加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Thelonious Monk - Thelonious Monk and Sonny Rollins (Prestige) 1954」ロリンズとモンクの共演盤

モダンジャズ・サックスの巨人であり一時期、世界中のモダン・テナーサックス奏者のお手本となった、ソニー・ロリンズSonny Rollins)と、孤高の天才、セロニアス・モンクThelonious Monk)の共演を集めた拾遺集が、今回の「Thelonious Monk and Sonny Rollins (Prestige PRLP-7075)」です。

 

「Thelonious Monk - Thelonious Monk and Sonny Rollins (Prestige) 1954」ロリンズとモンクの共演盤


1950年代のモダン・ジャズ・シーンにおいて、テナーサックス奏者の最高位に君臨していたソニー・ロリンズSonny Rollins)の豪快なテナーを堪能出来る1枚でもあります。

 

あの我が道を突き進んだジョン・コルトレーンJohn Coltrane)でさえ、マイルス・デイヴィスMiles Davis)のクインテットで活動してた頃は、豪快にテナーを吹き鳴らすソニー・ロリンズには、かなわなかったようですし。

 

Tenor Madness

Tenor Madness

Amazon

 

まあ、フリージャズ期には、ソニー・ロリンズの方が、暴力的に吹き散らかすジョン・コルトレーンオーネット・コールマンOrnette Coleman)を追従する立場だったようですけど、演奏のコンセプトやスタイルが、「モダンジャズ」と「フリージャズ」ではかなり異なりますからね。

 

あと、マイルスが50年代の有名なクインテットを結成する際、第一候補のソニー・ロリンズが雲隠れしてて連絡がつかず、ジョン・コルトレーンを雇ったという話もありましたね。


さて、「Thelonious Monk and Sonny Rollins (Prestige PRLP-7075)」は最初、3枚の10インチLPとして発売されたセッションから拾遺されたアルバムです。

 

プレステッジ(Prestige Records)らしい大雑把な拾遺のアルバムではありますが、レコードの収録時間を考慮した結果か、セッション毎に連続して収録してあります。

 


1曲目「The Way You Look Tonight」と2曲目「I Want To Be Happy」が、ソニー・ロリンズ含むカルテットによる演奏で1954年10月に録音され、10インチLP「Sonny Rollins - Sonny Rollins And Thelonious Monk (Prestige PRLP-190)」として発売されたセッションより。

 

 

なお、同セッションの他の曲は、「Sonny Rollins - Moving Out (Prestige PRLP-7058)」に収録されております。

 


1曲目「The Way You Look Tonight」は、王者の余裕たっぷりに豪快に吹き綴るソニー・ロリンズが楽しめる1曲。

 


www.youtube.com

 

セロニアス・モンクの短いソロを挟み、再びソニー・ロリンズが登場します。

 

2曲目「I Want To Be Happy」も、ソニー・ロリンズは快調。


アート・テイラーArt Taylor)が、アート・ブレイキーっぽいドラムの叩き方で、モンクのバッキングを盛り上げます。

 


3曲目「Work」と4曲目「Nutty」が、アート・ブレイキー(Art Blakey)含むセロニアス・モンク・トリオによる演奏で1954年09月に録音され、10インチLP「Thelonious Monk - Thelonious Monk Plays (Prestige PRLP-189)」として発売されたセッションより。

 

 

なお、同セッションの他の曲は、「Thelonious Monk Trio (Prestige PRLP-7027)」に収録されております。

 

3曲目「Work」は、モンクのミステリアスでリズミックな面が垣間見える曲。

 


www.youtube.com

 

アート・ブレイキー(Art Blakey)とパーシー・ヒース(Percy Heath)の短いソロを挟んで、セロニアス・モンクの特徴的なソロフレーズを堪能出来ます。

 

4曲目「Nutty」は、モンクのユーモラスな一面がうかがい知れる1曲。


モンクは終始うきうきした感じでリズミックなソロを展開します。

 


5曲目「Friday The 13th」が、フレンチ・ホルンのジュリアス・ワトキンス(Julius Watkins)とソニー・ロリンズ含むクインテットによる演奏で1953年11月に録音され、10インチLP「Thelonious Monk - Blows For LP (Prestige PRLP-166)」として発売されたセッションより。

 

 

なお同セッションの他の曲は、「Thelonious Monk (Prestige PRLP-7053)」でに収録されております。


さて、5曲目「Friday The 13th(13日の金曜日)」は、印象的ながら短めのテーマに続き、10分にも及ぶソロリレーが展開される曲。

 


www.youtube.com

 

ソニー・ロリンズの余裕たっぷりなソロに続き、ジャズでは珍しいジュリアス・ワトキンスによるフレンチ・ホルンによるソロを聴くことが出来ます。セロニアス・モンクのソロもゆったりとして聴きやすいですね。

 

ロリンズ、ワトキンス、モンクが入り乱れるソロ交換の後、テーマに雪崩れ込んでいきます。

 

Thelonious Monk and Sonny Rollins (Prestige PRLP-7075)」は、1959年に「Thelonious Monk, Sonny Rollins - Work (Prestige PRLP-7169)」と改題、ジャケットを変更して再発された模様。

 

「Thelonious Monk - Thelonious Monk and Sonny Rollins (Prestige) 1954」ロリンズとモンクの共演盤

 

Thelonious Monk - Thelonious Monk and Sonny Rollins (1954)
Prestige PRLP-7075 / OJCCD-059-2 / Victor Entertainmet VICJ-41522 [2006.06.21]

side 1 (A)
01. The Way You Look Tonight (Kern)  5:09
02. I Want To Be Happy (Youmans)  7:41
03. Work (Monk)  5:15

side 2 (B)
04. Nutty (Monk)  5:13
05. Friday The 13th (Monk)  10:31


#01,02  October 25, 1954 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
Sonny Rollins (ts) Thelonious Monk (p) Tommy Potter (b) Art Taylor (ds)

#03,04  September 22, 1954 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
Thelonious Monk (p) Percy Heath (b) Art Blakey (ds)

#05  November 13, 1953 at WOR Studios, NYC.
Julius Watkins (french horn) Sonny Rollins (ts) 
Thelonious Monk (p) Percy Heath (b) Willie Jones (ds) 

 

 

 

10インチLPの詳細も調べたので掲載しておきます。

なお、画像は「Discogs」からお借りしました。あしからず。

 

「Thelonious Monk - Thelonious Monk and Sonny Rollins (Prestige) 1954」ロリンズとモンクの共演盤

 

Thelonious Monk - Blows For LP
Prestige PRLP-166

side 1 (A)
01. Friday The Thirteenth (Monk)

side 2 (B)
02. Let's Call This (Monk)
03. Think Of One (Monk)


Julius Watkins (french horn) Sonny Rollins (ts) 
Thelonious Monk (p) Percy Heath (b) Willie Jones (ds) 
November 13, 1953 at WOR Studios, NYC.

 

 

「Thelonious Monk - Thelonious Monk and Sonny Rollins (Prestige) 1954」ロリンズとモンクの共演盤

 

Thelonious Monk - Thelonious Monk Plays with Percy Heath and Art Blakey
Prestige PRLP-189 

side 1 (A)
01. Work (Monk)
02. Nutty (Monk)

side 2 (B)
03. Blue Monk (Monk)
04. Just A Gigolo (Caesar, Brammer, Casucci)


Thelonious Monk (p) Percy Heath (b #1-3) Art Blakey (ds #1-3)
September 22, 1954 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

 

 

「Thelonious Monk - Thelonious Monk and Sonny Rollins (Prestige) 1954」ロリンズとモンクの共演盤

 

Sonny Rollins - Sonny Rollins And Thelonious Monk
Prestige PRLP-190 

side 1 (A)
01. The Way You Look Tonight (Kern) 
02. I Want To Be Happy (Youmans) 

side 2 (B)
03. More Than You Know (Rose, Eliscu, Youmans)


Sonny Rollins (ts) Thelonious Monk (p) Tommy Potter (b) Art Taylor (ds)
October 25, 1954 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

 

 

 

ジュリアス・ワトキンスはブルーノート5000番台に、2枚のアルバムを残しております。私は結構好きなアルバム。

 

Sextet Volumes 1 & 2

Sextet Volumes 1 & 2

  • Blue Note Records
Amazon