加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 2 (Blue Note) 1953,1954,1955」傑出した若手台頭の記録

「傑出した(Eminent)」トロンボーン奏者、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)がブルーノートに残した3枚の10インチ・アルバムを、2枚の12インチ・アルバムに再編集した第2弾が「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 2 (Blue Note BLP-1506)」です。

 

「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 2 (Blue Note) 1953,1954,1955」傑出した若手台頭の記録


「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 2 (Blue Note BLP-1506)」は、3回目のセッションを中心に編纂されており、残りは収録時間の都合で「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 1 (Blue Note BLP-1505)」に収録しきれなかった曲で補う感じの構成となっております。

 


さて、最初「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 3 (Blue Note BLP-5070)」として発売された1955年06月06日に行われた第3回目のセッションには、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)の他、テナーサックスのハンク・モブレーHank Mobley)、ピアノのホレス・シルヴァーHorace Silver)、ベースのポール・チェンバースPaul Chambers)、ドラムスのケニー・クラークKenny Clarke)が参加しております。

 

この頃のハンク・モブレーHank Mobley)、ピアノのホレス・シルヴァーHorace Silver)、ポール・チェンバースPaul Chambers)という面々は、まだ期待の若手扱いだったんでしょうねえ。

 

 

1曲目「Daylie Double」は、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)の自作曲。

 


www.youtube.com

 

ファンキーなピアノのホレス・シルヴァー、テナー・サックスのハンク・モブレーが加わる事で、J. J. ジョンソンの硬質なトロンボーンがファンキー風味に聴こえるのが不思議です(笑)。

 


2曲目「Pennies From Heaven」は、ベースのポール・チェンバースが前面に出た演奏から始まります。

 

ミュートを付けて軽快にスイングするJ. J. ジョンソンに続き、ハンク・モブレーホレス・シルヴァー、とソロが進み、再びポール・チェンバースがソロで登場。J. J. ジョンソンとハンク・モブレイのソロ交換も刺激的ではありますね。

 


3曲目「You're Mine You」はミディアム・テンポ、バラッド風味の演奏。

 

ホレス・シルヴァーの控えめながら陽気でファンキーなピアノが、J. J. ジョンソンの演奏を軽快にスイングさせております。

 


6曲目「Groovin'」は、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)の自作曲。

 

ファンキーな曲調なのでテーマ部から、ホレス・シルヴァーが大活躍しております。
J. J. ジョンソン、ハンク・モブレーホレス・シルヴァーとソロが進むにつれて、ファンキー濃度が上昇していく感じがたまらないですね。

 


7曲目「Portrait Of Jennie」は、ミュート・トロンボーンで演奏されるバラッド風味。

 

バラッド風味なのに明るくファンキーな感じがするのは、やはりホレス・シルヴァーの存在が大きく影響しているでしょうね。

 


8曲目「Viscosity」は、アップテンポで演奏されるJ. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)の自作曲。

 

ホレス・シルヴァーに鼓舞されたJ. J. ジョンソンが、軽快なソロを聴かせてくれます。

 


そういえば、1960年代のホレス・シルヴァークインテットにJ. J. ジョンソンが加わり、セクステット編成になった事がありますが、この1955年06月での共演がきっかけだったのかもしれませんね。

 

 

残りの曲は、第1回目と第2回目のセッションで録音された演奏です。

 

最初「Jay Jay Johnson With Clifford Brown (Blue Note BLP-5028)」として発売された1953年06月22日に行われた第1回目のセッションには、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)の他、トランペットの俊英、クリフォード・ブラウンClifford Brown)、テナー・サックスとバリトン・サックスを吹くジミー・ヒース(Jimmy Heath)、ピアノのジョン・ルイス(John Lewis)、ベースのパーシー・ヒース(Percy Heath)、ドラムスのケニー・クラークKenny Clarke)が参加しております。

 

4曲目「Turnpike [alternate master]」は、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)の自作曲で、やはり、最初に登場するクリフォード・ブラウンの奔放なソロが抜きん出て素晴らしいです。


5曲目「It Could Happen To You」は、美しいバラット演奏。J. J. ジョンソンの伸びやかなトロンボーンの音色が素晴らしいです。

 


www.youtube.com


10曲目「Capri [alternate master]」は、軽快なテンポのジジ・グライス (Gigi Gryce)の作品。各人のソロが続きますが、やはりクリフォード・ブラウンのソロが一番素晴らしいです。

 

 

最初「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 2 (Blue Note BLP-5057)」として発売された1954年09月24日に行われた第2回目のセッションには、J. J. ジョンソン(Jay Jay Johnson)の他、ピアノのウイントン・ケリー(Wynton Kelly)、ベースのチャールス・ミンガス(Charles Mingus)、ドラムスのケニー・クラークKenny Clarke)という珍しい組み合わせのリズム隊に加え、コンガのサブー・マルティネス("Sabu" Martinez)も参加しております。

 

9曲目「Time After Time」は、サブー・マルティネス抜きのカルテットによるバラッド演奏。トロンボーンには、こういうテンポのバラッド演奏も似合いますね。

 


www.youtube.com

 

 

J. J. Johnson - The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 2 (RVG)
Blue Note BLP-1506 / 東芝EMI TOCJ-66115-16 [2001.06.20] Blue Note Complete Series  

side 1 (A)
01. Daylie Double (J. J. Johnson)  4:24
02. Pennies From Heaven (Burke-Johnston)  4:15
03. You're Mine You (Green-Heyman)  3:04
04. Turnpike [alternate master] (J. J. Johnson)  4:11
05. It Could Happen To You (Bueke-Van Heusen)  4:43    

side 2 (B)
06. Groovin' (J. J. Johnson)  4:37
07. Portrait Of Jennie (Budge-Robinson)  2:53
08. Viscosity (J. J. Johnson)  4:18
09. Time After Time (Styne-Cahn)  4:10
10. Capri [alternate master] (Gigi Gryce)  3:50

 


#04,05,10  June 22, 1953 at WOR Studios, NYC. [1st Session]

Clifford Brown (tp omit #05) Jay Jay Johnson (tb) Jimmy Heath (ts, bs omit #05) 
John Lewis (p) Percy Heath (b) Kenny Clarke (ds)


#09  September 24, 1954 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ. [2nd Session]

Jay Jay Johnson (tb) Wynton Kelly (p) Charles Mingus (b) Kenny Clarke (ds) 


#01-03,06-08  June 6, 1955 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ. [3rd Session]

Jay Jay Johnson (tb) Hank Mobley (ts) Horace Silver (p) Paul Chambers (b) 
Kenny Clarke (ds)

 

 

 

10インチレコードの詳細も付記しておきます。

 

「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 2 (Blue Note) 1953,1954,1955」傑出した若手台頭の記録

J. J. Johnson - Jay Jay Johnson With Clifford Brown
Blue Note BLP-5028

side 1 (A)
01. Get Happy (Koehler-Arlen)  4:49
02. Lover Man (Ramirez)  3:52
03. Capri (Gigi Gryce)  3:38

side 2 (B)
04. Sketch One (John Lewis)  4:22
05. Turnpike (J. J. Johnson)  4:16
06. It Could Happen To You (Bueke-Van Heusen)  4:43


●1st Session [June 22, 1953 at WOR Studios, NYC.]
Clifford Brown (tp omit #06) Jay Jay Johnson (tb) Jimmy Heath (ts, bs omit #06) 
John Lewis (p) Percy Heath (b) Kenny Clarke (ds)

 

 

「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 2 (Blue Note) 1953,1954,1955」傑出した若手台頭の記録

J. J. Johnson - The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 2
Blue Note BLP-5057

side 1 (A)
01. Jay (J. J. Johnson)  3:39
02. Time After Time (Styne-Cahn)  4:10
03. Old Devil Moon (Lane-Harburg)  3:49

side 2 (B)
04. Too Marvelous For Words (Mercer-Whiting)  3:34
05. It's You Or No One (Styne-Cahn)  4:03
06. Coffee Pot (J. J. Johnson)  4:06


●2nd Session [September 24, 1954 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.]
Jay Jay Johnson (tb) Wynton Kelly (p) Charles Mingus (b) Kenny Clarke (ds) 
"Sabu" Martinez (conga omit #02,05)

 

 

「The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 2 (Blue Note) 1953,1954,1955」傑出した若手台頭の記録

J. J. Johnson - The Eminent Jay Jay Johnson Vol. 3
Blue Note BLP-5070

side 1 (A)
01. Daylie Double (J. J. Johnson)  4:24
02. You're Mine You (Green-Heyman)  3:04
03. Pennies From Heaven (Burke-Johnston)  4:15

side 2 (B)
04. Groovin' (J. J. Johnson)  4:37
05. Viscosity (J. J. Johnson)  4:18
06. Portrait Of Jennie (Budge-Robinson)  2:53


●3rd Session [June 6, 1955 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.]
Jay Jay Johnson (tb) Hank Mobley (ts) Horace Silver (p) Paul Chambers (b) 
Kenny Clarke (ds)