加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、ジャズの名盤について個人的感想を気まぐれに投稿。

「Bud Powell - Bud Plays Bird (Roulette)」発掘されたパーカー・ナンバー演奏集

マイケル・カスクーナ(Michael Cuscuna)が発掘し、1996年に「世紀の新発見」というキャッチ・コピー付きで発売されたアルバムが「Bud Plays Bird (Roulette CDP 7243 8 37137-2)」です。

 

「Bud Powell - Bud Plays Bird (Roulette)」発掘されたパーカー・ナンバー演奏集

 

バド・パウエルBud Powell)の他、ベースのジョージ・デュヴィヴィエ(George Duvivier)、ドラムスのアート・テイラーArt Taylor)というピアノ・トリオ編成で1957年11月14日、12月02日、そして翌年1958年01月30日の計3回に渡ったセッションから編纂されております。

 

渡欧直前の時期に当たる1957年末頃に録音され公開されているスタジオ録音は、全てブルーノート(Blue Note Records)から発売されており、「Bud Plays Bird (Roulette CDP 7243 8 37137-2)」は、その空白期を埋める貴重な発掘音源であるとも言えます。


因みにジャズ・アルトサックス界の革命児、チャーリー・パーカーCharlie Parker)は、1955年03月12日、34歳で逝去しておりますが、直後の1955年04月25日と27日には「Piano Interpretations By Bud Powell (Norgran MGN-1077/Verve MGV-8167)」、「Bud Powell - The Lonely One... (Verve MGV-8301)」に収録されるセッションをスタジオ録音。

 

 

翌年1956年にはたった2回ですが、スタジオ録音が行われ、1956年09月13日分は「Bud Powell - Blues In The Closet (Verve MGV-8218)」、1956年10月05日分は「Bud Powell - Strictly Powell (RCA Victor LPM-1423)」として発売されております。

 

 

 

翌1957年のスタジオ録音は、「Bud Powell - Swingin' With Bud (RCA Victor LPM-1507)」と「The Amazing Bud Powell Vol. 3 - Bud! (Blue Note BLP-1571)」と続いた後、今回発掘されたスタジオ録音が行われる訳です・・・。

 

kaji-jazz.hatenablog.com

 

蛇足ですが「Bud Plays Bird (Roulette CDP 7243 8 37137-2)」が発売された1996年は、「デジタル録音」及び「デジタルリマスター技術」が、2023年となった現代でも鑑賞に堪えうるレベルにようやく近づいてきた時期ですので、当時(1996)発売されたCDが今でも再デジタル・リマスターとかされず、流通している様ですね。

 

「Bud Plays Bird (Roulette CDP 7243 8 37137-2)」を、アルバム全編聴き通してみると、どの曲も安定した演奏となっておりますので、何曲かピックアップするだけに留めます。

 

唸り声上げつつミディアムで演奏される3曲目「Buzzy」は、タイトル見ないと、バド・パウエルBud Powell)の自作曲と間違ってしまう程、こなれて安定した演奏となっております。

 


www.youtube.com

 

クラシカルでやや異様な雰囲気のイントロから始まる8曲目の「Ko Ko」は、「Cherokee」のコード進行を下敷きに作られた曲。

 


www.youtube.com

 


超アップテンポで快調に演奏される14曲目「Salt Peanuts」は、ディジー・ガレスピーDizzy Gillespie)とケニー・クラークKenny Clarke)の共作でしたね。

 


www.youtube.com

 

アート・テイラーArt Taylor)の華麗なるブラシ捌きも堪能出来る1曲となっております。

 

 

「Bud Powell - Bud Plays Bird (Roulette)」発掘されたパーカー・ナンバー演奏集

 

Bud Powell - Bud Plays Bird
Capital/Roulette CDP 7243 8 37137-2 / Toshiba EMI TOCJ-6038 [1996.05.22]


01. Big Foot [long version] (aka "Drifting on a Reed") (Charlie Parker)  6:24
02. Shaw 'Nuff (Ray Brown, Gil Fuller, Dizzy Gillespie)  4:10
03. Buzzy (Charlie Parker)  4:02
04. Yardbird Suite (Charlie Parker)  4:04
05. Relaxin' at Camarillo (Charlie Parker)  4:27
06. Confirmation (Charlie Parker)  5:50
07. Billie's Bounce (Charlie Parker)  4:02
08. Ko Ko (Charlie Parker)  5:40
09. Barbados (Charlie Parker)  4:09
10. Dewey Square (Charlie Parker)  4:14
11. Moose the Mooche (Charlie Parker)  3:37
12. Ornithology (Benny Harris, Charlie Parker)  5:06
13. Scrapple from The Apple (Charlie Parker)  3:51
14. Salt Peanuts (Dizzy Gillespie, Kenny Clarke)  2:41
15. Big Foot [short version] (aka "Drifting on a Reed")  3:30


#02-04,06,08,11,14  October 14, 1957 in NYC.
Bud Powell (p) George Duvivier (b) Art Taylor (ds) 

#07,12  December 2, 1957 in NYC.
Bud Powell (p) George Duvivier (b) Art Taylor (ds) 

#01,05,09,10,13,15  January 30, 1958 in NYC.
Bud Powell (p) George Duvivier (b) Art Taylor (ds) 

 

Bud Plays Bird

Bud Plays Bird

Amazon

 

 

なお、ブルーノート(Blue Note Records)関連の録音は、すでにブログ記事にしてありますので、興味のある方は下記リンクを参照願います。

 

●The Amazing Bud Powell Vol. 3 - Bud! (Blue Note BLP-1571)

Curtis Fuller (tb) Bud Powell (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds)
August 3, 1957 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

 

●Bud Plays Bird (Roulette CDP 7243 8 37137-2) Sessions
 ◎October 14, 1957 in NYC.
 ◎December 2, 1957 in NYC.
 ◎January 30, 1958 in NYC.


●The Amazing Bud Powell Vol. 4 - Time Waits (Blue Note BLP-1598)

Bud Powell (p) Sam Jones (b) "Philly" Joe Jones (ds) 
May 24, 1958 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

 

kaji-jazz.hatenablog.com

 


●The Amazing Bud Powell Vol. 5 - The Scene Changes (Blue Note BLP-4009)

Bud Powell (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds) 
December 29, 1958 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

 

kaji-jazz.hatenablog.com