加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Miles Davis - Sorcerer (Columbia) 1967」耽美的なバラッド多めのアルバム

「60年代黄金クインテット」を率いるマイルス・デイヴィスMiles Davis)のスタジオ録音第3弾が、1967年05月に録音された「Sorcerer (Columbia CS-9532/CL-2732)」です。

 

「Miles Davis - Sorcerer (Columbia) 1967」耽美的なバラッド多めのアルバム

ジャケットの女性は、後に結婚するシシリー・タイソン(Cicely Tyson)との事。

 


元気いっぱい過激な前2作と異なり、耽美的なバラッド多めなアルバム構成となっております。


何故か7曲目に1962年08月録音、ヴォーカリスト・ボブ・ドロー(Bob Dorough)を加えた「Nothing Like You」が収録されているのが、謎な処ではあります(笑)。


ウェイン・ショーターWayne Shorter)、ロン・カーターRon Carter)、ハービー・ハンコックHerbie Hancock)、トニー・ウィリアムスTony Williams)という当時最強の若手メンバーに刺激を受け、ソロ・フレーズも変化が始まったマイルスが、若手が作った曲中心で演奏に集中しているという感じのアルバムですね。

 

前作「Miles Smiles (Columbia CS-9401/CL-2601)」から始まる、マイルスとドラムスのトニー・ウィリアムスの演奏の主導権を賭けた真剣勝負(一騎打ち)が、当時のライブでは勿論の事、このアルバム内でも(時々)繰り広げている様に思えます。


前作と比べ、若干穏やかな雰囲気の曲もあったりするのは、シシリー・タイソン(Cicely Tyson)との交流が、マイルスに良い影響を及ぼしているのでしょう・・・。

 

 

1曲目「Prince Of Darkness」は、 ウェイン・ショーターWayne Shorter)の作品。

 


www.youtube.com

 

「60年代黄金クインテット」でのスタジオ録音第3弾という事で、マイルスのソロで繰り出される斬新なフレーズも、余裕たっぷりに吹き綴っている様に感じられます。

マイルス抜きのカルテットになった時のバンド・サウンドは、このメンバーでしか作り出せない新鮮な響きの様に思えます。

 


2曲目「Pee Wee」は、トニー・ウィリアムスTony Williams)の作品でありますが、何故かマイルス抜きの「ウェイン・ショーター・カルテット」での演奏となります。

マイルスが抜けた効果というか、程よい緊張感の中で演奏が進んで行きます。

 


3曲目「Masqualero」は、 ウェイン・ショーターWayne Shorter)の作品。この曲もライブでよく演奏されてましたね。

ゆったりとしたテンポで、マイルスはテンション高めでありますが、穏やかなソロを聴かせてくれます。

 


4曲目「The Sorcerer」は、ハービー・ハンコックHerbie Hancock)の作品。

 


www.youtube.com

 

魔法使い、魔術師を意味する「The Sorcerer」がタイトルとなっておりますが、確か、マイルスの事を意味する曲名だった様に記憶しております。

途中に聴く事が出来る、マイルスとウェインの緊密なソロ交換が素晴らしいですね。

 


耽美的なイントロから始まる5曲目「Limbo」は、 ウェイン・ショーターWayne Shorter)の作品。

トニー・ウィリアムスの煽りを受けたマイルスが、それならばと、一騎打ちで対峙しております。

 

これまた耽美的な6曲目「Vonetta」も、 ウェイン・ショーターWayne Shorter)の作品。

穏やかな雰囲気の中、演奏が進みますが、同時期に録音された「Nefertiti (Columbia CS-9594)」に通じる「妖しさ」を醸し出す演奏でもあります。

 


7曲目「Nothing Like You」は、1962年にオムニバス・アルバム「Jingle Bell Jazz (Columbia CS-8693/CL-1893)」用のセッションで録音された曲。

 


www.youtube.com

 

何でこの曲が収録されたのか謎ではありますが、LPレコード時代にはA面が4曲で約25分、B面が1967年のセッション2曲で約13分という不思議な時間配分であり、2分程の「Nothing Like You」を追加収録しても、収録時間的には余裕だったりしますが、それならA面から1曲、B面に振り分ければいいような気がします(笑)。

 

過激な前作「Miles Smiles (Columbia CS-9401/CL-2601)」が、思ったほど売れなかったため、急遽、テコ入れの意味でヴォーカル曲を追加したのではないかと、邪推してしまったり・・・。

 

1967年というと「The Beatles」を筆頭としたロック系ミュージシャンの売り上げが右肩上がりに増大している時期であり、過激な演奏に突っ走るインスト系ジャズ・アルバムの売り上げに陰りが見えていた時期でもありますから、まあレコード会社内部で、色々と駆け引きが繰り広げられていたでしょうね・・・。

 

 

Miles Davis - Sorcerer
Columbia CS-9532/CL-2732 / Sony Records SRCS-9115 [1996.09.21]

side 1 (A)
01. Prince Of Darkness (Wayne Shorter)  6:29
02. Pee Wee (Tony Williams)  4:50
03. Masqualero (Wayne Shorter)  8:55
04. The Sorcerer (Herbie Hancock)  5:11

side 2 (B)
05. Limbo (Wayne Shorter)  7:16
06. Vonetta (Wayne Shorter)  5:39

07. Nothing Like You (B. Dorough, F. Landesman)  1:59


#05,06  May 16, 1967 at Columbia Studio B, NYC. 
#03,04  May 17, 1967 at Columbia Studios, NYC.
#01,02  May 24, 1967 at Columbia Studios, NYC.

Miles Davis (tp) Wayne Shorter (ts) Herbie Hancock (p) Ron Carter (b) Tony Williams (ds) 


#07  August 21, 1962 in NYC.

Miles Davis (tp) Frank Rehak (tb) Wayne Shorter (ts) Paul Chambers (b) Jimmy Cobb (ds) 
Willie Bobo (per) Bob Dorough (vo) 

 

 

 

<1962>
August 21, 1962 in NYC.

Miles Davis - Sorcerer (Columbia CS-9532/CL-2732)
●Various Artists - Jingle Bell Jazz (Columbia CS-8693/CL-1893)


<1965>
January 20, 1965 at Columbia Studios, Los Angeles, CA.
January 21, 1965 at Columbia Studios, Los Angeles, CA.
January 22, 1965 at Columbia Studios, Los Angeles, CA.

Miles Davis - E.S.P. (Columbia CS-9150/CL-2350)

E.S.P.

E.S.P.

  • Columbia/Legacy
Amazon

 


March 4, 1965 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Wayne Shorter - The Soothsayer (Blue Note GXF-3054/LT-988)

March 17, 1965 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Herbie Hancock - Maiden Voyage (Blue Note BLP-4195/BST-84195)

August 12, 1965 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

●Anthony Williams - Spring (Blue Note BLP-4216/BST-84216)

October 15, 1965 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Wayne Shorter - The All Seeing Eye (Blue Note BLP-4219/BST-84219)

 


December 22, 1965 at Plugged Nickel, Chicago, IL.
December 23, 1965 at Plugged Nickel, Chicago, IL.

Miles Davis - Complete Live At Plugged Nickel 1965 (CBS/Sony SRCS-5766/72)
Miles Davis At Plugged Nickel Vol. 1 (CBS/Sony 18AP-2067, 23AP-2567, 25AP-1)
Miles Davis At Plugged Nickel Vol. 2 (CBS/Sony 18AP-2068, 23AP-2568, 25AP-291)
Miles Davis At Plugged Nickel (Columbia C2-38266)
Miles Davis - Cookin' At The Plugged Nickel (Columbia CJ-40645, CK-40645)

 


<1966>
February 3, 1966 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.
February 24, 1966 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Wayne Shorter - Adam's Apple (Blue Note BLP-4232/BST-84232)


October 24, 1966 at Columbia 30th Street Studios, NYC.
October 25, 1966 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Miles Smiles (Columbia CS-9401/CL-2601)

 


<1967>
March 10, 1967 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Wayne Shorter - Schizophrenia (Blue Note BST-84297)


May 16, 1967 at Columbia Studio B, NYC.
May 17, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.
May 24, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Sorcerer (Columbia CS-9532/CL-2732)

 

 

June 7, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Nefertiti (Columbia CS-9594)
Miles Davis - Water Babies (Columbia PC-34396)

 


June 13, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Water Babies (Columbia PC-34396)


June 22, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Nefertiti (Columbia CS-9594)


June 23, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Nefertiti (Columbia CS-9594)
Miles Davis - Water Babies (Columbia PC-34396)


July 19, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Nefertiti (Columbia CS-9594)


<1968>
March 6, 1968 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.
March 9, 1968 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Herbie Hancock - Speak Like A Child (Blue Note BST-84279)