加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、ジャズの名盤について個人的感想を気まぐれに投稿。

「Joe Henderson - Page One (Blue Note) 1963」一生付き合えるアルバム

ジョー・ヘンダーソンJoe Henderson)の人気盤「Page One (Blue Note BST-84140)」

 

「ジャズのあらゆるスタイルが含まれている」と言われる、ジョー・ヘンダーソンのスタイルを余すことなく伝えた、一生付き合えるアルバムです。

 

「Joe Henderson - Page One (Blue Note) 1963」一生付き合えるアルバム

このアルバムを聴いていると、部屋の温度が2度位下がるような、爽やかな雰囲気に包まれます。


このアルバムの収録曲は、ジョー・ヘンダーソン自身もお気に入りだったのか、晩年までライブで演奏しておりましたね。

 

また、共演する後見人的存在のケニー・ドーハムKenny Dorham)は、「Blue Bossa」、「La Mesha」の自作曲2曲を提供した他、ジャケット裏の解説まで担当する力の入れようです。

3曲目以降、残りの4曲はジョー・ヘンダーソン自身の作曲となります。

 


1曲目はお馴染み、ケニー・ドーハム作曲の「Blue Bossa」。


www.youtube.com

 

軽快なボサノバのリズムに乗り、爽やかな演奏が繰り広げされます。
自身のスタイルとは違っているそうですが、このアルバムのおかげでジョー・ヘンダーソンは、仕事が増えたとか。


続く2曲目の幻想的なバラッド「La Mesha」もケニー・ドーハム作曲。

 

曲名は、当時3歳だったケニー・ドーハムの娘さんの名前からいただいたらしいです。
ここでのジョー・ヘンダーソン、朝霧に包まれた山中みたいに幻想的な雰囲気の中、爽やかにブローしております。


3曲目の「Homestretch」は、キーがB♭のアップテンポ・マイナー・ブルース。

 


www.youtube.com

 

トップバッターのジョー・ヘンダーソンから、師匠のケニー・ドーハムに鮮やかにソロを受け渡す部分、二人の息がぴったり合っているのが良く分かります。

 


4曲目「Recorda-Me(Remember Me)」は、ジョー・ヘンダーソン作曲のボサノバ・ナンバー。

 


www.youtube.com

 

良く聴くと、キーが同じで「Blue Bossa」のアンサー・ソングみたいです。


エキゾチックな雰囲気漂う5曲目の「Jinrikisha」。曲名は、日本の「人力車」から拝借した模様。


ここでのジョー・ヘンダーソンジョン・コルトレーンJohn Coltrane)やウェイン・ショーターWayne Shorter)を彷彿とさせる力強い演奏を聴かせてくれます。

この曲調だと、ケニー・ドーハムのスタイルは、ちょっと浮いた(古い?)感じがするのは仕方無いですかね。


逆にコルトレーン・カルテットに在籍していたマッコイ・タイナーのソロは、ツボを押さえていて素晴らしいです。

 

ラストはファンキー・マイナー・ブルース(裏解説のまま)の「Out Of The Night」。

こういう古めの曲調の場合、ケニー・ドーハムが生き生きしたソロを聴かせてくれますね。もちろんジョー・ヘンダーソンも。

 

Joe Henderson - Page One (RVG)
Blue Note BST-84140 / 東芝EMI TOCJ-9069 [1999.01.27]


side 1 (A)
01. Blue Bossa (Kenny Dorham)  8:04
02. La Mesha (Kenny Dorham)  9:10
03. Homestretch (Joe Henderson)  4:16

side 2 (B)
04. Recorda-Me (Remember Me) (Joe Henderson)  6:03
05. Jinrikisha (Joe Henderson)  7:25
06. Out Of The Night (Joe Henderson)  7:24


Kenny Dorham (tp) Joe Henderson (ts) 
McCoy Tyner (p) Butch Warren (b) Pete La Roca (ds) 

June 3, 1963 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

ページ・ワン

ページ・ワン

Amazon

 


いろいろ書物を読んでいると、おもしろい経緯が分かりました。

 

最初は、ジョー・ヘンダーソンJoe Henderson)がケニー・ドーハムの演奏に惚れ込み、ケニー・ドーハムと同じように演奏したくて練習を重ね、遂には弟子入りを果たしたようなのです。

 

この辺りは、マイルス・デイヴィスMiles Davis)がチャーリー・パーカーCharlie Parker)に惚れ込み、弟子入りした経緯と同じようですね。

 

 


つまり、ジョー・ヘンダーソンの電磁波パルスの様に予測不可能な演奏のルーツには、
ケニー・ドーハムの要素が混じっているという事になります。

 

ジョー自身のインタビュー(出所失念)では、「(共演時には、)息継ぎからアクセントのつけ方までそっくりに吹くことが出来た。」というお話を読んだことがあります。

 

なんだかこの辺りは、クリフォード・ブラウンClifford Brown)と、ソニー・ロリンズSonny Rollins)の関係に似ていますね。

 

アット・ベイズン・ストリート +8

アット・ベイズン・ストリート +8

Amazon

 

そうして様々なスタイルを身に付けたジョー・ヘンダーソンの事を、「ジャズのあらゆるスタイルが含まれている」を評するサックス奏者がいる程です(誰かは失念)。