加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Baby Face Willette - Face To Face (Blue Note) 1961」オルガン・ジャズ究極の古典

「Baby Face Willette - Face To Face (Blue Note BST-84068)」は、ベイビー・フェイス・ウィレット("Baby Face" Willette)の乗りの良いオルガンを堪能出来る最良の1枚。

 

「Baby Face Willette - Face To Face (Blue Note) 1961」オルガン・ジャズの人気盤

ソウフルフルなグラント・グリーンGrant Green)のギターも聴きどころですが、そこに絡むR&Bテイストのベン・ディクソン(Ben Dixon)ドラムと、フレッド・ジャクソン(Fred Jackson)のサックスも、ツボを心得た好演を聴かせてくれます。

 

今聴いてる音源は、ようやく入手した「米RVG盤」ですが。

 

1990年代に盛り上がった東芝EMIさんの「最後の復刻シリーズ」でレコードを買い、追加曲があるという理由で、1997年発売の米盤CD「connoisseur cd series」まで手を出したりと、「Face To Face (Blue Note BST-84068)」だけは、何度も買い替えておりました。

 

米盤CD「connoisseur cd series」は、セッション録音の貴重な写真が掲載される事が多く、それも楽しみの一つなんですが、「Face To Face (Blue Note BST-84068)」再発時には、サングラスをかけたベイビー・フェイス・ウィレット("Baby Face" Willette)の写真なんかが掲載されております。

 

おっと、近年再発されたCDに、サングラスをかけたベイビー・フェイス・ウィレットの写真が使われていますね。

 

2008年03月頃に、最初の「Baby Face Willette - Face To Face (Blue Note BST-84068)」紹介記事を書いていたんですが。

 

新潟のコミュニティFM局で「J-Wave」の放送が聴けてたので、「Whatever Lola Wants (Sarah Vaughan) / Gotan Project Remix」がその当時(2008年03月頃)パワー・プレイされていた事を言及してますね。

ちなみに「Whatever Lola Wants」は1955年のミュージカル(数年後に映画化)、「くたばれヤンキース」の中の1曲だったそうです。

 

「Whatever Lola Wants」を聴くと、「Baby Face Willette - Face To Face (Blue Note)」の方を思い出すなんて事も書いてました・・・。

 

さて、「Baby Face Willette - Face To Face (Blue Note)」のライナーノートを読むと、シカゴジャズ資料館のテリー・マーティン氏がこのアルバムを「オルガン=サックス・ジャンルにおける究極の古典ではないだろうか」と賞賛しています。


まあ私も、このR&Bテイスト満載で、ソウルフルなこのアルバム「Face To Face (Blue Note)」を聴かなければ、ベイビー・フェイス・ウィレットの奏でるオルガン・ジャズにのめり込むことなど無かったような気がします。

 


アルバムのオープニングのチャッチーな「Swingin' at Sugar Ray's」。

 


www.youtube.com

 

続いてダウン・トゥ・アースな「Goin' Down」、そして日本人が好みそうなメロディーの「Whatever Lola Wants」と続きます。

 


www.youtube.com

 

後半(LP時代はB面)では、アルバムタイトル曲で縦乗り気味の楽しい「Face To Face」に始まります。

 


www.youtube.com

 

続いて哀愁漂う「Something Strange」、最後はR&Bテイストの「High 'N Low」でアルバムを締めくくります。

 

また、CD時代には「Face To Face」と「Something Strange」の別テイク2曲が追加されておりますね。

いずれも本テイクと遜色ない出来で、なおかつ一部、演奏の構成が異なったりします。

 

Baby Face Willette - Face To Face +2 (RVG)
Blue Note BST-84068 / Blue Note 0946 3 93180 2 5 [2007.09.17] RVG Edition

side 1 (A)
01. Swingin' at Sugar Ray's (Willette) 6:35
02. Goin' Down (Willette) 7:24
03. Whatever Lola Wants (Richard Adler, Jerry Ross) 7:21

side 2 (B)
04. Face To Face (Willette) 6:17
05. Something Strange (Willette) 6:42
06. High 'N Low (Willette) 7:07

CD Bonus Tracks
07. Face To Face (alternate take) (Willette) 6:52
08. Something Strange (alternate take) (Willette) 6:41

 

Fred Jackson (ts) "Baby Face" Willette (org) Grant Green (g) Ben Dixon (ds) 
January 30, 1961 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

 

フェイス・トゥ・フェイス

フェイス・トゥ・フェイス

Amazon
Face To Face (Remastered)