加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Thelonious Monk - The Thelonious Monk Orchestra at Town Hall (Riverside) 1959」高揚するモンクとオーケストラ

「The Thelonious Monk Orchestra at Town Hall (Riverside) 」は、超個性派ピアニスト、セロニアス・モンクThelonious Monk)が、10人編成のオーケストラを率いて1959年にニューヨークのタウンホール(Town Hall)で行ったライブの実況録音盤。

 

「Thelonious Monk - The Thelonious Monk Orchestra at Town Hall (Riverside) 1959」高揚するモンクとオーケストラ

オーケストラを率いて大舞台に登場したモンク、何時になく高揚した演奏を聴かせてくれます。

トロンボーン、そしてチューバとフレンチホルンを加え、低音に厚みがある「まろやかな」アンサンブルにより、モンクのとんがった演奏を優しく包み込んでいる感じでしょうか。

 

公式録音では初登場、以降モンクのバンドで活躍するテナーサックスのチャーリー・ラウズ(Charlie Rouse)の活躍が目覚ましいですね。

 

また、ブルーノート(Blue Note Records)でリーダーアルバムの録音が始まった時期にあたるトランペットの俊英、ドナルド・バードDonald Byrd)のソロも素晴らしい。

早世したクリフォード・ブラウンClifford Brown)の後継者として注目を浴びた時期における、ドナルド・バードのブラウニー・ライクで流暢なソロが堪能出来るという点も、このアルバムのお勧めポイントですかね。

 


www.youtube.com


4曲目「Little Rootie Tootie」の後半、畳みかけるように複雑なフレーズが連続するアンサンブルの洪水に飲み込まれる快感をお楽しみ下さいませ。

 

Thelonious Monk - The Thelonious Monk Orchestra at Town Hall +4
Riverside Records RLP12-300 / 0888072301900 [2007.09.11]

KEEPNEWS COLLECTION (24bit Remastering)

side 1 (A)
01. Thelonious (Complete Version) (Thelonious Monk)  3:03
02. Friday The 13th (Thelonious Monk)  9:32
03. Monk's Mood (Thelonious Monk)  10:27

side 2 (B)
04. Little Rootie Tootie (Thelonious Monk)  8:56
05. Off Minor (Thelonious Monk)  7:56
06. Crepuscule With Nellie (Thelonious Monk)  4:53

CD Bonus Tracks
07. Little Rootie Tootie (Encore) (Thelonious Monk)  8:29
08. In Walked Bud (Thelonious Monk)  7:09
09. Blue Monk (Thelonious Monk)  8:21
10. Rhythm-A-Ning (Thelonious Monk)  6:45


Donald Byrd (tp) Eddie Bert (tb) 
Robert Northern (french horn) Jay McAllister (tuba) 
Phil Woods (as) Charlie Rouse (ts) Pepper Adams (ds) 

Thelonious Monk (p) Sam Jones (b) Art Taylor (ds) 

February 28, 1959 at Town Hall, NYC.

Concert Produced by Jules Colomby 
Original Album Produced by Orrin Keepnews

 

 

なお、私が聴いているのは「KEEPNEWS COLLECTION (24bit Remastering)」という2007年頃に発売されたCDで、オリジナル・アルバムをプロデュースしたオリン・キープニュース(Orrin Keepnews)自身の監修によるもの。

 


www.youtube.com

 

また、CDボーナストラックのうち「In Walked Bud」、「Blue Monk」、「Rhythm-A-Ning」の3曲は、リズムセクションにチャーリー・ラウズを加えたモンク・カルテットによる演奏です。

 

参考までに、1959年にモンクが残したアルバムを紹介しておきます。

 

 

5 By Monk By 5

5 By Monk By 5

Amazon

Thelonious Monk - 5 By Monk By 5 (Riverside RLP12-305)」

Thad Jones (cor) Charlie Rouse (ts) Thelonious Monk (p) 
Sam Jones (b) Art Taylor (ds)

June 1 & 2, 1959 at Reeves Sound Studios, NYC.

 

 

Thelonious Monk - Thelonious Alone In San Francisco (Riverside RLP12-312)」

Thelonious Monk (p)

October 21 & 22, 1959 at Fugazi Hall, San Francisco, CA.