加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Duke Jordan - Two Loves (SteepleChase) 1973」「Flight To Denmark」と同日録音、動のアルバム

デューク・ジョーダンDuke Jordan)の「Two Loves (SteepleChase SCS-1024)」は、同日録音の 「Flight To Denmark(SteepleChase SCS-1011)」を「静のアルバム」とすると、対をなす「動のアルバム」です。

 

「Duke Jordan Trio - Two Loves (SteepleChase) 1973」「Flight To Denmark」と同日録音、動のアルバム

確か新発田高校の部活で意図せずビックバンド・ジャズを演奏する事になり、演奏の参考にと、新発田図書館にあったレコードを借りだした中にあった1枚が 「Flight To Denmark(SteepleChase)」でした(当時「No Problem」のビックバンド譜があった)。

 

確か、「Two Loves (SteepleChase SCS-1024)」は図書館に収納されておらず、何十年も静のイメージが強い「Flight To Denmark(SteepleChase)」ばっかり聴いてたものですから、初めて「Two Loves (SteepleChase)」を聴いた時は驚きましたね。

 

「何だ、こちらのアルバムの方が聴きやすいじゃないか!」

 

・・・まあ、そんなものです、世の中。長年、知らなかったものの方が良かったりするというね。

 

1曲目「Subway Inn」は、アルバム「危険な関係 Les Liaisons Dangereuses (Charlie Parker PLP-813)」でもクインテット編成で演奏されておりましたが。

 

Les Liaisons Dangereuses - O.S.T.

Les Liaisons Dangereuses - O.S.T.

Amazon

 

こちらの「Subway Inn」は、トリオによる軽快な演奏です。

 


www.youtube.com

 

4曲目のデューク・ジョーダン自作のバラッド「Two Loves」は、「Flight To Denmark (SteepleChase SCS-1011)」の方に入っていても違和感ない演奏です。

 

 


www.youtube.com

 

まあ、「Flight To Denmark (SteepleChase)」と同日録音だからですけどね(笑)。

 

 

「No Problem」の別テイクも収録されておりますが、こちらは「Flight To Denmark (SteepleChase)」とり、ややテンポ遅めの演奏です。

 


www.youtube.com

 

 

Duke Jordan - Two Loves +4 (1973)
SteepleChase SCS-1024 / SCCD-31024 [1990]

side 1 (A)
01. Subway Inn (Duke Jordan) 8:09
02. My Old Flame (Johnston, Coslow) 8:43
03. Blue Monk (Thelonious Monk) 5:12
04. Two Loves (Duke Jordan) 3:03

side 2 (B)
05. No Problem (Duke Jordan) 7:07
06. Glad I Met Pat [take 2] (Duke Jordan) 5:01
07. Here's That Rainy Day [take 2] (Jimmy Van Heusen, Johnny Burke) 1:53
08. Green Dolphin Street [take 1] (Bronisław Kaper, Ned Washington) 8:03

CD Bonus Tracks
09. Embraceable You (George Gershwin) 7:13
10. Wait and See (Duke Jordan) 2:43
11. I'll Remember April (Raye, DePaul, Johnson) 5:32
12. Lady Dingbat (Duke Jordan) 4:06
13. Jordu [take 1] (Duke Jordan) 5:19


#01,03-09,12,13  November 25, 1973 at Sound Track Studio, Copenhagen, Denmark.
Duke Jordan (p) Mads Vinding (b) Ed Thigpen (ds) 

#02,10,11  December 2, 1973 at Sound Track Studio, Copenhagen, Denmark.
Duke Jordan (p) Mads Vinding (b) Ed Thigpen (ds) 

 

トゥー・ラヴズ(紙ジャケット仕様)

トゥー・ラヴズ(紙ジャケット仕様)

Amazon
Two Lovers

Two Lovers

Amazon

 

対をなす静のアルバム「Flight To Denmark (SteepleChase SCS-1011)」もどうぞ。