加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、ジャズの名盤について個人的感想を気まぐれに投稿。

「John Coltrane - Giant Steps (Atlantic) 1959」コード進行ジャズの極北

「Giant Steps (Atlantic)」は、ジョン・コルトレーンが目指していたジャズの最初の到達点、マイルストーン(Milestone)的なアルバムです。

 

「John Coltrane - Giant Steps (Atlantic) 1959」コードジャズの極北

 

この頃のコルトレーンは、単音楽器であるサックスでコードを鳴らすべく、「シーツ・オブ・サウンド」と呼ばれるような音を敷き詰めるよう吹きまくる奏法で演奏しておりました。

要するに普通の人だと「無茶やー!」という事を、天才セロニアス・モンクThelonious Monk)の「出来る」の一言を真に受け、生真面目なまでに追及してたんですね・・・。

モンクはん、あんた天才だからって、無茶いうのもたいがいにしとき・・・と、大阪弁もどきが出てしまう位、無茶苦茶な話である訳で。

 

てな訳で、タイトル曲「Giant Steps」はコルトレーンが追及したコード進行によるジャズ演奏の極限・極北を提示した1曲。

 


www.youtube.com

 

急速調かつコードが目まぐるしく変わる譜面を見ただけで、演奏する気さえ無くしたのが私・・・出来るか、こんなもん(笑)。

ここまで来ると、もう音楽を奏でると言うより「曲芸の類」ですね・・・まあ、真摯にプロを目指す「ジャズ修行僧」の皆様向け的な曲です。

 

「Giant Steps」出来ない奴がジャズを語るな・・・的な事を真顔で言ってしまえるミュージシャンとは「見てる世界」が違うんで、私(笑)。

 

そういう「技術論」とか「精神論」でしか音楽を語れない、狭い世界で天狗になってた連中が、壁にぶち当たって次々に、あっさりと潰れていった(精神的に病んだ)姿を見てるんで、「それは違うよ、音楽はそんな単純なものでないよ」と、あえて書いておきます。

 

www.jazzguitarstyle.com


で、コルトレーンは「Giant Steps」で提示したコード進行方法を、他のスタンダード曲などに当て嵌め演奏したりしてます。

そういうコルトレーン風コード進行を総括して、「コルトレーン・チェンジズ(Coltrane changes)」などと呼ばれております。

 

参考音源貼った「Summertime」とかが、コルトレーン・チェンジで演奏されてたはずです。

 


www.youtube.com

 

「Cousin Mary」は、マイルス・クインテットの名高いマラソン・セッションで録音されたマイルス作「Blues By Five」を元に作られた曲なんだとか・・・今、聴き比べてみましたが、すいません、類似性見えないです(笑)。


「Syeeda's Song Flute」は、「Art Taylor - A.T.'s Delight (Blue Note BST-84047)」でも取り上げられた曲で、私はそっちのバージョンを良く聴いてました(笑)。

 


www.youtube.com


バラッド「Naima」は、再演された回数もカバーされる回数も多いですね。

ブルース「Mr. P.C.」はベース奏者、ポール・チェンバースPaul Chambers)に捧げた曲です。

 

私が購入して聴いたのは「Giant Steps [Deluxe Edition] 」なので、そちらのデータを記載します。

 

John Coltrane - Giant Steps [Deluxe Edition] (1959)
Atlantic LP 1311(SD 1311) / Rhino R2 75203 

side 1 (A)
01. Giant Steps (John Coltrane)  4:46
02. Cousin Mary (John Coltrane)  5:49
03. Countdown (John Coltrane)  2:25
04. Spiral (John Coltrane)  6:02

side 2 (B)
05. Syeeda's Song Flute (John Coltrane)  7:05
06. Naima (John Coltrane)  4:25
07. Mr. P.C. (John Coltrane)  7:03

CD Bonus Tracks
08. Giant Steps [alternate version] (John Coltrane)  3:44
09. Naima [alternate version] (John Coltrane)  4:31
10. Cousin Mary [alternate take] (John Coltrane)  5:50
11. Countdown [alternate take] (John Coltrane)  4:37
12. Syeeda's Song Flute [alternate take] (John Coltrane)  7:11
13. Giant Steps [alternate version 2] (John Coltrane)  3:31
14. Naima [alternate version 2] (John Coltrane)  3:27
15. Giant Steps [alternate take] (John Coltrane)  4:51


#08,09,13,14  April 1, 1959 at Atlantic Studios in NYC.
John Coltrane (ts) Cedar Walton (p) Paul Chambers (b) Lex Humphries (ds)

#03,04,11  May 4, 1959 at Atlantic Studios in NYC.
John Coltrane (ts) Tommy Flanagan (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds)

#01,02,05,07,10,12,15  May 5, 1959 at Atlantic Studios in NYC.
John Coltrane (ts) Tommy Flanagan (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds)

#06  December 2, 1959 at Atlantic Studios in NYC.
John Coltrane (ts) Wynton Kelly (p) Paul Chambers (b) Jimmy Cobb (ds)

 

 

 

1959年04月01日の行われ、結局アルバムに収録されなかった第1回目の録音は、1959年03月02日、04月22日の2回に渡り行われたモードジャズの傑作アルバム「Miles Davis - Kind Of Blue (Columbia)」の録音の間なんですね。

 


www.youtube.com

 

マイルスが「もっと自由に演奏したいからモードに移行すんべかー」とやりだした同時期に、コルトレーンが「サックスだけでコードを表現したい!」と、コード進行の極北的な曲を作り、録音に参加したメンバーがどう演奏するか四苦八苦してた・・・というのも、なんとも面白いというか。

 

 

参考までに、オリジナル・アルバムに収録された2~4回までのセッションの詳細、付記しておきますね。

ピアノがウイントン・ケリー(Wynton Kelly)に代わった4回目のセッションは、アルバム「Coltrane Jazz (Atlantic)」にも収録されているようです。


Session #2 - John Coltrane Quartet
John Coltrane (ts) Tommy Flanagan (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds)
May 4, 1959 in NYC.

 

3462       Spiral                                Atlantic LP 1311 (Giant Steps)
3463       Sweet Sioux                      rejected
3469-1    Cousin Mary                    Atlantic LP 1311 (Giant Steps)
3469-2    Cousin Mary (alt. take)    Atlantic (J) P 6128A (Alternate Takes)

----------------------------------------
Session #3 - John Coltrane Quartet
John Coltrane (ts) Tommy Flanagan (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds)
May 5, 1959 in NYC.

3464-1    Countdown                               Atlantic LP 1311 (Giant Steps)
3464-2    Countdown (alt. take)                Atlantic (J) P 6128A (Alternate Takes)
3465        Naima                                       rejected
3466-1    Syeeda's Song Flute                   Atlantic LP 1311 (Giant Steps)
3466-2    Syeeda's Song Flute (alt. take)    Atlantic (J) P 6128A (Alternate Takes)
3467       Mr. P.C.                                        Atlantic LP 1311 (Giant Steps)
3468-3    Giant Steps (take 3)                     Rhino R2 71984 (The Heavyweight Champion)
3468-5    Giant Steps (take 5)                     Atlantic LP 1311 (Giant Steps)
3468-6    Giant Steps (take 6)                    Rhino R2 71984 (The Heavyweight Champion)

----------------------------------------
Session #4 - John Coltrane Quartet
John Coltrane (ts) Wynton Kelly (p) Paul Chambers (b) Jimmy Cobb (ds)
December 2, 1959 in NYC.

3891    Like Sonny                                     Atlantic LP 1354 (Coltrane Jazz)
3892    Harmonique                                   Atlantic LP 1354 (Coltrane Jazz)
3893    The Night Has A Thousand Eyes    rejected
3894    Equinox                                           rejected
3895    My Shining Hour                             Atlantic LP 1354 (Coltrane Jazz)
3896    Naima                                              Atlantic LP 1311 (Giant Steps)
3897    Some Other Blues                            Atlantic LP 1354 (Coltrane Jazz)
3898    Fifth House                                      Atlantic LP 1354 (Coltrane Jazz)


Atlantic LP 1311, SD 1311 John Coltrane - Giant Steps
Atlantic LP 1354, SD 1354 John Coltrane - Coltrane Jazz

Coltrane Jazz

Coltrane Jazz

Amazon

Atlantic (J) P 6128A, SD 1668 John Coltrane - Alternate Takes


Rhino R2 71984 John Coltrane - The Heavyweight Champion