加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「The Jazz Messengers At The Cafe Bohemia Vol. 2 (Blue Note) 1955」充実したライブ録音、2枚目

リーダーを明示しないジャズ・ユニット「The Jazz Messengers」が1955年11月23日、ジャズ・クラブ「カフェ・ボヘミア(The Cafe Bohemia)」で行ったライブ録音の後半(Vol.2)、2枚目となる「The Jazz Messengers At The Cafe Bohemia Vol. 2 (Blue Note BLP-1508)」を、簡単に紹介していきたいと思います。

 

「The Jazz Messengers At The Cafe Bohemia Vol. 2 (Blue Note) 1955」充実したライブ録音、2枚目

なお前回、「The Jazz Messengers」結成に至るまで流れはご説明しましたので、そこは省略。

 

私はリラックス・ムード満点の2曲目「Like Someone In Love」が収録されている事から、「Vol.1 (Blue Note BLP-1507)」より、「Vol. 2 (Blue Note BLP-1508)」を聴く機会が多いです。

 


www.youtube.com

 

ソロのバックでリズム隊が倍テン(2倍のリズムを刻むこと)になる演出も、お洒落ですし。


1曲目の陽気な「Sportin' Crowd」は、よく「Royal Roost」や「Tenor Madness」と言う別名で演奏されているブルース・ナンバー。

ブルースとくればホレスが俄然張り切る!とってもお茶目なソロを聴かせてくれます。


3曲目、ジェロム・カーン作曲のバラッド「Yesterdays」は、ケニー・ドーハムのフューチャー・トラックですね。

 

4曲目、フロント陣もパーカッションをかき鳴らす「Avila and Tequila」は、アート・ブレイキーのフューチャー・トラック。

 


www.youtube.com

 

そういえばこの演奏パターンは、ウェイン・ショーターWayne Shorter)が音楽監督を務める頃の「チュニジアの夜(A Night In Tunisia)」でお馴染みですね。

 


追加曲ではアップテンポで演奏される6曲目「Just One Of Those Things」、ミディアムテンポで演奏される8曲目「風と共に去りぬGone With The Wind)」と有名曲を披露。

 

7曲目に演奏されるハンク・モブレーHank Mobley)のオリジナル「Hank's Symphony」は、アート・ブレイキーのフューチャー・トラックでありテーマ部以外は、ほぼアート・ブレキーのソロでございます。

 


www.youtube.com

 

 

「The Jazz Messengers At The Cafe Bohemia Vol. 2 (Blue Note) 1955」充実したライブ録音、2枚目

The Jazz Messengers At The Cafe Bohemia Vol. 2 +3 (RVG)
Blue Note BLP-1508 / 東芝EMI TOCJ-66118 [2001.06.20]

 

side 1 (A)
01. Announcement by Art Blakey    0:37
02. Sportin' Crowd (Hank Mobley)  6:53
03. Like Someone In Love (J. Van Heusen, J. Burke)  9:15

side 2 (B)
04. Yesterdays (J. Kern, O. Harbach)  4:11
05. Avila and Tequila (Hank Mobley)  12:46
06. I Waited For You (D. Gillespie, G. Fuller)  9:47

CD Bonus Tracks    
07. Just One Of Those Things (Cole Porter)  9:27
08. Hank's Symphony (Hank Mobley)  4:43
09. Gone With The Wind (A. Wrubel, H. Magidson)  7:27


The Jazz Messengers
Kenny Dorham (tp) Hank Mobley (ts #omit 4) Horace Silver (p) Doug Watkins (b)

Art Blakey (ds)

November 23, 1955 at Cafe Bohemia, NYC.

 

 

 

そういえば1961年に「Five Spot」で録音された、エリック・ドルフィーEric Dolphy)とブッカー・リトルBooker Little)の双頭バンドによる伝説のライブでも、本ライブのフォーマットに従った「Like Someone In Love」が演奏されておりましたね。

 

 

興味のある方は一度、聴き比べてみて下さい。