加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Miles Davis – Birth Of The Cool (Capitol) 1950」西海岸クール・ジャズの教科書

マイルス・デヴィス(Miles Davis)の「Birth Of The Cool (Capitol)」は、ジャズ界におけるマイルストーン(milestone)的な作品。

 

「Miles Davis – Birth Of The Cool (Capitol) 1950」西海岸クール・ジャズの教科書

※ジャケット写真は「Discogs」からお借りしました。

 

「クールの誕生(Birth Of The Cool)」というタイトルは、レコード会社が勝手に命名したようですが。

 

このアルバムが、1950年代に米西海岸で隆盛したクール・ジャズ(ウエスト・コースト・ジャズ)の誕生に大きく寄与した事は、ショーティ・ロジャーズ(Shorty Rogers)など、関係ミュージシャン達の証言から裏付けされた間違いない事実のようです。

 

ちなみにマイルストーンとは、1マイル(約1.6km)おきに道路に置いてある標石の事。

 

このアルバムでマイルス・デヴィス(Miles Davis)は、単なるミュージシャンからジャズ界の革新者としての道を進みはじめる事になります。

 

マイルス・デヴィスが残した作品群には、選び抜かれた美しいメロディ(テーマ)を、考え抜かれた斬新なリズムパターンで引き立て、そこに美メロなソロを重ねるという、マイルスの考える「音の美学」が、そこかしこに見え隠れしておりますね。

 

以降、1959年録音の「Kind Of Blue (Colmbia)」は、モード・ジャズという新しいスタイルを提示。

 

1969年録音の「Bitches Brew (Colmbia)」はクロスオーバー・ジャズの先駆け的アルバムであり、ロックを中心に聴いていた音楽ファン層にアピール出来た事で、これまた白人ジャズミュージシャンを中心としたジャズ・ロック勢を勢いつけるとなります。

こんな感じで10年毎にジャズ界のマイルストーン的作品を発表。いずれも内容の革新性と相まって、大ベストセラー作品となっております。

 


さて、アルバム「Birth Of The Cool」で聴くことが出来るサウンドは、ギル・エヴァンス(Gil Evans)の家で開かれていた有志によるワークショップから生まれたサウンドイメージに、マイルス・デヴィスが欲したクラッシックの響きを加え、さらにマイルス曰く「誰もやった事のない」リズムパターンを、組み合わせたものなんだそうです。

 


www.youtube.com

 

九重奏団にはリズムセクションに加え、トランペット、アルトサックス、そこに低音楽器4本が加わります。

 

バリトン・サックス、トロンボーン、チューバ、フレンチ・ホルンが加わった低音楽器多めの豊かなアンサンブルは、斬新な響きで聴衆を驚かせた事でしょう。

 


www.youtube.com

 

「Birth Of The Cool」は、ギル・エヴァンス(Gil Evans)が編曲家として関わっていた、当時人気のダンス・バンド、クロード・ソーンヒル(Claude Thornhill)楽団のサウンドを九重奏団という少人数で表現してみた、という識者の意見もあるようです。

 

 

 

1949年01月から1950年03月にかけて行われたスタジオ録音の編曲は、ジェリー・マリガンGerry Mulligan)が6曲、ジョン・ルイス(John Lewis)が3曲、ギル・エヴァンス(Gil Evans)が2曲。

そして残り1曲をジョン・カリシ(John Carisi)が担当しております。


ビバップ時代の典型的な起伏の激しく騒がしいソロを封印し、3分前後の曲の中で、短いながらも美しいメロディ(ソロ)をマイルスが吹いております。

 

魅力的な美メロ(ソロ)を吹くマイルスの姿に、喧騒的で技巧の追及に終始する「ビバップサウンドからの脱却を模索していたミュージシャンや、「ビバップ」のマンネリ化を肌で感じていた聴衆が飛びついた感じですかね。

 


www.youtube.com

 

リー・コニッツLee Konitz)、ジェリー・マリガンGerry Mulligan)ら、白人系ミュージシャンも短いながらも、クール・ジャズを先取りしたかのような、美しいソロを聴かせてくれます。

 


www.youtube.com

 

今回参考音源とした1998年の発売された「Miles Davis – The Complete Birth Of The Cool」には1948年、九重奏団結成初期のライブ録音(多分、ラジオ放送音源)が含まれております。

 

「Miles Davis – Birth Of The Cool (Capitol) 1950」西海岸クール・ジャズの教科書

Miles Davis – The Complete Birth Of The Cool
Capitol T-762(10inch LP) / Capitol Jazz CDP 7243 4 94550 2 3 (1998) / 東芝EMI TOCJ-6200 [1998.06.24]

 

●The Studio Sessions [January 21, 1949 - March 9, 1950]

side 1 (A)
01. Move (Denzil Best /arr by John Lewis)  2:33
02. Jeru (Gerry Mulligan /arr by Gerry Mulligan)  3:13
03. Moon Dreams (C. MacGregor, J. Mercer /arr by Gil Evans)  3:19
04. Venus De Milo (Gerry Mulligan /arr by Gerry Mulligan)  3:13
05. Budo (Bud Powell, Miles Davis /arr by John Lewis)  2:34
06. Deception (Miles Davis /arr by Gerry Mulligan)  2:49

side 2 (B)
07. Godchild (George Wallington /arr by Gerry Mulligan)  3:11
08. Boplicity (Cleo Henry /arr by Gil Evans)  3:00
09. Rocker (Gerry Mulligan /arr by Gerry Mulligan)  3:06
10. Israel (John Carisi /arr by John Carisi)  2:18
11. Rouge (John Lewis /arr by John Lewis)  3:15
12. Darn That Dream (E. DeLange, J. Van Heusen /arr by Gerry Mulligan)  3:25

 

●The Live Sessions [September 4, 1948]
Charlie Parker - Miles Davis - Lee Konitz (Ozone 2)

13. Birth Of The Cool Theme (Gil Evans /arr by Gil Evans)  0:19
14. Symphony Sid Announces The Band    1:02
15. Move (Denzil Best /arr by John Lewis)  3:40
16. Why Do I Love You (DeSylva, Gershwin, Gershwin /arr by John Lewis)  3:41
17. Godchild (George Wallington /arr by Gerry Mulligan)  5:51
18. Symphony Sid Introduction    0:27
19. S'il Vous Plait (John Lewis /arr by John Lewis)  4:22
20. Moon Dreams (C. MacGregor, J. Mercer /arr by Gil Evans)  5:06
21. Budo (Hallucination) (Bud Powell, Miles Davis /arr by John Lewis)  1:25

●The Live Sessions [September 18, 1948]
The Persuasively Coherent Miles Davis (Alto AL-701)

22. Darn That Dream (E. DeLange, J. Van Heusen /arr by Gerry Mulligan)  4:25
23. Move (Denzil Best /arr by John Lewis)  4:48
24. Moon Dreams (C. MacGregor, J. Mercer /arr by Gil Evans)  3:46
25. Budo (Hallucinations) (Bud Powell, Miles Davis /arr by John Lewis)  4:23


●The Studio Sessions

#01,02,05,07 - January 21, 1949 in NYC.
#04,08,10,11 - April 22, 1949 in NYC.
#03,06,09,12 - March 9, 1950 in NYC.

Miles Davis (tp) Lee Konitz (as) Gerry Mulligan (bs) Bill Barber (tuba) 
Kai Winding (tb #1,2,5,7) J.J. Johnson (tb #3,4,6,8-12) 
Junior Collins (french horn #1,2,5,7) Gunther Schuller (french horn #3,6,9,12) 
Sandy Siegelstein (french horn #4,8,10,11)
Al Haig (p #1,2,5,7), John Lewis (p #3,4,6,8-12)
Joe Shulman (b #1,2,5,7) Al McKibbon (b #3,6,9,12) Nelson Boyd (b #4,8,10,11)
Max Roach (ds #1-3,5-7,9,12) Kenny Clarke (ds #4,8,10,11)

Kenny Hagood (vo #12)

John Lewis (arr #01,05,11) Gerry Mulligan (arr #02,04,06,07,09,12) Gil Evans (arr #03,08) John Carisi (arr #10) 


●The Live Sessions

#13-21 - September 4, 1948 at The Royal Roost, NYC.
#22-25 - September 18, 1948 at The Royal Roost, NYC.

Miles Davis (tp) Lee Konitz (as) Gerry Mulligan (bs) Bill Barber (tuba) 
Mike Zwerin (tb) Junior Collins (french horn) 
John Lewis (p) Al McKibbon (b) Max Roach (ds) 

Kenny Hagood (vo #16,22)

John Lewis (arr #15,16,19,21,23,25) Gerry Mulligan (arr #17,22) Gil Evans (arr #13,20,24) 


Original Studio Sessions Producer – Pete Rugolo
Reissue Producer – Mark Levinson, Michael Cuscuna, Phil Schaap

 

Birth of the Cool

Birth of the Cool

Amazon
Miles Davis: Birth of the Cool

Miles Davis: Birth of the Cool

  • Hal Leonard Publishing Corporation
Amazon

 

The Complete Birth of the Cool

The Complete Birth of the Cool

Amazon

 

さて前述の通り、アルバム「Birth Of The Cool」で聴かれるサウンドを意欲的に取り入れ出来上がったのが、ジェリー・マリガンGerry Mulligan)ら白人ミュージシャンを中心に隆盛した「クール・ジャズ(ウエスト・コースト・ジャズ)」です。

 

ショーティ・ロジャーズ(Shorty Rogers)は、ビックバンド・ジャズのサウンドを「Birth Of The Cool」に寄せたようなアルバムを作っているようです。

 


www.youtube.com

 

Cool & Crazy

 

そういえばジェリー・マリガンGerry Mulligan)は後年、「Birth Of The Cool」の再演とかやってましたね。

 


www.youtube.com

 

クールの再誕生

クールの再誕生

Amazon

 

 

リー・コニッツLee Konitz)は私も大好きですが、色々と名盤がございます。