加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Lou Donaldson - Wailing With Lou (Blue Note) 1957」ハード・バップ過渡期の五目味なアルバム

6月30日の「夏越の大祓」が終わり、新潟も早々と梅雨が明け、暑さ厳しい7月に突入しました。

 

さて今回は、1957年初頭に録音された「Wailing With Lou (Blue Note BLP-1545) 」です。

 

チャーリー・パーカーCharlie Parker)直系のアルトサックス奏者、ルー・ドナルドソンLou Donaldson)が、フロントにハードバップ・トランペット奏者、ドナルド・バードDonald Byrd)を迎えた、比較的な地味な印象のアルバムでございます。

 

まあ、ハード・バップを基本しているのですが、ソウルやファンクの要素が所々に見え隠れしてますので、ハード・バップの枠に収まらない「ひたすら明るく陽気で五目味なアルバム」である、と言えますね。

 

「Lou Donaldson - Wailing With Lou (Blue Note) 1957」ハード・バップ過渡期の五目味なアルバム

明るくファンキーなピアノを弾くハーマン・フォスター(Herman Foster)に加え、ベースのペック・モリソン(Peck Morrison)、派手過ぎず堅実なリズムを刻むドラマーのアート・テイラーArt Taylor)というリズム・セクションが、フロントの二人を盛り立てます。

 

前述の通り「Wailing With Lou (Blue Note BLP-1545) 」は、巷のマニアな方々の評価として、大雑把に「ハード・バップ」として分類されているであろうアルバムですが・・・。

 

1曲目、急速調で演奏される「Caravan」では、ハードバップ以前の演奏スタイルである、荒々しいビバップ的な要素が顔を出しております。

 


www.youtube.com

 

1957年は、ジャズが他のジャンルの音楽を取り込みつつ、様々な方向に分岐しだす「胎動」の時期であったように思われます。

このような「先祖返り」的演奏が、ブルーノート(Blue Note Records)で行われていた事を思うに、ミュージシャンの皆さんも試行錯誤してたんだなあ・・・と。

 

バラッドの「Old Folks」では、ルー・ドナルドソンLou Donaldson)がソウル風味のアルトサックスを聴かせたかと思えば、続くピアノのハーマン・フォスター(Herman Foster)が、ファンキーなブロックコードでハッピーに盛り上げます。

 

ルー・ドナルドソンのオリジナル「That Good Old Feeling」は、明るくハッピーな雰囲気漂うミディアムテンポの曲です。

 

続く急速調の「Move It」も、ルー・ドナルドソンのオリジナル。

多分、「Lover Come Back To Me」とかのコード進行を下敷きに作られた曲の様に思われます(違ってたらスマン)。

 

バラッド調の「There Is No Greater Love」は、ドナルド・バードの端正なトランペットから始まる1曲。

 


www.youtube.com

 

テーマ後半部はルー・ドナルドソンの明るくソウル風味のアルトサックスが鳴り響き、ピアノのハーマン・フォスターがソロ一番手で短めに切り上げたあと、ルー・ドナルドソンドナルド・バードと短いながら印象に残るソロを聴かせてくれます。

 

アルバム最後を飾る「L.D. Blues」も、ルー・ドナルドソンのオリジナル。

ミディアム・テンポのファンキーなブルースです。

 


www.youtube.com

 

テーマ~ソロと続く、ハーマン・フォスターのやんちゃな暴れっぷりが爽快ですね(笑)。

 

東芝EMI「最後の復刻シリーズ」のレコードで聴いた時は、何とも「散漫な感じがするアルバムだなあ」・・・と思ったものですが、RVGリマスター盤CDで聴き直すと、結構、面白いアルバムである事が分かって良かったです。

 

Lou Donaldson - Wailing With Lou (RVG)
Blue Note BLP-1545 / 東芝EMI TOCJ-9088 [1999.03.25] 24 Bit By RVG

side 1 (A)
01. Caravan (Ellington, Mills, Tizol)  5:58
02. Old Folks (Lee Hill, Robison)  6:24
03. That Good Old Feeling (Lou Donaldson)  6:53

side 2 (B)
04. Move It (Lou Donaldson)  5:58
05. There Is No Greater Love (Jones, Symes)  6:55
06. L.D. Blues (Lou Donaldson)  5:19


Donald Byrd (tp) Lou Donaldson (as) Herman Foster (p) 
Peck Morrison (b) Art Taylor (ds) 

January 27, 1957 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

 

ウェイリング・ウィズ・ルー

ウェイリング・ウィズ・ルー

Amazon

 

ついでなんで、サイドメンバーのアルバムも紹介しておきます。