加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 1 (Blue Note) 1953,1954」俊英達の競演と珍しい顔合わせ

「傑出した(Eminent)」ビバップトロンボーンの俊英、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)がブルーノートに残した3回のセッションは、3枚の10インチレコードとして発売されました。

 

「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 1 (Blue Note) 1953,1954」俊英達の競演と珍しい顔合わせ

その3回のセッションを2枚の12インチレコードに再編集したアルバムの第1弾が「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 1 (Blue Note BLP-1505)」です。


1953年06月22日に行われた第1回目のセッションには、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)の他、トランペットの俊英、クリフォード・ブラウンClifford Brown)、テナー・サックスとバリトン・サックスを吹くジミー・ヒース(Jimmy Heath)、ピアノのジョン・ルイス(John Lewis)、ベースのパーシー・ヒース(Percy Heath)、ドラムスのケニー・クラークKenny Clarke)が参加しております。


リズム隊は、初期MJQ(Modern Jazz Quartet)のメンバー、そのままですね。

そこにクリフォード・ブラウンClifford Brown)、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)という若くて超絶技巧の猛者がからむという、ファンにはたまらない構図でございます。

 


さて、12インチレコード時代には、A面(1~5曲目)が「Jay Jay Johnson With Clifford Brown (Blue Note BLP-5028)」として発売された中から1曲除いた第1回目のセッションだけで構成されておりました。

 

1曲目「Turnpike」は、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)の自作曲。

 


www.youtube.com

 

超アップテンポで奏でられる三管アンサンブルから、ソロ・ブレイクで登場するクリフォード・ブラウン(愛称はブラウニー)が素晴らしいです。


二番手ジミー・ヒースに続き登場するJ. J. ジョンソン、確かに「ヴァルブ・トロンボーン」かと疑ってしまう程、トロンボーンで正確無比なソロを聴かせてくれますし、続くジョン・ルイスパーシー・ヒースのソロも流石でございます。

 


2曲目「Lover Man」は、バラッド風味の演奏で、こういうテンポだとJ. J. ジョンソンのトロンボーンの音色が映えますね。

続くのはジョン・ルイスの短いソロのみで、残るフロント二人はアンサンブルに徹しております。

 


3曲目「Get Happy」は、アップテンポの演奏。

 

J. J. ジョンソンのタンギングを上手く生かした演奏に、フロント二人のアンサンブルがさりげなく奏でられております。
ジミー・ヒースのテナー・サックス・ソロに続き登場するブラウニーは、文句の付けようのない活気ある完璧なソロを聴かせてくれますし、ブラウニーに続くジョン・ルイスのソロも軽快にスイングしておりますね。

 


4曲目「Sketch One」は、ややクラシカルな雰囲気が如何にもジョン・ルイス (John Lewis)といった風情の作品。 

 


www.youtube.com

 

ジョン・ルイスのソロの後、ミュート・トランペットで登場するブラウニーのソロが絶品で、続くJ. J. ジョンソンもゆったりとしたソロを聴かせてくれます。

演奏後半に登場する三管アンサンブルも素晴らしいです。ちなみにジミー・ヒースは、ここではバリトン・サックスを演奏しアンサンブルに徹しております。

 


5曲目「Capri」は、軽快なテンポで演奏されるジジ・グライス (Gigi Gryce)の作品。

 

J. J. ジョンソン、ジミー・ヒース、クリフォード・ブラウンジョン・ルイスとソロが続きますが、やはりブラウニーのソロが頭抜けているように思われます。

 

 

1954年09月24日に行われた第2回目のセッションには、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)の他、ピアノのウイントン・ケリー(Wynton Kelly)、ベースのチャールス・ミンガス(Charles Mingus)、ドラムスのケニー・クラークKenny Clarke)という珍しい組み合わせのリズム隊に加え、コンガのサブー・マルティネス("Sabu" Martinez)も参加しております。


12インチレコード時代には、B面(6~10曲目)が「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 2 (Blue Note BLP-5057)」として発売された中から1曲除いた第2回目のセッションだけで構成されておりました。

 


6曲目「Jay」は、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)の自作曲。

 


www.youtube.com

 

サブー・マルティネスが叩く軽快なるコンガに煽られ、J. J. ジョンソンの華麗なソロを
聴かせてくれますし、後半に登場するJ. J. ジョンソン、サブー・マルティネス、ケニー・クラーク三者によるソロ回しも良いですね。

 


7曲目「Old Devil Moon」は、ミディアム・テンポで演奏されますが、コンガが入る事で陽気なラテン・ナンバーの様に聴こえてくるのが面白いですね。

まあしかし、ラテン系の演奏にはトロンボーンが似合います(笑)。

 


8曲目「It's You Or No One」は、バラッド風味の演奏であり、他の曲で印象が薄かったチャールス・ミンガスのベースが良く聴こえる1曲です。
なお、この曲だけサブー・マルティネスはお休みしております。

 


9曲目「Too Marvelous For Words」は、ミディアム・テンポで演奏される曲で、ウイントン・ケリーのファンキーなピアノ・ソロが良いですね。

 


10曲目「Coffee Pot」は、アップテンポで演奏されるJ. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)の自作曲。

 

しかし、スライド式のトロンボーンで、ここまで軽快に演奏出来るとは本当に驚きです。

 

 

J. J. Johnson - The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 1 (RVG) 
Blue Note BLP-1505 / 東芝EMI TOCJ-66115-16 [2001.06.20] Blue Note Complete Series 

side 1 (A)
01. Turnpike (J. J. Johnson)  4:16
02. Lover Man (Ramirez)  3:52
03. Get Happy (Koehler-Arlen)  4:49
04. Sketch One (John Lewis)  4:22
05. Capri (Gigi Gryce)  3:38

side 2 (B)
06. Jay (J. J. Johnson)  3:39
07. Old Devil Moon (Lane-Harburg)  3:49
08. It's You Or No One (Styne-Cahn)  4:03
09. Too Marvelous For Words (Mercer-Whiting)  3:34
10. Coffee Pot (J. J. Johnson)  4:06

 

#01-05  June 22, 1953 at WOR Studios, NYC. [1st Session]

Clifford Brown (tp) Jay Jay Johnson (tb) Jimmy Heath (ts, bs) 
John Lewis (p) Percy Heath (b) Kenny Clarke (ds)


#06-10  September 24, 1954 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ. [2nd Session]

Jay Jay Johnson (tb) Wynton Kelly (p) Charles Mingus (b) Kenny Clarke (ds) 
"Sabu" Martinez (conga omit #08)

 

 

10インチレコード2枚の詳細も付記しておきます。

 

「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 1 (Blue Note) 1953,1954」俊英達の競演と珍しい顔合わせ

J. J. Johnson - Jay Jay Johnson With Clifford Brown
Blue Note BLP-5028

side 1 (A)
01. Get Happy (Koehler-Arlen)  4:49
02. Lover Man (Ramirez)  3:52
03. Capri (Gigi Gryce)  3:38

side 2 (B)
04. Sketch One (John Lewis)  4:22
05. Turnpike (J. J. Johnson)  4:16
06. It Could Happen To You (Bueke-Van Heusen)  4:43


●1st Session [June 22, 1953 at WOR Studios, NYC.]
Clifford Brown (tp omit #06) Jay Jay Johnson (tb) Jimmy Heath (ts, bs omit #06) 
John Lewis (p) Percy Heath (b) Kenny Clarke (ds)

 

 

「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 1 (Blue Note) 1953,1954」俊英達の競演と珍しい顔合わせ

J. J. Johnson - The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 2
Blue Note BLP-5057

side 1 (A)
01. Jay (J. J. Johnson)  3:39
02. Time After Time (Styne-Cahn)  4:10
03. Old Devil Moon (Lane-Harburg)  3:49

side 2 (B)
04. Too Marvelous For Words (Mercer-Whiting)  3:34
05. It's You Or No One (Styne-Cahn)  4:03
06. Coffee Pot (J. J. Johnson)  4:06


●2nd Session [September 24, 1954 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.]
Jay Jay Johnson (tb) Wynton Kelly (p) Charles Mingus (b) Kenny Clarke (ds) 
"Sabu" Martinez (conga omit #02,05)