加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Miles Davis - Collectors' Items (Prestige) 1953,1956」バードとロリンズの共演盤

マイルス・デイヴィスMiles Davis)の「Collectors' Items (Prestige PRLP-7044)」は1953年01月30日に行われたセッションと、マイルスがプレステッジ(Prestige)レコードを離れる直後の3年後、1956年03月16日に行われた消化試合的なセッションの2つを1枚にまとめた、オムニバス(omnibus)風のアルバムであります。

 

「Miles Davis - Collectors' Items (Prestige) 1953,1956」バードとロリンズの共演盤

アナログレコード時代には片面に1回分のセッションが収録されておりますが、マイルスの自叙伝で当時のエピソード読みつつ聴く事で面白味が増すアルバムです。

 

「Collectors' Items (Prestige PRLP-7044)」は、マイルス・デイヴィスMiles Davis)の他、最初のセッションに参加したソニー・ロリンズSonny Rollins)を、2回目のセッションにも参加させる事で、アルバムの統一性を持たせたように思われます。

 

また、バードの愛称でお馴染みのチャーリー・パーカーCharlie Parker)が1953年01月30日に行われたセッションに参加していたりと、メンバーが何気に豪華だったりします。

演奏される曲も「'Round About Midnight」や「In Your Own Sweet Way」といった人気曲も演奏しておりますね。

 

 

さて、1953年01月30日の録音には、何故かテナーサックスでチャーリー・パーカーCharlie Parker)が「Charlie Chan」名義で参加。ソニー・ロリンズとの2テナーで演奏しているので、ぼーっと聴いていると、どちらが演奏しているのか判別出来なくなります(笑)。

その他、ピアノにウォルター・ビショップ(Walter Bishop Jr.)、ベースにはパーシー・ヒース(Percy Heath)、ドラムスにはフィリー・ジョー・ジョーンズPhilly Joe Jones)が参加しております。

 

セッションの録音当日は、ソニー・ロリンズSonny Rollins)が刑務所から出所したての上、チャーリー・パーカーがクスリ(ヘロイン)の代わりにウォッカをがぶ飲みし、泥酔状態でセッションを混乱させていたようです。

 

酔っぱらい特有の訳の分からない事を喋った後、スタジオで眠り込んでしまったバードの姿にあきれたマイルスが楽器を片付けて帰ろうとした処、意識を取り戻したバードが演奏を促す事で録音が開始されたみたい。酔っ払いの行動は不可解(笑)。

 

1曲目と2曲目は、軽快なテンポで演奏されるマイルス・デイヴィスMiles Davis)の自作曲「蛇の歯(The Serpent's Tooth)」で、2曲目の方が若干、テンポ早めだと思います。

 


www.youtube.com

 

マイルスの個性を確立しつつある明確で堂々たるソロの後は、バード、ソニー・ロリンズの順でソロが演奏されていると思います、多分(笑)。

ウォルター・ビショップのピアノ・ソロの後、マイルスとフィリー・ジョー・ジョーンズの刺激的な4小節ソロ交換に突入します。

 

3曲目は、セロニアス・モンクThelonious Monk)の代表曲「'Round About Midnight」。

ギル・エヴァンスの例の編曲でないバージョンですが、これはこれで味わい深い。

バード、マイルス、ロリンズの順でソロが回りますが、この曲に関してはロリンズの貫禄勝ちかな。

 

重厚なアンサンブルでアップテンポに演奏される4曲目は、マイルス・デイヴィスの自作曲「Compulsion」。

 


www.youtube.com

 

マイルスの軽快なソロに続きバード、ロリンズ、ウォルター・ビショップの順にソロが回ります。

 

アルバムの後半、1956年03月16日の録音には、ピアノのトミー・フラナガンTommy Flanagan)、ベースのポール・チェンバースPaul Chambers)、ドラムスのアート・テイラーArt Taylor)が参加。

快調そのもののマイルスの、自信に満ち溢れたお得意のミュート・プレイを堪能出来ます。

 

マイルスはコロンビアとの契約も済ませた後、プレステッジ(Prestige Records)とのアルバム契約が残っているために行われた「消化試合」的なセッションだったようで。

 

またマイルスは自叙伝で「レコードの半面分を埋めるセッション」だと言及しているので、ソニー・ロリンズSonny Rollins)を参加させる事で、1953年01月30日の録音と合わせて発売するために企画されたセッションである事が分かります。

 

5曲目は、マイルス・デイヴィスの自作曲「No Line」。

アップテンポでマイルスの華麗なるミュート・プレイがお楽しみいただけます。

ブラウンーローチ・クインテットで頂点を極めつつあるソニー・ロリンズの豪快なテナー・ソロ、トミー・フラナガンの流暢なピアノ・ソロも聴きごたえ十分。

 

6曲目は、マイルス・デイヴィスの自作曲「Vierd Blues」。

ミディアム・テンポのブルースにおける、マイルスの陰影濃いトランペットの音色が良いですね。続くロリンズも余裕たっぷりのソロで、トミー・フラナガンに引き継ぎます。

 

7曲目は、デイブ・ブルーベック(Dave Brubeck)の代表的な1曲「In Your Own Sweet Way」は、このアルバム最大の聴きどころだと思います。

 


www.youtube.com

 

ミュート・トランペットで渋くキメるマイルス、やややんちゃに吹きつづるロリンズ、端正なトミー・フラナガンと、各人の個性引き立つソロが続きます。


この録音後の1956年05月11日には、録音契約を早めに終わらせるため、有名なマラソン・セッションが企画・録音されてますね。

 

 

「Miles Davis - Collectors' Items (Prestige) 1953,1956」バードとロリンズの共演盤

Miles Davis - Collectors' Items (1953/56)
Prestige PRLP-7044 / OJCCD-071-2 / Victor Entertainment VICJ-60342 [1999.09.22]

 

side 1 (A)
01. The Serpent's Tooth [take 1] (Miles Davis)  7:04
02. The Serpent's Tooth [take 2] (Miles Davis)  6:20
03. 'Round About Midnight (Thelonious Monk)  7:07
04. Compulsion (Miles Davis)  5:47

side 2 (B)
05. No Line (Miles Davis)  5:43
06. Vierd Blues (Miles Davis)  6:56
07. In Your Own Sweet Way (Dave Brubeck)  4:36


#01-04  January 30, 1953 at WOR Studios, NYC.
Miles Davis (tp) Charlie Parker as "Charlie Chan" (ts) Sonny Rollins (ts)

Walter Bishop Jr. (p) Percy Heath (b) Philly Joe Jones (ds)

 

#05-07  March 16, 1956 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
Miles Davis (tp) Sonny Rollins (ts) Tommy Flanagan (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds) 

 

 

 

 

 

「Collectors' Items (Prestige PRLP-7044)」に収録された1953年01月30日と、1956年03月16日、2回のセッションの前後の代表的な録音を付記しておきます。

 

◆セッション1回目(1953年01月30日)

May 9, 1952 at WOR Studios, NYC.
Miles Davis - Young Man With A Horn (Blue Note BLP-5013)
 ●Miles Davis Vol. 1 (Blue Note BLP-1501)
 ●Miles Davis Vol. 2 (Blue Note BLP-1502)

 


January 30, 1953 at WOR Studios, NYC.
Miles Davis - Collectors' Items (Prestige PRLP-7044)

Collector's Items

Collector's Items

Amazon

 

 

February 19, 1953 at Beltone Studios, NYC.
Miles Davis And Horns (Prestige PRLP-7025)

 

April 20, 1953 at WOR Studios, NYC.
Miles Davis Vol. 2 (Blue Note BLP-5022)
 ●Miles Davis Vol. 1 (Blue Note BLP-1501)
 ●Miles Davis Vol. 2 (Blue Note BLP-1502)

 


May 19, 1953 at WOR Studios, NYC.
Miles Davis - Blue Haze (Prestige PRLP-7054)

ブルー・ヘイズ

ブルー・ヘイズ

Amazon

 


◆セッション2回目(1956年03月16日)

October 26, 1955 at Columbia Studio D, NYC.
Miles Davis - 'Round About Midnight (Columbia CL-949)

ROUND ABOUT MIDNIGHT

ROUND ABOUT MIDNIGHT

Amazon

 

November 16, 1955 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
Miles Davis - Miles (Prestige PRLP-7014)


March 16, 1956 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
Miles Davis - Collectors' Items (Prestige PRLP-7044)

Collectors' Items

Collectors' Items

Amazon

 

May 11, 1956 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
Relaxin' With The Miles Davis Quintet (Prestige PRLP-7129)
●Workin' With The Miles Davis Quintet (Prestige PRLP-7166)
●Steamin' With The Miles Davis Quintet (Prestige PRLP-7200)

リラクシン(SHM-CD)

リラクシン(SHM-CD)

Amazon