア [SHM-CD]

Amazon

 

ちなみに私がつい最近入手した「George Wallington Quintet At The Bohemia」の、後年発売された「Vol. 2」に相当する音源を含めた「完全版」の詳細は、こんな感じです。

 

リーダーのピアニスト、ジョージ・ウォーリントン(George Wallington)に比べ、知名度の高いトランペットのドナルド・バードDonald Byrd)と、アルトサックスのジャッキー・マクリーンJackie McLean)の名前が、でかでかと記載されているのは、まあご愛敬という事で。

 

「George Wallington Quintet At The Bohemia」ハードバップ時代を代表するライブ

George Wallington Quintet with Donald Byrd & Jackie McLean 
- Complete Live At The Cafe Bohemia (2015) PHONO 870237 [2015]

Progressive PLP-1001/Prestige PRST-7820
Progressive PRO-7001
Blue Note BLP-5045


●Complete Live At The Cafe Bohemia [Dsic 1]

1-01. Johnny One Note (Rodgers-Hart)  8:25
1-02. Sweet Blanche (George Wallington)  6:59
1-03. Minor March (Jackie McLean)  6:45
1-04. Snakes (Jackie McLean)  5:55
1-05. Jay Mac's Crib (Donald Byrd)  8:38
1-06. Bohemia After Dark Into The Peck (Oscar Pettiford)  8:22

1-07. Sweet Blanche (2nd Version) (Jackie McLean)  7:36
1-08. The Peck (2nd Version) (Jackie McLean)  0:24
1-09. Snakes (2nd Version) (Jackie McLean)  6:44
1-10. Minor March (2nd Version) (Jackie McLean)  7:44

 

●Complete Live At The Cafe Bohemia [Dsic 2]

2-01. Jay Mack's Crib (2nd Version) (Donald Byrd)  7:43
2-02. The Peck (3rd Version) (Jackie McLean)  0:24
2-03. Bohemia After Dark (2nd Version) (Oscar Pettiford)  9:08
2-04. Johnny One Note (2nd Version) (Rodgers-Hart)  8:05

 

Bonus Album George Wallington Showcase
2-05. Frankie And Johnny (Traditional)  4:08
2-06. Baby Grand (George Wallington)  4:03
2-07. Christina (George Wallington)  3:39
2-08. Summertime (George Gershwin / Ira Gershwin / DuBose Heyward)  3:55
2-09. Festival (George Wallington)  4:01
2-10. Bumpkins (Quincy Jones)  3:51

2-11. Frankie And Johnny (alternate take) (Traditional)  4:06
2-12. Summertime (alternate take) (George Gershwin / Ira Gershwin / DuBose Heyward)  3:55
2-13. Festival (alternate take) (George Wallington)  3:53
2-14. Bumpkins (alternate take) (Quincy Jones)  3:42

 


#1-01 - 2-04 September 9, 1955 at Cafe Bohemia, NYC.

Donald Byrd (tp) Jackie McLean (as) George Wallington (p) 
Paul Chambers (b) Art Taylor (ds) 


#2-05 - 2-14 May 12, 1954 at Audio-Video Studios, NYC.

George Wallington And His Band

Dave Burns (tp) Jimmy Cleveland (tb) Frank Foster (ts) Danny Bank (bs,fl) 
George Wallington (p) Oscar Pettiford (b) Kenny Clarke (ds) Quincy Jones (arr) 

 

 

ボーナストラックに、「George Wallington And His Band – George Wallington Showcase (Blue Note BLP-5045)」が、未発表の4曲含め収録されていたので、私はそちらが聴きたくて入手してしまいました。

あしからず。