加持顕のジャズに願いをのせて

新潟在住の加持顕(かじあきら)がジャズ名盤の個人的感想など綴ってます。

「Hank Mobley With Donald Byrd And Lee Morgan (Hank Mobley Sextet) (Blue Note) 1956」M&M+バード

Hank Mobley With Donald Byrd And Lee Morgan (Blue Note BLP-1540)」は、ジャズ評論家レナード・フェザー(Leonard Feather)が「テナー・サックスのミドル級チャンピオン」と評したハンク・モブレーHank Mobley)をリーダーとして、1956年11月25日に録音されたアルバムです。

 

「Hank Mobley With Donald Byrd And Lee Morgan (Hank Mobley Sextet) (Blue Note) 1956」M&M+バード

長ったらしいタイトルなので、「Hank Mobley Sextet (Blue Note BLP-1540)」と記載される事が多いですね。

 

収録された4曲全てが、当時26歳のハンク・モブレーHank Mobley)の手による作品であり、ジャケット写真に写る通り、注目の若手トランペッター2名が華を添える形になっております。


このアルバムが企画された背景として、この録音(1956年11月25日)の5ヶ月前である1956年06月26日、天才トランぺッター・クリフォード・ブラウンClifford Brown)が交通事故により、25歳の若さで急死した事が大いに影響しているものと推測されます。

 

 

ブラウニー(クリフォード・ブラウンの愛称)亡き後のジャズ・シーンにおいて、「ブラウニーの再来」と注目されていたであろう2人のトランぺッター、当時18歳の神童、リー・モーガンLee Morgan)と、当時23歳でホレス・シルヴァーアート・ブレイキーとの共演で注目を集めていたであろう、ドナルド・バードDonald Byrd)。

 

彼ら2人を参加させ、ハンク・モブレーの自作曲を演奏する事で、統制がとれたトランペット・バトル主体の「ブローイング・セッション」を繰り広げるアルバムというのが、「Hank Mobley With Donald Byrd And Lee Morgan (Blue Note BLP-1540)」の概要です。

 


演奏を底支えするピアノ・トリオのメンバーはと言うと、まずブルーノート(Blue Note Records)のハウス・ピアニストであった当時28歳のホレス・シルヴァーHorace Silver)、ベーシストには当時21歳のポール・チェンバースPaul Chambers)、ドラムスには当時27歳のチャーリー・パーシップ(Charlie Persip)を起用。

 

トランペット・バトル主体の「ブローイング・セッション」であるものの、バック・アンサンブルに工夫を施すなど、単に吹きっぱなしで盛り上がるだけの録音にならない様、ブルーノート(Blue Note Records)らしい、細心の注意が払われている事が伺えます。

 


26歳のハンク・モブレーHank Mobley)と18歳のリー・モーガンLee Morgan)は誕生日も近く、相性が良かったのか、後に「M&M(Mobley & Morgan)」コンビと呼ばれていた様です。

そこに23歳のドナルド・バードDonald Byrd)が加わったアルバム、という見方も出来ますね。

 


ついでなんで、2人の若手トランぺッターを聴き分ける為のポイント(例)を挙げておきます。

 

艶やかな音色で延ばし気味のフレーズが多いのが、ドナルド・バードDonald Byrd)です。

ディジー・ガレスピー寄りの、やや饒舌なフレーズを多用するのが、まだ10代で元気いっぱいのリー・モーガンLee Morgan)だと思って間違いないです。

 

まあ、ぼーっと聴いてると、時々訳が分からなくなりますけど(笑)。

 


さて前述の通り、「Hank Mobley With Donald Byrd And Lee Morgan (Hank Mobley Sextet) (Blue Note BLP-1540)」では、ハンク・モブレーがすべて手掛けた4曲の演奏というか、期待の若手トランペッター2名による、軽快なトランペット・バトルをお楽しみいただけます。

 

1曲目「Touch And Go」は、テーマ部のドラムスの煽りがビックバンドっぽい感じで、アップテンポ気味に演奏されるテーマ・アンサンブルが何とも勇ましいですね。

 


www.youtube.com


ホレス・シルヴァーのピアノ・ソロの後登場するのは、リー・モーガン

彼のやんちゃなブラウニー(クリフォード・ブラウン)風のソロの次は、リーダーというかまとめ役のハンク・モブレーのマイルドなソロが登場。

4番手に登場するドナルド・バードは、ソロ・フレーズは勿論、音色までブラウニーに
似せてきてますね。

 

ポール・チェンバースの弓弾きソロ、チャーリー・パーシップのドラムソロに続き、激しいトランペット・バトルが展開された後、テーマ部に戻ります。

 

ぼーっと聴いていると、判別出来なくなるのですが、バトル最初に出て来るのがドナルド・バードで、お次がリー・モーガンです。

 

この曲でブラウニー譲りの艶やかな音色でフレーズを延ばし気味なのがドナルド・バードで、ディジー・ガレスピーDizzy Gillespie)っぽい細かいフレーズを猛烈にスイングさせているのがリー・モーガンといった感じですかね。

 


2曲目「Double Whammy」は、ゆったりとした感じで演奏されますが、ややハッタリ気味のフレーズを挿入する事で、曲を引き締めてる感じがします。

 

ソロの最初はハンク・モブレーですが、途中にトランペット2人が奏でるバックアンサンブルが登場します。

 

ソロ2番手のリー・モーガン、ここではハーフバルブ駆使しつつ手堅くまとめてます。

3番目に登場するドナルド・バードは、バード自身のお得意のフレーズを使いつつ、やんちゃ気味にソロを展開し、ホレス・シルヴァーの短めのピアノ・ソロに引き継ぎます。

 

テーマ・アンサンブルとドラムの掛け合いを経て、トランペット・バトルが始まりますが、この曲ではドナルド・バードリー・モーガンの順で交互にソロバトルを展開しております。

 


3曲目「Barrel Of Funk」は、深めにスイングするややソウルフルな曲ですね。

 


www.youtube.com

 

ソロ1番目はドナルド・バード、2番手はハンク・モブレーですが、この部分の雰囲気は、ホレス・シルヴァークインテットにも、こんな感じの曲あったよなあ・・・と思わせる演奏です(笑)。

ソロ3番手のリー・モーガンは、18歳という若さがそうさせるのか、渋く決める事無く、音数多めにやんちゃなソロを展開します。

 

4番手のホレス・シルヴァーは、この手の曲調はお手のものといった感じで、如何にもホレスらしいソロを聴かせてくれますが、他のリズム隊もいきなりホレス・シルヴァークインテット風の演奏に似せてくる辺りが、芸が細かいというか・・・。

 

ソロ最後に登場するポール・チェンバースのベース・ソロを経て、テーマ・アンサンブルに戻ります。

 


4曲目「Mobleymania」は、軽快にテーマを奏でた後、1番目にリー・モーガンが登場。お得意の「ツクツク」フレーズで演奏を盛り上げます。

 


www.youtube.com

 

ソロ2番手のドナルド・バードは、延ばし気味のフレーズで手堅くまとめている感じ。

 

3番手のハンク・モブレーは自身の作品なので、構造をきっちりと把握した堅実なソロ
を聴かせてくれます。

 

ホレス・シルヴァーのピアノ・ソロ、ポール・チェンバースの弓弾きソロを経て、力強いテーマ・アンサンブルが再び登場します。

 

 

ハンク・モブレーHank Mobley)がリーダーなのに、実質的には若手2人が繰り広げるトランペット・バトルが主体の「ブローイング・セッション」。

 

様々な面に配慮しつつ出来上がったのが、このアルバム「Hank Mobley With Donald Byrd And Lee Morgan (Blue Note BLP-1540)」、通称「Hank Mobley Sextet (Blue Note BLP-1540)」なんですね。

 

今回、聴き直し、手持ちの資料漁った結果として、「背景」含め思い当たる事が色々と見えてきたのは、収穫でした。

 

Hank Mobley With Donald Byrd And Lee Morgan (RVG)

※通称「Hank Mobley Sextet (Blue Note BLP-1540)」

Blue Note BLP-1540 / TOCJ-9154 [1999.11.26] 24 Bit By RVG

 

side 1 (A)
01. Touch And Go (Hank Mobley)  9:17
02. Double Whammy (Hank Mobley)  8:11

side 2 (B)
03. Barrel Of Funk (Hank Mobley)  11:20
04. Mobleymania (Hank Mobley)  8:28

 

Donald Byrd (tp) Lee Morgan (tp) Hank Mobley (ts) Horace Silver (p) 
Paul Chambers (b) Charlie Persip (ds) 

November 25, 1956 at Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

 

 

<1956年11月25日録音時点の参加メンバー年齢等>

 

ハンク・モブレーHank Mobley)26歳(1930年07月07日ジョージア州生まれ)

 

 

リー・モーガンLee Morgan)18歳(1938年07月10日ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ)

 

 

ドナルド・バードDonald Byrd)23歳(1932年12月09日ミシガン州デトロイト生まれ)

 

 


ホレス・シルヴァーHorace Silver)28歳(1928年09月02日コネチカット州ノーウォーク生まれ)

 

ファーザー・エクスプロレイションズ

ファーザー・エクスプロレイションズ

Amazon

 

ポール・チェンバースPaul Chambers)21歳(1935年04月22日ペンシルベニア州ピッツバーグ生まれ)

 

 

 

●チャーリー・パーシップ(Charlie Persip)27歳(1929年07月26日ニュー・ジャージー州 モリスタウン生まれ)