加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Bud Powell - The Time Waits (Blue Note) 1958」フィリー・ジョーのドラムに賛否あり

天才ピアニスト、バド・パウエルBud Powell)のブルーノート(Blue Note Records)第4弾「The Time Waits (Blue Note BST-81598)」は、ドラムスにフィリー・ジョー・ジョーンズPhilly Joe Jones)、ベースにサム・ジョーンズSam Jones)を迎えたトリオ編成によるアルバムです。

 

「Bud Powell - The Time Waits (Blue Note) 1958」フィリー・ジョーのドラムに賛否あり

私の場合、フィリー・ジョー・ジョーンズPhilly Joe Jones)の派手過ぎるドラムが五月蠅いので、バド・パウエルブルーノートに残した作品中で、一番聴いてないアルバムだと思います。

 

フィリー・ジョー・ジョーンズが叩き出すあのパワフルなドラムは、ホーン奏者を煽るには最適かもしれませんが、天才的なひらめき(と狂気)が失われた後の、どちらかというと雰囲気で聴かせる後期バド・パウエルのピアノには、フィットしない気がします・・・。

 

 

まあ、バド・パウエル自身もそう感じていたらしく、次作の日本では大人気盤である「The Scene Changes - The Amazing Bud Powell Vol.5」の録音では、ドラマーのアート・テイラーArt Taylor)に、「シンバル禁止!」、「ブラシだけで演奏しろ!」と言ったとか、言わないとか・・・・。

 

 

さて、「The Time Waits (Blue Note BST-81598)」の収録曲を、ざっくりと紹介していおきますね。

 

1曲目、冒頭からパワフルなドラムが炸裂するラテン調の「Buster Rides Again」、頭からパウエルが唸りまくっております。

 


www.youtube.com

 

「The Scene Changes - The Amazing Bud Powell Vol.5」にも、似たようなタイプの曲がありましたね・・・確か「Gettin' There」だったかな。

 

アップテンポで軽快に演奏される2曲目「Sub City」は、バド・パウエルフィリー・ジョー・ジョーンズのドラムに必要以上に煽られていて、ちょっとペースを乱してる風にも聴こえます。

 

タイトル曲でもある3曲目の「Time Waits」では、心に染み入るようなバラッドを堪能出来ます。

 


www.youtube.com

 

こんな風な哀愁漂う演奏は、ワビサビを心得た日本人の好みとマッチするでしょうねえ・・・。

 

4曲目、ややテンポの速いビバップ調の「Marmalade」では、サム・ジョーンズSam Jones)の長めのベースソロが挿入されます。


5曲目、ミディアム・テンポの「Monopoly」は、ラフなテーマからバド・パウエルの変化に富んだ演奏を聴くことが出来ます。

 

6曲目、アップテンポの「John's Abbey」は、もろビバップ風なナンバー。

 


www.youtube.com

 

ハイハットとブラシだけで演奏を盛り上げる、フィリー・ジョー・ジョーンズの生き生きとしたドラム・プレイが凄いですね。

この方法で全曲、演奏してくれればよかったのに(笑)。

 

7曲目の「Dry Soul」は、オーバーな位「ため」を効かせたブルースです。

 

オリジナル・アルバム最後となる8曲目は、何故か別テイクの「Sub City」で締め括られます。


なおCDにより、「John's Abbey (alternate take)」が追加されています。

 

Bud Powell - The Time Waits (The Amazing Bud Powell Vol. 4) +1 (RVG)
Blue Note BST-81598 / Blue Note 7243 5 21227 2 1 [1999] RVG Edition

side 1 (A)
01. Buster Rides Again (Bud Powell)  5:30
02. Sub City (Bud Powell)  4:32
03. Time Waits (Bud Powell)  5:06
04. Marmalade (Bud Powell)  4:28

side 2 (B)
05. Monopoly (Bud Powell)  4:47
06. John's Abbey (Bud Powell)  5:36
07. Dry Soul (Bud Powell)  6:41
08. Sub City [alternate take] (Bud Powell)  2:36

CD bonus track
09. John's Abbey (alternate take) (Bud Powell)  2:25


Bud Powell (p) Sam Jones (b) Philly Joe Jones (ds) 
May 24, 1958 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

 

ザ・タイム・ウェイツ

ザ・タイム・ウェイツ

Amazon