加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Miles Davis - Nefertiti (Columbia) 1968」耽美的なウェイン・ショーター・サウンドの到達点かな

「60年代黄金クインテット」を率いるマイルス・デイヴィスMiles Davis)のスタジオ録音第4弾は、1967年06~07月にかけ4回行われた録音から拾遺された「Nefertiti (Columbia CS-9594)」です。

 

「Miles Davis - Nefertiti (Columbia) 1968」耽美的なウェイン・ショーター・サウンドの到達点かな


シシリー・タイソン(Cicely Tyson)の顔のドアップがあしらわれた「Sorcerer (Columbia CS-9532/CL-2732)」と対になる構図で、マイルスのドアップ写真が使われておりますね。

 

「Miles Davis - Nefertiti (Columbia) 1968」耽美的なウェイン・ショーター・サウンドの到達点かな

 

ソロがまったく登場しない「Nefertiti」を筆頭に前作同様、耽美的な雰囲気が濃厚に漂うアルバムであります。

 

本作もマイルスの自作曲はなく、ウェイン・ショーターWayne Shorter)が3曲、ロン・カーターRon Carter)なし、ハービー・ハンコックHerbie Hancock)が2曲、トニー・ウィリアムスTony Williams)が1曲という曲の構成となっており、どの曲も、ウェイン・ショーターの耽美的な雰囲気が濃厚となっているように感じられます。

 

 

耽美的な1曲目「Nefertiti」は、 ウェイン・ショーターWayne Shorter)の作品。

 


www.youtube.com

 

噂によると、スタジオでテーマ部分の練習をしていたものを録音してて、そのまま発売しちゃった(てへ)という事らしいですが、フロントの二人がテーマの吹き方を微妙に変えつつ演奏が進む中、リズム隊の三人が次第に高揚した演奏を繰り広げる演奏となっております。

 

マイルス自身が『「Nefertiti」は完璧だ。ソロをとりたければ、とればいい』と、(ある意味)開き直った発言をしている事からも、約8分に及びソロなしでリズム隊のアプローチを変えるだけのジャズもいいんじゃない?と、マイルスが試行錯誤を繰り返してる様子が伺えたりします・・・。

 

 

これまた耽美的な2曲目「Fall」も、 ウェイン・ショーターWayne Shorter)の作品。

 

マイルスとウェインのバックリフが入る中、マイルスに続きソロを繰り広げるハービー・ハンコックの演奏は、1968年に録音される「Herbie Hancock - Speak Like A Child (Blue Note BST-84279)」に通じるものがあり、興味深いですね。

 


耽美感ありつつも、ややアップテンポ気味の3曲目「Hand Jive」は、トニー・ウィリアムスTony Williams)の作品。

マイルスのソロに突入すると同時に、トニーの一騎打ちが始まりますが、あくまで理知的で音楽性の高い演奏を聴く事が出来ます。
ウェイン・ショーターのソロ以降は、若手四人のはじけ気味な演奏にシフトするのもご愛敬(笑)。


テーマ部がやや明るめな4曲目「Madness」は、如何にもハービー・ハンコックHerbie Hancock)という風情の作品。

でも、マイルスのトニーとの一騎打ち的ソロに突入すると耽美的でダークな雰囲気が漂います(笑)。
この演奏を聴くと、明るいハービーの曲が少な目で、耽美的なウェイン・ショーターの曲多めになっている理由が何となく伺えたりしますね。

 


5曲目「Riot」は、ハービー・ハンコックHerbie Hancock)の作品。

 


www.youtube.com

 

暖色系のアルバム「Herbie Hancock - Speak Like A Child (Blue Note BST-84279)」で再演される曲でありますが、ここでは耽美的でダークなウェイン・ショーターの世界に染まった演奏として録音されております。

 


耽美的な6曲目「Pinocchio」も、 ウェイン・ショーターWayne Shorter)の作品。

 


www.youtube.com


クインテットの5人全ての個性が絶妙に交じり合った演奏ではないかと思えます・・・(個人的感想)。

 

 


ボーナス・トラックである7曲目と8曲目は、トニー・ウィリアムスTony Williams)の作品「Hand Jive」の別テイク、9曲目は、ハービー・ハンコックHerbie Hancock)の作品「Madness」の別テイクとなっておりますが、それぞれ一聴する限り、本テイクとそれほど差がない様に思われます・・・。


10曲目は、ウェイン・ショーターWayne Shorter)の作品「Pinocchio」の別テイクですね。

 

「Nefertiti」に近い感じで、オリジナルテイクより遅めのテンポにて演奏されておりますが、多分、これも「Nefertiti」同様、テーマ部の練習を録音してたものだと思われます(笑)。

 

 

Miles Davis - Nefertiti +4 (1968)
Columbia CS-9594 / SME SRCS-9747 [2001/05/23]

 

side 1 (A)
01. Nefertiti (Wayne Shorter)  7:52
02. Fall (Wayne Shorter)  6:39
03. Hand Jive (Tony Williams)  8:54

side 2 (B)
04. Madness (Herbie Hancock)  7:31
05. Riot (Herbie Hancock)  3:04
06. Pinocchio (Wayne Shorter)  5:08

 

Bonus Tracks
07. Hand Jive [first alternate take] (Tony Williams)  6:45
08. Hand Jive [second alternate take] (Tony Williams)  8:00

09. Madness [alternate take] (Herbie Hancock)  6:40
10. Pinocchio [alternate take] (Wayne Shorter)  5:05


#01 June 7, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC. 
#03 & 07,08 June 22, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.
#04 & 09 June 23, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.
#02,05,06 & 10 July 19, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis (tp) Wayne Shorter (ts) Herbie Hancock (p) Ron Carter (b) Tony Williams (ds)

 

 

「Nefertiti (Columbia CS-9594)」で、60年代黄金クインテットとして、アコーステックな演奏でやれる事は全部やってしまったと感じたのか、マイルス・デイヴィスMiles Davis)は(最初は嫌がる)メンバーに、エレクトリック・ベースやエレキ・ピアノなど、電子楽器への持ち替えを指示する様になります。

 

そのメンバーの意思を半ば無視した形で進められた「サウンド改革」が、メンバーの離反を促進し、メンバー交代劇に繋がる訳でございますが、その辺りの話は次回以降に・・・。

 

 

 

<1962>
August 21, 1962 in NYC.

Miles Davis - Sorcerer (Columbia CS-9532/CL-2732)
●Various Artists - Jingle Bell Jazz (Columbia CS-8693/CL-1893)


<1965>
January 20, 1965 at Columbia Studios, Los Angeles, CA.
January 21, 1965 at Columbia Studios, Los Angeles, CA.
January 22, 1965 at Columbia Studios, Los Angeles, CA.

Miles Davis - E.S.P. (Columbia CS-9150/CL-2350)

E.S.P.

E.S.P.

Amazon

 

March 4, 1965 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Wayne Shorter - The Soothsayer (Blue Note GXF-3054/LT-988)

March 17, 1965 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Herbie Hancock - Maiden Voyage (Blue Note BLP-4195/BST-84195)

August 12, 1965 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

●Anthony Williams - Spring (Blue Note BLP-4216/BST-84216)

October 15, 1965 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Wayne Shorter - The All Seeing Eye (Blue Note BLP-4219/BST-84219)

 


December 22, 1965 at Plugged Nickel, Chicago, IL.
December 23, 1965 at Plugged Nickel, Chicago, IL.

Miles Davis - Complete Live At Plugged Nickel 1965 (CBS/Sony SRCS-5766/72)
Miles Davis At Plugged Nickel Vol. 1 (CBS/Sony 18AP-2067, 23AP-2567, 25AP-1)
Miles Davis At Plugged Nickel Vol. 2 (CBS/Sony 18AP-2068, 23AP-2568, 25AP-291)
Miles Davis At Plugged Nickel (Columbia C2-38266)
Miles Davis - Cookin' At The Plugged Nickel (Columbia CJ-40645, CK-40645)


<1966>
February 3, 1966 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.
February 24, 1966 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Wayne Shorter - Adam's Apple (Blue Note BLP-4232/BST-84232)


October 24, 1966 at Columbia 30th Street Studios, NYC.
October 25, 1966 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Miles Smiles (Columbia CS-9401/CL-2601)

 


<1967>
March 10, 1967 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Wayne Shorter - Schizophrenia (Blue Note BST-84297)

 


May 16, 1967 at Columbia Studio B, NYC.
May 17, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.
May 24, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Sorcerer (Columbia CS-9532/CL-2732)

 


June 7, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Nefertiti (Columbia CS-9594)
Miles Davis - Water Babies (Columbia PC-34396)

NEFERTITI

NEFERTITI

Amazon

 


June 13, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Water Babies (Columbia PC-34396)

WATER BABIES

WATER BABIES

Amazon

 


June 22, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Nefertiti (Columbia CS-9594)


June 23, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Nefertiti (Columbia CS-9594)
Miles Davis - Water Babies (Columbia PC-34396)


July 19, 1967 at Columbia 30th Street Studios, NYC.

Miles Davis - Nefertiti (Columbia CS-9594)


<1968>
March 6, 1968 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.
March 9, 1968 at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

Herbie Hancock - Speak Like A Child (Blue Note BST-84279)